「Surface」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

ビル・ゲイツ氏のスマホは「Galaxy Z Fold3」(「Surface Duo 2」ではなく)
ビル・ゲイツ氏が今使っているスマートフォンはSamsungの「Galaxy Z Fold3」だと、本人が語った。共同創業したMicrosoftの折りたたみ端末「Surface Duo 2」ではなく。RedditのAMAでの回答だ。(2022/5/23)

CADニュース:
リバースエンジニアリングの作業負荷を最大50%削減するSOLIDWORKS用プラグイン
ディプロスは、3D設計開発ソリューション「SOLIDWORKS」上で効率良くリバースエンジニアリング作業が行えるプラグインソフト「Mesh2Surface for SOLIDWORKS」の日本国内での取り扱いを開始した。(2022/5/10)

「Windows 11」へのアップグレード可否をチェックする【第2回】
「Windows 11は使えるか、使えないか」が分かる「PC正常性チェック」の使い方
利用中のPCが「Windows 11」のシステム要件を満たしているのかどうかを確認するための手段として、Microsoftが提供している「PC正常性チェック」がある。その使い方を解説しよう。(2022/5/8)

「Windows 11」へのアップグレード可否をチェックする【第1回】
「Windows 11を昔のPCで使ってみた」を難しくする“ハード要件”の中身
全てのPCで「Windows 11」へのアップグレードが可能なわけではない。Microsoftが公開しているシステム要件を確認すると、特にハードウェアに関する要件が、古いPCでのアップグレードの障壁になる可能性がある。(2022/5/1)

「スマホOSの寡占」問題 政府の思惑は「日本独自OS」を作ることではない
日本政府が、スマートフォン用OSの寡占状態を懸念している。そこから、「日本政府が独自OSを欲している」との解釈も広がっている。結論からいうとその解釈は正しくない。(2022/4/28)

「Windows 11」「Windows 365」の新機能はビジネスにどういうメリットをもたらす? 日本マイクロソフトが説明
日本マイクロソフトが法人ユーザーを対象に「Windows 11」「Windows 365」の新機能を紹介するイベントを開催した。Windows 11に搭載される(予定)の新機能は、ビジネスにどのようなメリットをもたらすのだろうか。(2022/4/28)

Microsoftは予想を上回る増収増益 Azureなどクラウドが好調
Microsoftの1〜3月期決算は予想を上回る増収増益だった。AzureやTeamsなどのクラウドサービスやLinkedInが好調だった。(2022/4/27)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(8):
トポロジー最適化の実践 〜いろいろな“形の創造”事例〜
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第8回では、トポロジー最適化の適用による、いろいろな“形の創造”事例を紹介する。(2022/4/25)

CIO、Amazon「タイムセール祭り」で充電器などを最大39%オフ
CIOが、4月24日9時〜4月26日23時59分に開催されるAmazonの「タイムセール祭り」に参加。GaN対応急速充電器やモバイルバッテリー、絡みにくいシリコン充電ケーブルなどを最大39%オフで販売する。(2022/4/22)

11世代Core i7を搭載した8型の超小型PC「GPD Pocket 3」でトリプルディスプレイ環境を構築
国内でも一般販売している超小型PC「GPD Pocket 3」。一足先に海外のクラウドファンディングサイトで手にした実機を、本番環境に投入して分かったこととは?(2022/4/14)

Microsoft、クラウドPCが起動する「Windows 365 Boot」やオフライン対応の「Windows 365 Offline」のデモ動画を公開
Microsoftが「Windows 365 Boot」や「Windows 365 Offline」、「Windows 365 Switch」のデモ動画を公開。各サービスの挙動や特徴を、動画の内容から分析する。(2022/4/12)

「初心者向け=低価格」にひそむワナ 新生活シーズンで失敗しないPC選びのコツ
春の新生活シーズンは、PCが売れるタイミングでもある。一方、この時期には毎年必ず、PCの選び方についてSNSで議論が巻き起こる。PC選びには鉄則が存在する。(2022/4/8)

プレミアムな2in1モデル「Surface Laptop Studio」は誰のためのPC? 試して分かったこと
MicrosoftのSurfaceシリーズのフラグシップモデル「Surface Laptop Studio」は、フラグシップだけに価格も高めである。その価格にはどのような“価値”が込められているのだろうか。個人向けモデルにおいて2番目にハイスペックな構成を通してチェックしていこう。(2022/4/8)

Microsoftの「Windows Powers the Future of Hybrid Work」まとめ
Microsoftはハイブリッドワークに関するオンラインイベントを開催し、“世界初のクラウドPC”と称する「Windows 365」と「Windows 11」の新機能を紹介した。発表されたことを簡単にまとめた。(2022/4/6)

ハイブリッドワークの課題をSurfaceで解決
ハイブリッドワークに適したデバイスを選んでいますか? 4つのポイントを紹介
ハイブリッドワークで使うデバイスは何でもよいというわけではない。業務生産性やコラボレーション、セキュリティ、管理性を考慮すると「Microsoft 365」との高い親和性を備える「Microsoft Surface」が最適だ。その理由を説明しよう。(2022/4/6)

何を使って取材し、どう書き起こしているか 今の仕事環境をまとめてみた
ジャーナリストの西田宗千佳さんが、現在の仕事環境と、そうなった理由を解説。(2022/4/5)

Web会議の「不公平な壁」をなくす5つのヒント【第3回】
快適な「ハイブリッド会議」にオンラインホワイトボードが“効果あり”な理由
リモート参加者とオフィスからの参加者が混在する「ハイブリッド会議」を快適に進めるには、環境整備が重要だ。ハイブリッド会議における音響設備やオンラインホワイトボードの意義について解説する。(2022/3/31)

Mobile Weekly Top10:
パワフルだが悩ましい「iPad Air(第5世代)」/ahamoに“大盛り”登場
「iPad Air(第5世代)」は、現行のiPad Proと同様にApple M1チップを搭載しています。よりパワフルなのはいいのですが、価格設定が非常に悩ましいです……。(2022/3/26)

仕事がはかどる「Windows 11」の機能【前編】
“古いWindows”では使えない「Windows 11」の「Teams」便利化機能
Microsoftは「Windows 11」に、「Microsoft Teams」を使ったWeb会議中の効率化に役立つ機能を追加した。どのような機能なのか。仕事にどう役立つのか。(2022/3/19)

Microsoft、大画面SurfaceでのTeams会議用AI搭載スマートカメラ発売
Microsoftはビデオ会議用大画面Surfaceシリーズ向けのAI搭載スマートカメラ「Surface Hub 2 Smart Camera」を発表した。米国での希望価格は799.99ドル(約9万5000円)。136度の広角で、広角による歪みや明るさをAIが自動調整する。(2022/3/17)

「Surface Duo 2」は“折りたたみスマホ”としてどこまで使える? Galaxy Z Fold3と比較してみた
マイクロソフトが1月12日に発売した「Surface Duo 2」は、正確に「折りたたみスマホ」といえるかは微妙なところだが、2画面を1つの大きな画面として使えるスマホだ。アプリの対応はまだまだだが、5G対応、デュアルSIMと、高いパフォーマンスを備えている。(2022/3/21)

超小型PC「GPD Pocket 3」の“文房具”的な存在感を楽しむ
人気の高い超小型PCの中で、シリアルポートを標準で備えた異色の存在である「One-Netbook A1 Pro」をチェックした。(2022/3/15)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「M1 Ultra」という唯一無二の超高性能チップをAppleが生み出せた理由
M1 Maxで最大と思われていたAppleの独自チップだが、それを2つ連結させた「M1 Ultra」が登場した。半導体設計、OSと開発ツール、エンドユーザー製品の企画開発、その全てを束ねるAppleだからこそ生み出せた唯一無二のチップだ。(2022/3/13)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
新大学生のPCは何を選んだらいいの? Macじゃダメなの? 記者たちがいっしょに考えてみた
新大学生に「Macはおすすめしません」というツイートが毎年、この季節に出回る。これって信じていいの?(2022/3/11)

Googleの折りたたみ・大画面向けモバイルOS「Android 12L」が正式版に SamsungやMicrosoftが採用へ
Googleは折りたたみ・大画面端末向け専用OS「Android 12L」の正式版をリリースした。Samsung、Lenovo、Microsoftの製品に年内に搭載される見込み。(2022/3/8)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
Appleの「最高峰を解禁」ってどんな製品が出るの? 3月9日の発表会予想をまとめてみた
日本時間3月9日午前3時から開催予定のApple「Peek performance.」イベント。長年Appleユーザーの記者2人が発表内容についていろいろ語りました。(2022/3/4)

Windowsフロントライン:
Windows 11の“シェア”の実際と今後取り込まれる“うわさ”の機能
Windows 11が正式にリリースされてから4カ月近くが経過した。Windows 11のシェがどこまで広がっているのだろうか。AdDuplexのデータを見ていこう。(2022/3/2)

新型Surfaceで第三者企業が検証
Windows 11やTeams、ハイブリッド時代のワークツールはどう使うのが効果的?
ハイブリッドワークの普及とともに、そのためのツールが多数提供されるようになった。中でもMicrosoftのツールは採用事例が多いが、十分な安全性を確保して性能を発揮できるのか疑問を抱く担当者も少なくない。そこで検証を行った。(2022/3/2)

CIO、Amazon「タイムセール祭り」でモバイルバッテリーや充電器を最大39%オフ
CIOが、2月26日9時〜2月28日23時59分に開催されるAmazon「タイムセール祭り」へ参加。モバイルバッテリーやGaN対応急速充電器などを最大39%オフで販売する。(2022/2/25)

住信SBI、デビットカードをナンバーレス化 3月下旬より
 住信SBIネット銀行は、デビットカード券面を全面的にリニューアルすると発表した。2022年3月下旬に、ナンバーレスの新デザインに刷新する。(2022/2/25)

住信SBI、デビットカードをナンバーレス化 3月下旬からデザインを刷新
住信SBIネット銀行は3月下旬から、デビットカード券面をナンバーレスに変更し、デザインを刷新する。カード番号やセキュリティコードなどは「住信SBIネット銀行」アプリ(iOS/Android)で確認できるようになる。(2022/2/22)

外付けGPUユニットも接続可能!:
Core i9+GeForce RTX 3050 Ti内蔵! タブレットPCに生まれ変わった「ROG Flow Z13」を試す
CES 2022で発表されたASUS JAPANのゲーミングPC「ROG」シリーズのうち、日本で投入された新モデルの中から、最もユニークなタブレットPC「ROG Flow Z13」をチェックした。(2022/2/22)

無償で利用できるセキュリティソフトウェアやサービスの一覧をCISAが公開
CISAは、サイバーセキュリティの強化に無償で利用できるツールやサービスの一覧を公開した。重要インフラストラクチャ組織や政府系組織のセキュリティ強化を促す狙いがある。(2022/2/22)

ASUSから第12世代Core搭載のゲーミングノートPCが続々登場
ASUS JAPANのゲーミングPC「ROG」シリーズが、Intelの最新プロセッサを搭載した新モデルに生まれ変わった。今回投入されるモデルをチェックした。(2022/2/17)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
OSのマスコットキャラたちについて語り合ってみた
ITの世界にはたくさんのマスコットキャラがいる。OSや言語を中心にどんなキャラクターがいるのか語り合った。(2022/1/28)

Microsoftが「Windows 11」の新機能を予告 Androidアプリの実行機能をβ提供
Microsoftが、公式ブログにおいて2月中に実装される予定の「Windows 11」の新機能を明らかにした。同OSの発表当初に盛り込まれていたAndroidアプリの実行機能がパブリックプレビュー版として実装される他、「メモ帳」「Media Player(Groove Music)」のUIも一新される予定だ。(2022/1/28)

2画面スマホ「Surface Duo 2」は生産性が向上するデバイス マイクロソフトが解説
Surface Duoシリーズはマイクロソフトが開発するSurfaceシリーズの一員でありながら、OSはWindowsではなくAndroidを搭載するスマートフォン。コンセプトは「Microsoft 365を使いこなす、Microsoft 365が大好きなユーザー向けに開発されたデバイス」。ポケットに入るサイズに仕立てたことで、1画面だけのスマホよりも生産効率を高めることができるという。(2022/1/28)

Core i5のWi-Fiモデルがベース:
「Surface Pro 7+」の個人向けモデルが登場 タイプカバー付きモデルを数量限定で先行発売
日本マイクロソフトが法人向けに販売している「Surface Pro 7+」に個人向けモデルが登場することになった。第11世代Core i5プロセッサを搭載する構成をベースとしており、数量限定でより手頃なタイプカバーセットを先行発売する。(2022/1/27)

“液タブ”にもなる「Surface Laptop Studio」日本上陸 20万9880円から 3月1日発売
ディスプレイを180度回転させて閉じることができ、専用のスタイラスペンで、液晶ペンタブレットのように使えるノートPC「Surface Laptop Studio」が日本に上陸する。日本マイクロソフトが3月1日より販売を開始する。(2022/1/27)

パワフルな2in1「Surface Laptop Studio」は3月1日発売 1月27日から予約を受付 個人向けモデルは約21万円から
日本マイクロソフトが、Surfaceとしては最もパワフルだとうたう2in1 PCを3月1日に発売する。同社の直販ストアや家電量販店では、1月27日から販売予約を受け付ける。(2022/1/27)

Microsoft、クラウド好調で売上高が初の500億ドル超
Microsoftの2021年10月〜12月期の決算は2桁台の増収増益だった。コロナ禍による在宅勤務の継続で引き続きAzureやTeamsが好調だった。(2022/1/26)

石野純也のMobile Eye:
「Galaxy Z Fold3 5G」を約3カ月使って分かったこと フォルダブルは定着する?
「Galaxy Z Fold3 5G」を3カ月強、メイン端末として使い続けてきた。フォルダブルスマートフォンは、サムスンの狙い通り、“新たなスタンダード”として定着するのか。使い続けて分かった魅力や課題を解説する。(2022/1/22)

「Reddit」に喜びの声
「OneDrive最高」 M1搭載Macで使える「OneDrive」アプリ登場に歓喜する人々
Armプロセッサ搭載の「Mac」や「Windows」搭載PCで、「OneDrive」のネイティブアプリケーションが利用できるようになる。待ちわびていた人々は、ソーシャルメディアで喜びの声を上げた。その背景には何があるのか。(2022/1/22)

エレコム、最新Surfaceでも使えるMPP2.0対応のアクティブタッチペン
エレコムは、筆圧と傾き検知をサポートしたMPP2.0対応のアクティブタッチペン「P-TPMPP20BK」を発表した。(2022/1/11)

「Surface Go 3」のLTEモデルは1月11日発売 個人向けモデルは10万7580円
日本マイクロソフトが、Surface Go 3のLTEモデル、Surface X Proの法人向けWi-FiモデルとSurface Pro 8の法人向けモデルを発売する。Surface Go 3のLTEモデルについては個人向けの販売も行われる。(2022/1/7)

eSIMにも対応:
2画面5Gスマホ「Surface Duo 2」が日本上陸 1月11日に発売 18万4580円から
日本マイクロソフトが2画面5Gスマートフォン「Surface Duo 2」の日本における発売日と価格を発表した。同社の直販サイトの他、主要な家電量販店で販売される予定で、国内の各キャリアの通信に対応するという。(2022/1/7)

CIOがAmazon「初売りセール」に参加 モバイルバッテリーやケーブルなどが最大39%オフに
CIOが、Amazonの「初売りセール」に参加。30W出力対応の超小型モバイルバッテリーやGaN急速充電器、高耐久充電ケーブルなどを最大39%オフで販売する。期間は1月6日まで。(2022/1/5)

Windowsフロントライン:
2022年のMicrosoftハードウェアを考える
2022年最初の連載として、Surfaceシリーズを始めとしたMicrosoftのハードウェア製品について、予測を含めて見ていこう。(2022/1/3)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2022年のパソコンはどう進化する? OSもCPUも世代交代が進むWindows PC MacはAppleシリコンに完全移行へ
2021年は、Windowsが久々のメジャーアップデートを果たし、IntelのCoreプロセッサが第12世代へ進み、Appleシリコンはその適用範囲を高性能ノートまで広げた。その延長線上にある2022年のパソコン動向はどうなるのか。(2022/1/2)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「2021年はカメラ業界激変の年だったよね」――フラグシップ3社勢ぞろいから半導体不足まで
連載「ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?」第9弾。2021年カメラ業界で話題になったこととは? フラグシップモデル3社勢ぞろいから半導体不足までを語る。(2021/12/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。