ニュース
» 2012年12月21日 07時00分 公開

新型「ムーヴ」の燃費は「ワゴンR」以上、走行性能でも「N-ONE」に対抗エコカー技術(3/3 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

「N-ONE」を意識した走行性能向上

 新型ムーヴは、「ファン&リラックスドライブコンセプト」として、足回り部品の改良を中心に走行性能を大幅に向上している。具体的には、従来はムーヴ カスタムに設定していたフロントスタビライザーや、ターボ搭載車のカスタムRSグレードにのみ採用していたローダウンサスペンションを全モデルで標準装備した。

 フロントスタビライザーと、全てのFFモデルに採用したリアスタビライザーによって、ロールが大幅に低減され、運転時に安定した車体姿勢を保てるようになった。また、ローダウンサスペンションによって、室内高は従来と同じ1280mmを維持しながら、全高を15mm、最低地上高を10mm低くすることができた。全高の低下による燃費向上効果に加えて、重心の低下による安定した走行も可能になった。

新型「ムーヴ」の足回り部品の改良ポイント 新型「ムーヴ」の足回り部品の改良ポイント(クリックで拡大) 出典:ダイハツ工業

 他にも、プッシュばねのばね定数を低減し、路面から伝わる振動の低減を実現した。ロール剛性の向上により、ロール時の姿勢を安定させるとともに、フロントとリヤのロール剛性比を最適化して操舵時のリニア感も向上させている。併せて、前後のブレーキサイズを大型化し、制動性能も高めた。

 走行時における車室内の静粛性も高めた。ダッシュインナーサイレンサーの性能向上、、防音材の最適配置、エンジンスターターのギヤ見直しによるクランキング音低減、マフラー容量の大型化などあらゆる箇所を見直した。始動から加速時まで静粛性が向上し、コンパクトカー並みの会話明瞭度とエンジンノイズの小ささを実現。「乗った瞬間から分かる上質な室内空間を実現した」(ダイハツ工業)という。

静粛性を高めるための見直し箇所 静粛性を高めるための見直し箇所(クリックで拡大) 出典:ダイハツ工業
新型「ムーヴ」はコンパクトカー並みに走行性能を向上 新型「ムーヴ」はコンパクトカー並みに走行性能を向上(クリックで拡大) 出典:ダイハツ工業

 ムーヴの競合車種となるホンダの「N-ONE」は、「排気量1.3lのコンパクトカーに匹敵する走行性能」を前面に打ち出している(関連記事2)。新型ムーヴが、全モデルで従来のカスタムRSグレード並みの性能を持つ足回り部品に統一したのは、燃費のみならず走行性能でもN-ONEに対抗するためだ。


フロントフェイスも変更

フロントフェイスの変更点。上が「ムーヴ」、下が「ムーヴ カスタム」である。(クリックで拡大) 出典:ダイハツ工業

 今回の改良では、マイナーチェンジでありながら、フロントフェイスやインテリアにも大幅な変更が加えられている。

 ムーヴのフロントフェイスは、フード先端を持ち上げ、角型ヘッドランプとグリルバンパーを大きな塊に見せることで「シンプル・安心感」を表現した。一方、ムーヴ カスタムは、軽自動車で初となるLEDヘッドランプを採用。大型メッキグリルとバンパーに組み込まれたターン&フォグランプを特徴的なグラフィックとして配置し、存在感を際立たせたという。

 インテリアでは、インストゥルメントパネルのデザインを一新。メータークラスタを、インストゥルメントパネル中央に配置するセンターメーター方式から、運転席前に配置する方式に変更した。

新型「ムーヴ」のインストゥルメントパネル 新型「ムーヴ」のインストゥルメントパネル。メータークラスタを運転席前に配置する方式に変更した。(クリックで拡大) 出典:ダイハツ工業

入口価格を5万円低減

 これらのように、新型ムーヴは大幅な性能向上を果たしたにもかかわらず、最も安価なLグレードの価格を112万円から107万円に低減した。スマートアシスト搭載車のL“SA”グレードであれば、プリクラッシュ機能を搭載するにもかかわらず1万円増の113万円となる。

関連キーワード

ダイハツ工業 | 軽自動車 | エコカー


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.