• 関連の記事

「ミニバン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ミニバン」に関する情報が集まったページです。

6月24日から発売:
ホンダ、「FREED」「FREED+」を一部改良 ボディーカラーは3色の新色追加
本田技研工業は、コンパクトミニバン「FREED(フリード)」「FREED+(フリードプラス)」を一部改良し、6月24日に発売する。新しい標準装備の採用や、ボディーカラーに新色を追加するとともに、特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」を同時発売する。(2022/6/23)

電動化:
FRの直6ディーゼルエンジンが323万円、マツダ「CX-60」の予約受注がスタート
マツダは2022年6月22日、クロスオーバーSUVの新型車「CX-60」の予約受注を同月24日から開始すると発表した。納車開始は、直列6気筒のディーゼルエンジンと電圧48Vのマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を組み合わせた「e-SKYACTIV D」が9月から、その他のパワートレインのモデルは12月からを予定している。(2022/6/22)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
ステップワゴンが予告から半年も売らなかったワケ ホンダ、ロング・ティーザーの狙い
5月27日に、ホンダのミニバンである「ステップワゴン(STEP WGN)」が発売となりました。しかし正直なところ、「やれやれ、ようやく発売になったのか」というのが筆者的な感想です。それは新型登場の予告が半年も前に行われていたからです。(2022/6/21)

高根英幸 「クルマのミライ」:
クルマの顔つきは、どこまで売れ行きに影響するのか
デザインには、人の心を動かす力がある。それはクルマであっても同じで、これだけ自動車市場が充実して性能や品質が粒ぞろいの中にあっても、デザインは売れ行きを決める重要な要素であり続けている。(2022/6/13)

梅雨に備えて! JAF、大雨・集中豪雨時の注意喚起 「実験検証JAFユーザーテスト」映像公開
車体内外の水圧の差で、ドアが開かなくなることも。(2022/5/31)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
ミニが6年連続の輸入車種ナンバー1に その人気の理由とカラクリ
BMWのMINI(ミニ)が6年連続の新車販売ナンバー1を獲得しました。そこには、いくつかの理由が考えられます。そして、その前提としてBMWミニが上位につけるカラクリが存在します。(2022/5/26)

高根英幸 「クルマのミライ」:
Aピラー、Bピラー、クロスメンバー? クルマのボディ骨格に使われる構造の意味
クルマの解説には専門用語が多く使われる。中でもクルマのボディの各部分の名称は、独特なものがある。ボディの各部には、それぞれ役割が与えられているからだ。(2022/5/19)

人気の車種について調査:
車の買い替えを検討する車種は? 年代や性別から見える傾向
車の購入や買い替えを検討している方の多くは、使い勝手の良さや安全面を考慮して選ぶ傾向が。(2022/5/10)

キャンプに乗って行く車 3位ホンダ「フリート」、2位トヨタ「シエンタ」、1位は?
定額カーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」を運営するナイルは、車に関するインターネット調査を実施した。その結果、キャンプに乗って行く車は、3位ホンダ「フリート」、2位トヨタ「シエンタ」、1位ホンダ「ステップワゴン」となった。(2022/4/14)

シリコンバレーから見た風景:
Appleカーもあります シリコンバレーの公道を走り抜けるセルフドライビングカーを激写してきた
シリコンバレーは自動運転の技術開発に最適な場所。その証拠に、さまざまな自動運転車が走っています。筆者が遭遇したセルフドライビングカーを紹介しましょう。(2022/3/30)

電気自動車:
“ワーゲンバス”がEVに、「ID.BUZZ」は欧州で2022年秋発売、北米にも展開
Volkswagen(VW)は2022年3月9日、電気自動車(EV)のシリーズ「ID.」の新モデルとして「ID.BUZZ」の量産コンセプトを発表した。同年5月から欧州の一部の国で事前受注を受け付け、秋から発売する。北米でも発売を予定している。運送事業者など向けのカーゴモデルも用意した。また、VWグループの子会社MOIAで、自動運転シャトルのベース車両としても活用する。(2022/3/11)

「夢が叶った!」 元ボクシングの内藤大助、夢の「秘密基地ハイエース」納車 もうニコニコが止まらない
わぁぁー、夢をぜんぶ詰めこんだような豪華仕様。屋根も開く〜!!(2022/3/1)

ソニー損保調べ:
初めて購入したマイカー 「ムーヴ」「フィット」を上回った1位は?
ソニー損害保険が「はじめてのマイカーに関する調査 2022」を実施した。初めて購入したマイカーを聞いたところ、1位は「ワゴンR(スズキ)」だった。平均的な購入金額なども調査した。(2022/2/27)

事前商談、既に開始 2022年ミニバン大注目モデル「新型ステップワゴン」商談レポート
5月に正式発表、発売予定の2022年の注目ミニバン「新型ステップワゴン」。実は事前商談がもう始まっています。ホンダ販売店を訪問して分かった気になる価格は……?(2022/2/20)

千原ジュニア、衝動買いした珍車オブ珍車「フィアット 600 ムルティプラ」初走行 「ホント慣れへんかわいさやわ(笑)」
たたずまいだけでもうかわいい!(2022/2/15)

車種は「SUV」が人気:
一度は乗ってみたい憧れのクルマ、1位は?
ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」を運営するパーク24は、同会員を対象に憧れのカーブランドを調査した。1位に選ばれたのは?(2022/2/9)

乗っている車のタイプで最多は?:
運転免許を返納したい年齢「75〜79歳」が最多も、8人に1人は「返納するつもりはない」
廃車・事故車買取専門のはなまるは「車の乗り換え・廃車に関する調査」を実施した。(2022/2/7)

彼こそがGOD DRIVE MASTER 狭い道路でクルマを無理やりUターンさせる猛者がすごい タイヤより細い倒木で渡河チャレンジも
よく運転できるな……!(2022/2/1)

こんな過激なセレナ見たことねぇぇ! 珍車マニア谷口信輝、ミニバンセレナで豪快ドリフトかます
ガワはミニバン、中身シルビアのやばい珍車。「こんなヘンタイな車、意外と好き♪」の声たくさん。(2022/1/23)

写真で見る「新型ステップ ワゴン」 シンプルデザインの新タイプも登場
「いかつくないミニバン」来た!(2022/1/22)

最新メカニズム&装備で超絶進化! 新型ノア&ヴォクシー、ついに登場 性能・装備のポイントを解説
ファミリー層に人気! トヨタ「ノア」「ヴォクシー」がフルモデルチェンジ。早速気になるスタイルと装備を解説します。(2022/1/22)

これには被害者も大喜び トラックを煽ったクルマ、通りすがりの白バイに一部始終を見られて逮捕 フランスの高速道路で起きた珍事
トラックのドライバーも大喜びです。(2022/1/13)

2022年春発売:
ホンダ、新型「ステップ ワゴン」初公開  「エアー」「スパーダ」の2タイプを設定
ホンダが、2022年春に発表・発売予定の新型「STEP WGN(ステップ ワゴン)」を初公開した。(2022/1/7)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
2021年の自動車販売隠れトレンド、箱型&スライドドア 5年前のモデルがランキング上位に
今年は「ヤリス」の年だったと言えるでしょう。では、今年のトレンドは何だったのでしょうか? 表面的に見えるのはSUVです。とはいえ、実際に売れているクルマを並べてみると、また違ったトレンドが見えてきました。(2021/12/29)

約1万人に聞いた:
あなたにとって車とはどのようなものか 2位は「生活必需品」、1位は?
マイボイスコムは、「カーライフ」に関する調査を行った。車とはどのようなものと考えているか聞いたところ、「移動手段」という回答が7割を超えた。(2021/12/13)

トヨタ「KINTO ONE」が洗車のサブスク「WashPass」と連携 1000円割引クーポンがポイント交換対象に
指定したスタンドのセルフ洗車機が使い放題に!(2021/12/13)

【狙うべきクルマたち】今こそ乗って欲しい、注目すべきセダン 4選(TOYOTA クラウン/NISSAN スカイライン/MAZDA マツダ3セダン/SUBARU インプレッサG4)
セダン好きなら思わずニヤリとしてしまう魅力を持つ、注目の4モデルを紹介。(2021/11/26)

11月24日から:
日産、セレナの特別自動車「XV エアロ」を発売 後付け窓フィルムでプライバシー確保も
日産自動車は、セレナの特別自動車「XV エアロ」の発売を発表した。セレナのXVグレードをベースに、外装の一部を刷新したモデルになっている。そのほか、オプション商品の窓フィルも販売する。(2021/11/24)

【もっと注目されてもいい!】 買って損なしの理由がある、注目のクルマ3選
「月刊自家用車WEB」編集部がこの秋から年末にかけて、いまが買いかも!と感じている3台のクルマを紹介しよう。(2021/11/25)

高根英幸 「クルマのミライ」:
車検制度はオーバークオリティー? 不正も発覚した日本の車検の意義
自動車メーカーが、生産工場からの出荷時に行う完成検査で不正をしていたことが明らかになったのは2017年のことだった。そして今年は、自動車ディーラーでのスピード車検で不正があった。日本の乗用車に関する法整備は昭和26年(1951年)に制定された道路交通法、道路運送車両法によって始まっている。その中には幾度も改正されている条項もあるが、全てが実情に見合っているとは言い難い。(2021/11/22)

おぉぉこれいいかも! 「車内」に後付け設置できるクルマ用ハンモック「シャーミング」発売
仮眠、車中泊によさそう〜。(2021/11/18)

ついにデビュー日決定! 阿佐海岸鉄道の「DMV」、12月25日に営業運行開始
これは鉄道なの? バスなの? 「鉄道←→バス」に変身する摩訶不思議な新しい公共交通機関です。(2021/11/11)

高速道路で数キロに渡って煽り倒す 「最も無礼なドライバー2021」に選ばれた「あおり運転」ドラレコ映像が話題に
迷惑な人もいたもんだ……。(2021/10/31)

地域別「人気の国産車メーカー」ランキング 圧倒的1位は?
クルマの選び方は、エリアによる違いがあるのか。あるとしたらどのような違いなのか。新車・中古車の販売のネクステージ(名古屋市)は、エリア別の人気車種に関するアンケート調査を実施した。(2021/10/21)

車載情報機器:
パナソニックが市販カーナビの新製品、「市販ならではの先進性」は模索続く
パナソニックは2021年10月14日、市販向けカーナビゲーションシステム「Strada(ストラーダ)」のスタンダードモデル4機種と大画面モデル3機種の新製品を発表した。(2021/10/15)

車両デザイン:
魅力度と品質の両立が強みに、J.D.パワーの商品魅力度調査はレクサスが1位
J.D.パワージャパンは2021年10月13日、2021年の「日本自動車商品魅力度調査」の結果を発表した。商品の魅力に対する高い満足度はブランドへのロイヤリティー(忠誠心)の強化に有効であることが示された。(2021/10/14)

執拗に追跡、最後は体当たり 「あおり運転」被害を受けたクルマのドラレコが記録した恐ろしい映像が話題に
何がそこまで駆り立てたのか……。(2021/10/12)

こんなクルマがあったのかぁぁ! お遊びコンパクトカーの極み「ミゼットII カスタム」にテリー伊藤大興奮
おとぼけフェースがかわいすぎます。(2021/9/30)

STORYCA(ストリカ):
アルパイン アウトドア用品をセットにしたカーシェアサービス開始
アルパインマーケティングは、車両と道具・装備をパッケージにした新しいカーシェアリング事業「STORYCA(ストリカ)」を9月15日に開始した。(2021/9/29)

ソニー損保調べ:
次に買いたい車 ダイハツ「タント」を抑えて1位になったのは?
ソニー損害保険が実施した「全国カーライフ実態調査」。主に運転している車のボディータイプを聞いたところ「軽自動車」が41.3%で最多となった。次に買い替える時に購入したい車は?(2021/9/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型アクア ヤリスじゃダメなのか?
7月19日、トヨタ自動車は新型アクアを発売した。先代(初代)のアクアを振り返ってみれば、これはなかなかに酷(ひど)いものだった。そして、今回のアクアにはもうひとつ大きなトピックがある。それがバイポーラ型バッテリーの採用だ。(2021/8/23)

ハンマーを手に近づいてくるトラック運転手 高速道路で繰り広げられた「あおり運転」被害のドラレコ映像がめちゃくちゃ怖い
怖すぎる。(2021/8/15)

お、おい、燃えてるよ……! ドイツの保線作業は見ている方が心配になるほど豪快
レールの保全作業って思ったより激しいんですね。(2021/8/6)

タクシー相手に「あおり運転」繰り広げたミニバン 巻き込まれて急停止したトラックから泥化した土砂がドシャアと降り注いで破壊される
あおり運転の代償。(2021/8/2)

ドロドロに溶けた鉄を運んで傾けてドバァァァ 製鉄所で働く鉄道の日常が見ているだけで熱い
仕上げは巨大鉄球でゴーン……豪快すぎます。(2021/7/5)

自動車業界の1週間を振り返る:
「スカイラインを諦めません」の意味を深読みしたい記者心理
コロナ禍の生活も1年半が経過し、会見や説明会はオンラインが当たり前になりました。YouTubeなどで配信されることも珍しくないのですが、以前は会見を配信してくれる親切な企業はあまり多くなかったと記憶しています。会場に行かずに会見を通しで見るには、どこかのメディアが生中継してくれることを期待するしかありませんでした。(2021/6/19)

「ほんまに好きやねんこの車」 コロチキ・ナダル、借金して買った愛車「デリカD:5」を紹介するも相方西野のイタズラに阻まれる
夢が叶った……?(2021/6/17)

無謀すぎるあおり運転 高速道路で走行中のトラックとケンカを始めたミニバン、執拗に煽るも路肩に追いやられて自滅
走りながら口論を繰り広げていたそうです。(2021/6/8)

ルーマニアの山林鉄道を行く「魔改造ミニバン」が豪快 潔くて、変な光景で、何か好き
緑の中を駆け抜けていく……真っ赤なミニバンです。(2021/6/6)

アイスを「保管」しておけるぞぉぉぉ……!! クルマに置ける「冷凍冷蔵庫」登場、サンコーから
キンキンに冷やせます……!(2021/6/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。