• 関連の記事

「バッテリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バッテリー」に関する情報が集まったページです。

PC USER Weekly Top10:
スマートウォッチ、今も使い続けていますか? 1万ちょいで買えるAmazfitの新製品に注目
ITmedia PC USERで、直近1週間に読まれた記事をご紹介します。(2024/7/24)

安全システム:
ながら操作や指さし不足を検知、フォークリフト向けAI分析を開始
豊田自動織機 トヨタL&Fカンパニーと富士通はフォークリフトの安全運転を評価するサービス「運転動画AI解析」を開発した。(2024/7/24)

宮迫博之、愛する「50年モノ外車」を決死の修理……エンジン不能の“瀕死状態”にスタッフ「廃車ですねもう」
旧車を放置はよくない。(2024/7/24)

ゲーミングスマホ「REDMAGIC 9S Pro」、7月25日に先行予約開始 Snapdragon 8 Gen 3や6500mAhバッテリー搭載
REDMAGICは、7月25日にハイエンドゲーミングスマホ「REDMAGIC 9S Pro」の先行予約を開始。プロセッサに「Snapdragon 8 Gen 3」を採用している。価格は12万2800円(税込み)からで早割クーポンも提供している。(2024/7/24)

容量1万mAh、スタンド付きMagSafe対応モバイルバッテリー発売 エレコムから
エレコムは、ワイヤレス充電可能なMagSafe対応モバイルバッテリーを発売。USB PD対応のUSB Type-Cポートを2ポート搭載し、折りたたみ可能なスタンドも備える。エレコムダイレクトショップの価格は8280円(税込み)。(2024/7/24)

機能は最低限、でも使いやすく:
低消費電力にこだわり ルネサスのローエンドマイコン「RA0」
ルネサス エレクトロニクスが、低消費電力のArmコア搭載マイコンの拡充に力を入れている。2024年4月には「RA0シリーズ」を発表し、第1弾となる「RA0E1」の量産を開始した。(2024/7/24)

「氷河期くるから」 ワークマンのファン対応ジャケットに“コンビニにあるもの”を追加→酷暑も乗り切れそう
外で作業する際などの暑さ対策に。(2024/7/24)

工場ニュース:
EV用配電部品の新工場を豊田に設立、米国では新ラインの立ち上げを計画
サンコールは、EV用配電部品であるバスバーの生産能力増強に向け、2024年6月に愛知県豊田市にある広瀬工場の敷地内に新工場を設立した。新工場は同年7月より生産ラインを整備し、年内に稼働する予定だ。(2024/7/24)

ある日のペン・ボード・ガジェット:
「Surface Laptop 7」を思わず自腹購入! プロイラストレーターが試して分かった満足点と懸念点
プロイラストレーターのrefeiaさんが、思わず購入してしまった「Surface Laptop 7」。Snapdragon搭載の新モデルをいろいろと試してみました。(2024/7/24)

urbanista、環境適応型ノイズキャンセリング機能を備えた完全ワイワレスイヤフォン
エム・エス・シーは、urbanista製となるノイズキャンセリング対応完全ワイワレスイヤフォン「urbanista PALO ALTO」の取り扱いを開始する。(2024/7/23)

レトロモダンなキーボード/マウス「Lofree」シリーズは、魅力的なルックスだけじゃない実力派だった
キーボード愛好家の間で人気を集めている「Lofree」シリーズのキーボードに注目。実際に試してみたところ、特徴的なデザイン以上に製品として完成度が高かった。(2024/7/23)

プロダクトInsights:
富士通ゼネラルの「身に着けるエアコン」前年比2.7倍の売れ行き、人気の秘密は?
富士通ゼネラルの身に着けるエアコン「コモドギア」が売れている。商品の特徴は……。(2024/7/23)

「ハンディファン」「ネッククーラー」の選び方とやってはいけないこと 炎天下での利用は要注意
ハンディファンやネッククーラーの選び方や、おすすめの製品をピックアップします。外出時に両手を空けておきたいという人なら、首にかけるタイプのファンディファンやネッククーラーがおすすめ。ただし真夏の炎天下での利用には注意が必要です。(2024/7/23)

ものづくり ワールド[東京]2024:
“ちょうどいい自動化”を目指すオリエンタルモーターの装置モジュール模擬工程
オリエンタルモーターは「第36回 ものづくり ワールド[東京]」において、自社製品を活用した5つの装置モジュールによる模擬生産ラインを披露した。(2024/7/23)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
1億画素カメラ搭載で約4万円 Xiaomi「Redmi Note 13」シリーズ、海外では4Gの格安機も
Xiaomiが日本で販売中の「Redmi Note 13 Pro+」「Redmi Note 13 Pro」は、それぞれProの名前を冠しています。海外では「Redmi Note 13 5G」に加え「Redmi Note 13」も販売されています。2機種の違いを見ていきましょう。(2024/7/23)

この夏、ダイソー&セリアでこれ買って! 大活躍間違いなしの最新便利グッズ、正直レビューが参考になる
あると便利なものばかり。(2024/7/23)

“全身に冷水をまとうスーツ”は殺人的猛暑に立ち向かえるか 装着して涼しさを試した
“全身に冷水をまとうスーツ”をうたうサンコーの全身水冷スーツを試す。涼は得られるか。(2024/7/23)

AI PCの時代に備える【前編】
「AI PC」は何がすごい? PCユーザーなら誰もが喜ぶそのメリット
さまざまなベンダーが「AI PC」に関する戦略や製品を打ち出す中で、2024年は「AI PC元年」だと言える。AI PCの概念とは何か。企業にどのようなメリットをもたらし、業務をどう変えるのか。(2024/7/23)

ロボット:
鉄道線路内でUnitree製犬型の「四足歩行ロボ」実証、日本電設
日本電設工業は、現場作業員の負担軽減と省人化を目指し、鉄道線路内で四足歩行ロボットの活用に向けた実証実験を始めた。(2024/7/22)

Ryzen AIを搭載した14型AI PC「HP OmniBook Ultra 14 AI PC」が日本上陸 9月以降に発売予定
日本HPが、7月15日(米国東部時間)にグローバル発表した新型PCを日本でも展開する。目玉はRyzen AIを備える個人向け高機能14型AI PC「HP OmniBook Ultra 14 AI PC」で、出荷開始は9月を予定している。(2024/7/23)

先行レビュー:
ASUS JAPANの新型ポータブルゲーミングPC「ROG Ally X」を試す パワーアップで実用性向上 マルチに活躍できる1台に
ASUS JAPANが、新型ポータブルゲーミングPC「ROG Ally X」をまもなくリリースする。発売に先駆けて、気になるポイントをチェックしていこう。(2024/7/22)

NEWS Weekly Top10:
ITで仕事は“効率化”したのに、忙しさが減らないのはなぜか考えた
先週、世界850万台のWindows端末をブルースクリーン化したおそろしい障害が起きた。IT化やDX化により、1つのシステムやツールで大量の情報をさばけるよう効率化したことで、それが攻撃を受けると全ての情報が被害にあう。効率の良さと被害の大きさは裏表だ。(2024/7/22)

日置電機 M7103:
DC1500V/AC1000V対応のデータロガー用電力計測モジュール
日置電機は、データロガー用の電力計測モジュール「M7103」を発売する。最大でDC1500VおよびAC1000Vの直接入力に対応していて、1500Vの太陽光インバーターにも使用できる。(2024/7/22)

電動化:
ニデックから電動車向けシミュレーションツール、自動車以外にも対応
ニデックアドバンステクノロジーは電動車の設計と解析向けの統合的なシミュレーションツール「E-Transport Simulator」を開発した。(2024/7/22)

Xiaomi、初の縦折りスマホ「Mix Flip」発表 横折り「Mix Fold 4」も
Xiaomiは北京で開催の新製品発表イベントで、同社として初の縦折りスマートフォン「Mix Flip」を発表した。第4世代になる横折り「Mix Fold 4」も発表。こちらは開くと厚さが5mm以下で、重さ226g。(2024/7/21)

「スマホ熱中症」に要注意 絶対にやってはいけないこと/効果的な対策を紹介
猛暑の中で特に注意したいのが、いわゆるスマホ熱中症です。特に夏場では、スマホを炎天下に置いたり、車のダッシュボードに放置したりすると想像以上に熱を帯び、思わぬトラブルにつながる可能性があります。今回は、そんなスマホ熱中症について、やってはいけないことと、効果的な対策を紹介します。(2024/7/20)

「Copilot+ PC」は市場を動かすか【前編】
失敗から学んだMicrosoftは「Copilot+ PC」で市場の覇権を握れるか?
Microsoftは新たなAI PCとして「Copilot+ PC」を打ち出した。Copilot+ PCの登場で市場はどう動くとみられるのか。Arm版Windowsに関する同社の過去の施策も踏まえて、その影響を探る。(2024/7/20)

mineo、「AQUOS R9」「AQUOS wish4」「moto g64 5G」を7月26日発売
mineoは、7月26日からスマートフォン「AQUOS R9」「AQUOS wish4」「moto g64 5G」を販売する。価格は一括3万2208〜9万5832円(税込み)で、auプラン、ドコモプラン、ソフトバンクプランに対応する。(2024/7/19)

組み込み開発ニュース:
AMR専用設計の組み込みシステムを発売
アドバンテックは、AMR向け専用システム「AFE-R770」を発売する。動作温度範囲や電圧範囲の広さ、筐体サイズなどAMRへの組み込みを想定した設計で、AMRに必須となるデバイスとシームレスに統合できる。(2024/7/19)

中古販売「にこスマ」、機種ごとの状態やバッテリー容量を絞り込み可能に
中古スマートフォン/タブレット販売の「にこスマ」は、機種単位でグレードやストレージ容量、カラーなどを絞り込んで購入できる機能を追加。まずはiPhoneで利用でき、順次Android端末やタブレットに対応していく。(2024/7/19)

まるでガラケーな「Orbic JOURNEY Pro 4G」が日本上陸 MVNOや家電量販店が7月26日から順次販売
米Orbic(オルビック)の日本法人、Japan Orbicは7月19日、4G対応の携帯電話「Orbic JOURNEY Pro 4G」を発表した。本製品はKaiOSに対応し、物理キーで操作できる。市場想定価格は1万9800円(税込み)で、国内量販店、MVNO、オンラインストア各社が7月26日から順次販売する。(2024/7/19)

縦折りスマホ「Libero Flip」がMNPで9800円に ワイモバ10周年大感謝祭で
Y!mobileのサービス開始10周年キャンペーン「ワイモバ10周年大感謝祭」に、端末セールに縦折りスマホ「Libero Flip」を追加。MNPで「シンプル2 M/L」に加入の場合、通常3万1680円が9800円(税込み)になる。(2024/7/19)

“Max”という名のスマホに落胆の声 Unihertzの新作「Jelly Max」に「マックスじゃない感」が漂うワケ
とあるメーカーが発表したスマートフォンに幻滅したとの声が寄せられている。中国Unihertz(ユニハーツ)がX(旧Twitter)で「他にはないスマートフォンにご期待ください」とあおる「Jelly Max」というスマートフォンだ。なぜ落胆の声が上がったのだろうか。(2024/7/19)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
いかにラクして「Apple Vision Pro」を使えるか? 3Dプリンタ活用の奇想天外なアイデアを試行錯誤してみた
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2024/7/19)

高根英幸 「クルマのミライ」:
中国製EVが「日本市場で好調」と言い張りたい、本当の理由
中国製EVが各国市場に進出し、新たな脅威となっている。しかし、安全性や品質の面で、日本では受け入れられないかもしれない。それでも日本に進出する理由は、日本で販売していることを手柄にして、新興国市場でブランドイメージを高められるからだ。(2024/7/19)

これは魔改造だ……! 大きな車輪 →中に乗れる“バイク”に変えて走行! 独特な動きに「クールだ」「素晴らしい」
乗ってみたいな……!(2024/7/21)

IIJmioで「AQUOS R9」「AQUOS wish4」発売 MNPでwish4は1万9800円に
IIJmioサプライサービスは、7月26日にシャープ製スマートフォン「AQUOS R9」「AQUOS wish4」を発売。価格は3万3800〜9万6800円(税込み)で、9月2日まで実施しているサマーキャンペーンの対象となる。(2024/7/18)

ダイソン、初のオーディオに特化したヘッドフォンを海外で発売 ANC機能も搭載
ダイソンは18日(英国時間)、「Dyson OnTrac(オントラック)ヘッドホン」を発表した。オーディオに特化した製品は初めて。日本での発売は未定だ。(2024/7/18)

楽天モバイル、「AQUOS wish4」を7月29日発売 3万1900円
楽天モバイルは、7月29日から「AQUOS wish4」を順次発売する。価格は3万1900円(税込み)で、楽天モバイル公式サイト、楽天モバイルショップ、楽天モバイル公式 楽天市場店で取り扱う。(2024/7/18)

安全衛生:
熱中症ゼロの継続を目指す大東建託のIT活用 ウェアラブル端末や独自アプリを導入
大東建託は、施工現場での熱中症対策に取り組んでおり、2020年以降の熱中症重症化件数はゼロとなっている。主な対策としては、ライブカメラの設置をはじめ、現場の情報共有が可能な「匠アプリ」導入、熱中症指数計の全施工現場への配備など。(2024/7/18)

「AQUOS R9」「AQUOS wish4」のSIMフリーモデル、7月26日以降に発売 約10万円/3万円台前半
シャープは、7月26日以降にSIMフリーモデル「AQUOS R9」「AQUOS wish4」を発売。AQUOS R9はライカカメラ監修の大型イメージセンサーカメラを備え、AQUOS wish4は約6.6型ディスプレイや5000mAhバッテリーを搭載する。(2024/7/18)

電動化:
軽く小さいこともCO2排出削減、スズキの環境技術は軽量化がカギ
スズキは10年後に向けた技術戦略を発表した。(2024/7/18)

イケアのモバイルバッテリーに“発火恐れ” 製造不良で一部自主回収…… 海外では事故も発生
海外では3件の事故報告。(2024/7/17)

Sペン対応タブレット「Galaxy Tab S6 Lite(2024)」7月31日発売 5万3570円
サムスン電子は、Sペン対応タブレット「Galaxy Tab S6 Lite(2024)」を発売。約10.4型ディスプレイを備え、Samsung Notesでのスケッチも行える。Samsungオンラインショップの価格は5万3570円(税込み)。(2024/7/17)

どれを選ぶ? 3万〜5万円台「Redmi Note 13 Pro+ 5G」「OPPO Reno11 A」「moto g64 5G」のスペックを比較する
ミッドレンジスマートフォン「Redmi Note 13 Pro+ 5G」「OPPO Reno11 A」「moto g64 5G」のスペックを比較。現在のミッドレンジスマートフォンの特徴を紹介します。ディスプレイやプロセッサは共通している部分が多いですが、カメラや防水性能などで差があります。(2024/7/17)

「Xperia 1 VI」ファンイベントで感じた“体験”の重要性 設計で苦労したカメラは「テレマクロ」推し
KDDIとソニーは7月12日に「Xperia 1 VI」「Xperia 10 VI」の発売を記念したファンイベントを共同で開催した。場所は「esports Style UENO」(東京・台東区)。auユーザーだけでなく他キャリアユーザーを含む、抽選に当選した人が集った。(2024/7/17)

ドコモの「Galaxy Z Fold6/Flip6」「Galaxy Watch Ultra/7」、7月31日発売
NTTドコモは、折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold6」「Galaxy Z Flip6」、スマートウォッチ「Galaxy Watch Ultra」「Galaxy Watch7」を7月31日に発売。7月17日に予約受付を開始した。(2024/7/17)

Shokzの“耳をふさがない”イヤフォン「OpenFit Air」と「OpenSwim Pro」どちらを選ぶ?
Shokzの新製品「OpenFit Air」と「OpenSwim Pro」の実機レビューをお届けする。(2024/7/17)

OnePlus、ミッドレンジスマホ「Nord 4」をスペインで発表 Snapdragon 7+ Gen 3搭載で約8.6万円から
OnePlusはミラノで開催のイベントで、ミッドレンジスマートフォン「Nord」シリーズの新製品「Nord 4」を発表した。欧州とインドで今夏に発売する。初のアルミユニボディ設計で、多数のAI機能を搭載する。(2024/7/17)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Huaweiの低価格スマホ「nova 12i」はまるでハイエンド機? 「円形カメラバンプ」を採用
Huaweiは「nova」シリーズに、コストを抑えた低価格モデルも加えています。nova 12iはプロセッサにSnapdragon 680 4Gを採用したミドルレンジ機。背面のカメラ部分のデザインは、今やトレンドである円形となっています。(2024/7/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。