• 関連の記事

「ミニバン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ミニバン」に関する情報が集まったページです。

Honda「CIVIC TYPE R」のスマホケースに「FL5」カラーを追加 「FREED」「NSX Type S」ケースも
エンターテインメントマーケティングは、自動車用塗料を使って実車のカラーを再現したiPhone/スマートフォンケースへ「CIVIC TYPE R(FL5)」の新色を追加。あわせて「FREED」「NSX Type S」も追加する。(2024/5/27)

高根英幸 「クルマのミライ」:
クルマの価格はまだまだ上がる? ならば海外格安EVにどう対抗すべきか
クルマの価格が高くなったという声をよく聞く。昔と比べて装備が充実していることもあり、価格は上がった。今後も、電動化やソフトウェアの高度化など、価格が上がる要素ばかりだ。安価な中国製EVなどに負けないためにも、真の価値を打ち出していくことが必要だ。(2024/5/17)

高根英幸 「クルマのミライ」:
クルマの“顔つき”はどうやって決まる? デザインに表れる思惑とは
自動車のフロントマスクは各メーカーにとって重要な要素だ。ブランド戦略によってその方針は異なる。海外メーカーには、デザインの継承を重視しない姿勢も見られる。一方、国内メーカーも方針はさまざまで、デザインから各社の思惑も見えてくる。(2024/5/3)

PR:新型「ACCORD」は“スマホっぽくて良い” Google搭載、新UI採用――ホンダがこだわった「上質なクルマ」とは
(2024/3/29)

ホンダ、次世代EV「ゼロ」を国内初公開 市場変化で販売展開は第3の選択肢も
ホンダが次世代電気自動車(EV)「Honda 0(ゼロ)シリーズ」のコンセプト車2車種を国内で初めて報道陣に披露した。セダンタイプの「SALOON(サルーン)」とミニバンの「SPACE−HUB(スペースハブ)」で、5日から10日まで東京・青山のホンダ本社ショールームで一般公開する。(2024/3/5)

高根英幸 「クルマのミライ」:
キャンピングカー人気は続くのか 需要維持に必要な要素とは?
日本のアウトドアブームが落ち着いてきた一方、キャンピングカーの人気は衰えていない。展示会では大型車両をベースにした展示車が増え、熟年オートキャンパーの心をつかんでいる。しかし、ブームによるマナー低下に歯止めをかけないと、衰退につながりかねない。(2024/3/4)

廃止バス路線を自動運転のセレナで補完 日産の有償公共交通網構想、複数都市で展開へ
自治体や交通事業者などと連携し、公共交通網を補完する有償の乗り合いバス型の移動サービスを複数の地方都市で展開する方針。(2024/2/29)

高根英幸 「クルマのミライ」:
スポーツカーはいつまで作り続けられるのか マツダ・ロードスターに見る作り手の矜持
スポーツカーが生き残るのが難しい時代になった。クルマの楽しみ方の多様化や、規制の厳格化が背景にある。一方、マツダ・ロードスターの大幅改良では、規制対応だけでなく、ファンを納得させる改善を実施。多様化が進む中でビジネスもますます複雑になるだろう。(2024/2/25)

前澤友作、納車した“最高級の国産車”がレベチすぎ 数千万円かけた快適空間に「なんじゃこりゃぁ!」「車内というよりリビング!」
4億以上した1台から続けてゲット。(2024/2/13)

羽賀研二、「最上級グレードの国産車」を無料ゲット “お世話になった大物”からプレゼントで笑い止まらず「もらったことはさすがにない」
4年しか乗っていないアルファード。(2024/2/6)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラの運転支援「オートパイロット」って実際どうなの? 「モデル3」オーナーが感じた“能力の高さ”とは
「iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。IT・ビジネス分野のライターである山崎潤一郎が、デジタルガジェットとして、そしてときには、ファミリーカーとしての視点で、この未来からやってきたクルマを連載形式でリポートします。(2024/2/1)

2023年に最も売れた乗用車 3位「シエンタ」、2位「カローラ」、1位は?
2023年に最も売れた乗用車は何か。日本自動車販売協会連合会がランキングを発表した。(2024/1/19)

「ファミリーにはこれよな」高橋ユウ、納車された新型アルファードを絶賛 夫は元K-1王者、現在は2児の母
姉の高橋メアリージュンさんと一緒に受け取りに行きました。(2023/12/19)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜクルマは高くなってしまったのか 高額化に恩恵を受ける人も
自動車の価格がどんどん高くなっている。製造コストや開発コストの増大に加えて、先進装備の充実や安全性向上も求められているからだ。メーカー、ディーラー、そしてユーザーにとって、高額化はどのような意味があるのか。(2023/12/15)

材料技術:
車体からの振動を3分の1に抑えるシート用防振ゴムが新型車に採用
住友理工の防振ゴムが、トヨタ自動車の新型「アルファード」と「ヴェルファイア」に採用された。シート用防振ゴムであるシートレールマウントを取り付けることにより、車体から伝わる振動を従来モデルの3分の1に抑え、快適性を向上する。(2023/12/13)

フォルクスワーゲンの日本市場「全方位戦略」 商品の個性を確立させる秘策は?
フォルクスワーゲン初のフル電動SUV「ID.4」。ゴルフなど車のレベルの高さが評価され、同社は日本市場で確固たる地位を築いてきた。今は電気自動車(BEV)推進を積極的に進めている。フォルクスワーゲン ジャパン 広報・マーケティング本部のディレクターに、日本でのBEV戦略を聞いた。(2023/12/12)

ホンダ、「オデッセイ」を一部改良 室内空間を進化させた新タイプが登場
ホンダは上級ミニバン「ODYSSEY(オデッセイ)」を一部改良、快適な室内空間を更に進化させた新タイプを設定し発売する。(2023/12/8)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
せっかくの晴れ舞台でなぜ? 新生モーターショーで“紹介されなかった”クルマたち
11月5日まで東京ビッグサイトにて開催された「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」。メーカー各社は気合いの入った出品車を披露しました。その一方で登場しなかった、もしくは華々しく紹介されなかったクルマたちも存在します。(2023/12/8)

車内にフライドポテトが散乱した“走るゴミ箱”を18時間かけて大掃除…… 汚れ放題のクルマがプロの技で輝きを取り戻す
どうしてこうなるまで……。(2023/12/7)

高根英幸 「クルマのミライ」:
教習所のクルマが旧態依然としているワケ 教習車ならではの事情
運転免許取得のために通う自動車教習所で使われるクルマには、EPB(電動パーキングブレーキ)などの先端装備は搭載されていない。教習内容を厳格に定められている教習所ならではの事情があるからだ。教習車に求められている要素とは?(2023/11/26)

車好きのテリー伊藤、“摩訶不思議なアルファード”に言及 目線変化に「酔う可能性もあるじゃん」
目の錯覚と分かっていてもビックリ。(2023/11/24)

ラッパー・AK-69、納車ホヤホヤな国産高級ミニバン動画をアップ “黒メッキ”強調姿に「ファッションと一緒」「トヨタってすばらしい」
新型アルファード購入も話題となったAK-69さん。(2023/11/20)

自動車業界の1週間を振り返る:
スズキと「リン酸鉄系」リチウムイオン電池
今週は興味深いニュースがありました。スズキがリチウムイオン電池のメーカーと業務資本提携を結んだ件です。(2023/11/19)

電動化:
ボルボが6人乗りミニバンEVを発表、Snapdragonでエンタメ充実
Volvo Carsは6人乗りMPVタイプの電気自動車「EM90」を発表した。(2023/11/14)

自動車業界の1週間を振り返る:
モビリティに対する「いいな」「好きだな」を掘り下げて土台にする
週末ですね。1週間お疲れさまでした。「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」が開幕しましたね。(2023/10/28)

東京モーターショー改め:
「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」もうすぐ開幕 主要メーカーの出展内容は?
東京モーターショー改め、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」が10月26日から開幕する。国内大手メーカーの出展内容をまとめた。(2023/10/24)

LEXUS、最高級ミニバン「LM」を発売 特徴は?
LEXUSは、2代目モデルの新型「LM」(国内仕様)を12月下旬に発売すると発表した。(2023/10/20)

23年度上半期に最も売れた乗用車 3位「シエンタ」、2位「カローラ」、1位は?
23年度上半期(4〜9月)に最も売れた乗用車は何か。日本自動車販売協会連合会が乗用車ブランド通称名ランキングを発表した。トップ10のうち、トヨタが8つを占めた。(2023/10/19)

人気クイズ番組でアイドルがギリギリ珍回答→“放送事故レベルの伝説”またも語り継がれてしまう事態に
あの伝説から4年。(2023/10/18)

元「日向坂46」宮田愛萌、“アイドル時代完全再現”な自撮り投稿→再びときめいてしまうファン続出「幼い感じ」「あっという間に虜になった」
アイドル風に仕上げるメイク方法も紹介。(2023/10/18)

アニメ制作会社「P.A.WORKS」、投稿したSNS内容で“謝罪” 「今日見れない作品が」「申し訳ございません」
名作いっぱいの「P.A.うらない」。(2023/10/18)

矢口真里、「日向坂46」齊藤京子を“後継者”に指名 持論も力説「好感度ある方に褒めてもらいたいと思う」
発信することって大切。(2023/10/17)

「ももクロ」曲提供の音楽プロデューサー、女子中学生への盗撮未遂容疑で逮捕報道→“楽曲封印”に不安の声
複数メディアが報じました。(2023/10/17)

乃木坂46・山下美月、「おぱんちゅいただきました!」と“ご報告”→ファン沸く「ツッコミどころ多すぎる」
かわいい。(2023/10/17)

乃木坂46・遠藤さくら、“毛穴が住めない”美肌披露→パワーワードまみれな同期の賛辞が止まらない 「日本語危うい」「面白すぎ」とファン沸く
「これ寝る時に横に置いてみ? すぐ寝れるべ」(2023/10/16)

腹膜炎で入院のムロツヨシ、放送直前のフジ新ドラマに言及「素敵な夜をお過ごしください」
主演ドラマ放送スタートの前日に入院発表。(2023/10/13)

「乃木坂46」新センター・井上和、ファンに投げかける 「NO MUSIC, NO IDOL?」
11人みんなかわいい!(2023/10/13)

ピンク髪披露で話題の元乃木坂46・鈴木絢音、“美容室投稿”の最新ショット公開→ファンもん絶「髪色かわいい」「隠れあざとい界1位」
美しい……!(2023/10/13)

相席・山添寛、元カノのYouTubeサプライズ登場に赤面 「肩出して来んなよ」「気合入れてよぉ」
きっとすてきな3カ月間だったんだろうなあ。(2023/10/12)

実写版「幽☆遊☆白書」、12月14日にNetflixで独占配信 “世界最速”の先行上映が行われる前夜祭も開催
前夜祭の特設サイトもオープン。(2023/10/12)

内田篤人、第3子女児の誕生を報告「内田家3姉妹となりました」 小さな手の写った写真も
「#可愛い」とメロメロな様子の内田さん。(2023/10/11)

「錦鯉」長谷川、17年ぶりに奥歯を入れ感動→まさかのオチに涙目「こんなん聞いてないですよ!」
「ロンドンハーツ」のプロジェクトで奥歯を入れることになっていた長谷川さん。(2023/10/11)

“MAX体重”から激変…GENKING.、16キロ減量に成功した心境明かす 「細いのが美とも思わない」「全ては自分の為」
ビフォーアフターも公開。(2023/10/11)

ノッチ、絶版車「ゼファーχ」カスタムでトラブル連発 友人が終盤に犯した大ミスへ激怒「今日乗って帰れない!」「何やってくれてんだ!?」
大変でしたね。(2023/10/11)

UTA、誕生日にレアなプライベートちら見せ 新事務所メンバーの大先輩らとお祝い4ショット
笑顔あふれる4ショット。(2023/10/11)

“イエモン”吉井和哉、早期の喉頭がん公表&年末ライブに言及 発表秒読み“渾身の新曲”についても明かす
11月には新曲を発表予定。(2023/10/11)

“ジュノンボーイ”グランプリ俳優、色気封印したぱっつん前髪の優等生に大変身 別人級の姿に驚きの声「全然違う」「想像できない」
言われなきゃ気付けないかも。(2023/10/11)

板野友美の2歳娘、「大きなママの顔」と見つめ合うショットがエモの極み “顔出し終了後の後ろ姿のみも「アホほど可愛い」
2歳となった娘との2ショット。(2023/10/11)

あの、「粗品にだったら(お金)貸す」と救いの手 あまりの高額に霜降り粗品も「えぇ!?」「見る目変わるわ」
あのちゃんすげぇ。(2023/10/11)

「大の男がなぜ14歳の少女に」 大物ラッパー、有名子役と育んだ友情を“グルーミング”批判され新曲でついに反論
胃に問題を抱えていることも発表。(2023/10/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。