• 関連の記事

「軽自動車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
誠Style:クルマ・バイク

「2024年問題」が迫る運送業者、業績は回復も23年の倒産・休廃業件数が過去最多に
東京商工リサーチの調査で、宅配を担う「軽貨物運送業(貨物軽自動車運送業)」の2023年の倒産と休廃業・解散の合計が過去最多の123件に達したことが分かった。(2024/3/2)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
駐車中のテスラ車には近づかない方がいい 全てのクルマに欲しい「セントリーモード」の威力
今回は、小ネタ集と題して、Model 3にまつわるプチ便利な機能についていくつか紹介します。ちなみに、「そんな機能、Teslaだけのもんじゃない。私のクルマにもついとるわい」というツッコミはなしでお願いします。本稿は筆者とModel 3との関係性の中で、筆者が便利だと感じたものを紹介していきます。(2024/3/1)

品質不正問題:
豊田自動織機の自動車用エンジンが出荷再開、ダイハツの登録車も
型式指定申請の不正行為で止まっていた出荷と生産が、再開に向けて進み始めた。(2024/2/29)

自動車メーカー生産動向:
日系メーカーの新車生産は本格的に回復、コロナ禍前に届かない企業も
半導体不足などサプライチェーンの混乱で長らく低迷していた自動車生産が本格的な回復を見せている。日系乗用車メーカー8社の2023年の世界生産合計は、3年連続で前年実績を上回った。半導体不足が緩和し、国内生産や北米生産の回復がけん引した。(2024/2/28)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「トヨタグループ」連続不正への提案 なぜアンドンを引けなかったのか
2022年の日野自動車を皮切りに、4月のダイハツ工業、明くる1月の豊田自動織機と、トヨタグループ内で不祥事が続いた。立て続けに起こった不正はなぜ起こったか。そして、その原因を考えていくと、トヨタにはこの問題を解決できる素晴らしいソリューションがあるではないか。(2024/2/26)

高根英幸 「クルマのミライ」:
スポーツカーはいつまで作り続けられるのか マツダ・ロードスターに見る作り手の矜持
スポーツカーが生き残るのが難しい時代になった。クルマの楽しみ方の多様化や、規制の厳格化が背景にある。一方、マツダ・ロードスターの大幅改良では、規制対応だけでなく、ファンを納得させる改善を実施。多様化が進む中でビジネスもますます複雑になるだろう。(2024/2/25)

やさしいデータ分析:
[データ分析]重回帰分析による予測(線形回帰、多項式回帰) 〜 年式、走行距離、排気量から中古車の価格を予測
データ分析の初歩からステップアップしながら学んでいく連載の第15回。複数の説明変数を基に目的変数の値を予測する重回帰分析について、Excelを使って手を動かしながら学んでいきましょう。カテゴリーなどの数値ではないデータを説明変数として利用する方法や、二次関数などの多項式を基に回帰分析する方法も紹介します。(2024/2/22)

製造マネジメントニュース:
ダイハツが新体制に、次期社長はトヨタ中南米本部長の井上氏
ダイハツ工業とトヨタ自動車はダイハツの新たな役員体制を発表した。(2024/2/14)

ダイハツ、経営陣刷新を発表 新社長はトヨタの井上氏、「三つの誓い」実行へ
ダイハツ工業(以下、ダイハツ)とトヨタ自動車は2月13日、共同会見を開催し、ダイハツの経営陣を刷新すると発表した。ダイハツの奥平総一郎社長は退任し、トヨタ自動車中南米本部本部長の井上雅宏氏が新社長に就任する。(2024/2/13)

製造マネジメントニュース:
ダイハツの再発防止策は「開発期間1.4倍」「試験や評価で増員」
ダイハツ工業は認証不正問題の再発防止策をまとめた報告書を国土交通省に提出した。(2024/2/13)

製造マネジメントニュース:
トヨタは2023年度の業績予想を上方修正、ダイハツなどの不正も織り込み済み
トヨタ自動車は2024年3月期第3四半期の決算を発表した。営業収益は前年同期比23.9%増の34兆227億円、営業利益は同102.1%増の4兆2402億円、親会社の所有者に帰属する四半期利益が同107.9%増の3兆9472億円だった。(2024/2/7)

北海道暮らしの女性YouTuber、車中で暴風雪に遭遇→ホワイトアウトで立ち往生 食料はギョニソ1本「最悪の結果です」
すごい光景だ。(2024/1/29)

自動車メーカー生産動向:
新車生産がコロナ禍前を超える水準、6社が前年同期比2桁パーセント増
日系自動車メーカーの生産が力強い回復を見せている。乗用車メーカー8社の2023年11月の世界生産台数は、スズキとダイハツ工業を除く6社が前年実績を上回り、8社合計では10カ月連続で増加した。(2024/1/29)

日向坂46・富田鈴花、愛車に“あわや飛び石”なハプニング→納車初日の窓ガラスに見つけたモノ
ジムニーシエラ愛が爆発。(2024/1/26)

製造マネジメントニュース:
ドアロックでダイハツ「キャスト」がリコール、トヨタ向け含め32万台
ダイハツ工業は国土交通省にリコールを届け出た。対象車種は軽自動車「キャスト」とトヨタ自動車にOEM供給する「ピクシスジョイ」で、台数は合計32万2740台に上る。(2024/1/25)

ダイハツ不正 トヨタ流が“上滑り”した理由 露呈したガバナンス不全
トヨタ自動車がグループガバナンスの危機に直面している。ダイハツ工業が車両安全の認証不正で国土交通省から是正命令を受け、日野自動車によるエンジン性能試験の不正に続き、子会社で、トヨタが最も重視する現場に根ざした改善の文化の欠如が露呈した。(2024/1/24)

2023年に売れた軽自動車 3位「スペーシア」、2位「タント」、1位は?
2023年に最も売れた軽自動車は何か。全国軽自動車協会連合会がランキングを発表した。(2024/1/21)

日向坂46・富田鈴花、人生初の愛車を購入 “新車じゃない”質実剛健な車選びに反響も……ラスト20秒で予想外の大オチ「最後豪華すぎ」
お勧めの任意保険、提案してくれたのは……?(2024/1/19)

【猫に激似?】中川翔子、ネットニュースで使い倒された写真に“苦言” 「何でこの写真が」と不思議顔
メイク動画を投稿。(2024/1/18)

乃木坂46清宮レイ、飛行機にゾッコン ひたむきさ伝わる“ガチ”な写真公開に「ホンモノ」「言い回しがオタクのソレ」
ボーイング787、美しいですよね。(2024/1/17)

元SKEの松井玲奈、薬指に指輪がキラリ “輝きまくり”な着物ディズニーショット公開 元日に結婚発表
“輝きまくり”な着物姿を披露。(2024/1/17)

ハリセンボン春菜、親友と初日の出鑑賞→トイレ我慢できず……「ああああ!」 “笑うしかない”決定的ショットを公開
絶妙な表情。(2024/1/17)

63歳逝去のエスパー伊東さんを「めちゃイケ」名物スタッフが追悼 「天国では大技を成功させてくださいね」
「全てが最高でした。カッコよかったです」(2024/1/17)

ダイハツ新経営体制1カ月後に公表へ、軽自動車に特化も トヨタの佐藤社長「壁を壊す」
トヨタ自動車の佐藤恒治社長は16日、国土交通省が、子会社のダイハツ工業の車両安全の認証不正問題で同社に対し道路運送車両法に基づく是正命令を出したことを受けて報道陣の取材に応じ、1カ月後をめどにダイハツの新経営体制や再発防止策などを示すと明らかにした。(2024/1/17)

品質不正問題:
ダイハツの認証不正、特に悪質な3車種が型式指定取り消しへ
国土交通省はダイハツ工業に対する立ち入り検査の結果を発表するとともに、不正行為が悪質な3車種の型式指定を取り消す手続きを開始したと発表した。(2024/1/17)

テリー伊藤、“ダメージ仕様”の10万円軽自動車に感嘆 「いきなり欲しいなぁ」「車って面白い」
かわいく乗りこなしたい1台。(2024/1/16)

バッドボーイズ佐田、“50年モノ国産”愛車の蘇生で感動の渦 1年半ぶりの鼓動に「エンジン音聞いたら泣けてきました」
とうとう復活!(2024/1/14)

「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
世田谷ベースならではのカスタム。(2024/1/8)

「消えろ」「考えろボケ」 “フェラーリ女子”YouTuber、誹謗中傷&自粛の選択肢に言及 2023年は高級車大破&炎上動画が話題に
「収益を募金活動に充てることも可能ですので、今後も変わらず動画投稿を行っていく予定です」(2024/1/4)

働き方の「今」を知る:
あまりに「日本企業あるある」だ──ダイハツ不正の背景にある病理を読み解く
ダイハツ工業で、自動車の安全性確認試験での不正行為があったことが明らかになった。「第三者委員会による調査報告書」には、同社の組織風土や職場環境における問題点が生々しく記されている。本件から、日本企業にはびこる病理を読み解く。(2023/12/29)

届いたはずの新品タイヤ4本が見つからない…… 探してみるとまさかの場所に「きれいに入ってて草」の声
まさかそこにあるとは思いませんよね。(2023/12/28)

スピン経済の歩き方:
「ダイハツが34年も不正していた」と聞いても「でしょうね」としか感じないワケ
国内軽自動車新車販売シェアNo.1を17年連続獲得しているダイハツがボロカスに叩かれている。1989年から34年にわたって放置されていた不正が発覚したからだ。だが……。(2023/12/26)

車系YouTuber、実家への帰省に戦々恐々「波乱な年末年始にならないことを」 “暴走動画”で今年は大炎上
動画に“お怒りのご連絡”がきていました。(2023/12/22)

2023年に最も注目された中古車 同率2位は「コペン」「タント」、1位は?
2023年に中古車として注目が高かったクルマは何か。カーセンサーが調査結果を発表した。(2023/12/19)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜクルマは高くなってしまったのか 高額化に恩恵を受ける人も
自動車の価格がどんどん高くなっている。製造コストや開発コストの増大に加えて、先進装備の充実や安全性向上も求められているからだ。メーカー、ディーラー、そしてユーザーにとって、高額化はどのような意味があるのか。(2023/12/15)

影響深く:
ビッグモーター騒動で「誰が」もうかったのか?
ビッグモーター騒動以降、中古車販売業界の勢力図はどのように変化したのか。業界全体に影響が色濃く残る中、急成長するスタートアップがいた。(2023/12/12)

製造マネジメントニュース:
ホンダが燃料ポンプで113万台のリコール、「検証を受けて対象を拡大」
ホンダは低圧燃料ポンプの不具合に関するリコールを国土交通省に届け出た。(2023/12/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
豊田章男会長退任の舞台裏 自工会はどうやって生まれ変わったのか
日本自動車工業会(JAMA)は定例記者会見を開催し、年明けからの役員交代を発表した。会長職は、これまでの豊田章男トヨタ自動車会長から、片山正則いすゞ自動車会長へと交代する。そこからJAMAの生まれ変わりストーリーをたどってみよう。(2023/12/11)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
せっかくの晴れ舞台でなぜ? 新生モーターショーで“紹介されなかった”クルマたち
11月5日まで東京ビッグサイトにて開催された「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」。メーカー各社は気合いの入った出品車を披露しました。その一方で登場しなかった、もしくは華々しく紹介されなかったクルマたちも存在します。(2023/12/8)

ボロボロでサビだらけのR32 GT-Rがオークションに スクラップ同然でも220万円の入札が!?
こんな状態でも値が付くんだ……。(2023/12/4)

普通の軽自動車が”ジオンの軍用車”に大変身! 猛者によるガチすぎる“魔改造”がすごすぎる
見比べても納得できない……!(2023/12/2)

自動車業界の1週間を振り返る:
商用車メーカーが自工会会長を務める理由
1週間おつかれさまでした。今週は日本自動車工業会が会長交代を発表し、その人事に驚いた方もいらっしゃるかもしれません。(2023/11/26)

高根英幸 「クルマのミライ」:
教習所のクルマが旧態依然としているワケ 教習車ならではの事情
運転免許取得のために通う自動車教習所で使われるクルマには、EPB(電動パーキングブレーキ)などの先端装備は搭載されていない。教習内容を厳格に定められている教習所ならではの事情があるからだ。教習車に求められている要素とは?(2023/11/26)

軽商用EV、三菱自動車「ミニキャブ」新モデル発表 トヨタ、ホンダ陣営と販売競争へ
三菱自動車は24日、ワンボックスタイプの商用軽自動車の新型電気自動車(EV)「ミニキャブEV」を12月21日から発売すると発表した。(2023/11/24)

自動車メーカー生産動向:
23年度上期の新車生産は3年連続で前年超え、コロナ禍前からは8.5%減
長らく半導体不足などサプライチェーンの混乱で低迷していた自動車生産が着実に回復している。日系乗用車メーカー8社の2023年度上期の世界生産合計は、3年連続で前年実績を上回った。(2023/11/24)

テスラを猛追する黒船・BYDが「300万円のEV」投入 販社社長に日本戦略を聞いた
プラグインハイブリッドにEVを加えた販売台数でテスラを抜き、新エネルギー車(NEV)の販売台数で世界1位となった中国のEVメーカー、BYD。BYD Auto Japanの東福寺厚樹社長に、日本市場の販売戦略を聞いた。(2023/11/22)

昭和を疾走した「小さな」名車 ダイハツが送り出したヒーローたち
物心ついたころ、洋品店を営んでいた筆者の実家には「ミゼット」があった。だから、中学、高校時代を大阪府池田市ですごした筆者は「人生の最後には、地元ダイハツの軽自動車に乗りたい」とずっと思っている。(2023/11/14)

スズキ、新型「スペーシア」「スペーシア カスタム」発売 リアシートに同社初の新機能
スズキは11月22日、ハイトワゴンタイプの軽乗用車の新型「スペーシア」と「スペーシア カスタム」を発売する。デザインや室内空間、安全機能などが進化した。(2023/11/13)

ジャパンモビリティショー2023:
溶接せず組み立てられる車体フレーム、小型モビリティに参入しやすく
ユタカ技研は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」において、軽自動車未満の小型モビリティ向けの汎用フレームを展示した。(2023/11/8)

ジャパンモビリティショー2023:
マイクロLEDを採用した部分消灯ハイビーム、小糸製作所が開発中
小糸製作所は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」において、マイクロLEDを光源に使用した部分消灯ハイビームを披露した。2025年の製品化に向けて開発を進めている。(2023/11/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。