• 関連の記事

「停電」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

EV:
停電時にEVからの給電でエレベーターを利用可能とするシステムを開発
日立ビルシステムは、停電の際にEVからV2X技術を用いてエレベーターなどのビル設備に給電し、継続利用を可能とするシステムを開発した。ビルソリューションの研究開発などを担う「亀有総合センター」に導入して実証を進める。(2022/6/23)

大規模な太陽フレアで2週間に渡り通信障害、広域停電の可能性も 総務省が“最悪のシナリオ”公開
携帯電話はつながらず、自動運転車は事故を起こし、大規模停電も──総務省は21日、「宇宙天気予報の高度化の在り方に関する検討会」の報告書の中で大規模な太陽フレアが発生した場合の「最悪のシナリオ」を公開した。(2022/6/21)

トヨタ、住宅用蓄電池システム販売 停電時の電力共有も可能に
 トヨタ自動車は、電動車バッテリー技術を活用した住宅用蓄電池システム「おうち給電システム」を開発した。6月2日から、先行予約を受け付け、8月よりハウスメーカーや総合施工会社を通じ日本国内で販売する。(2022/6/6)

日経メッセ 街づくり・店づくり総合展:
停電時にバッテリーによりドアの自動開閉を実現する装置を開発、リョービ
リョービは、停電時にドアを少し開けるだけで、電動で開閉する装置「RUCAD(ラクアド)」のバッテリー内蔵タイプを開発したことを公表した。(2022/6/2)

批判の声:
電気使い過ぎ企業に「罰金」検討 識者「政治責任を企業に押し付けている」
岸田文雄政権のエネルギー政策に疑問が浮上している。電力需給の逼迫が見込まれる今冬に大規模停電の恐れが高まった場合、大企業などを対象に「電気使用制限」の発令を検討しているのだ。(2022/5/31)

政府、11年ぶり電力使用制限検討 今冬に逼迫見通し
経済産業省は、電力需給の逼迫が見込まれる今冬に大規模停電の恐れが高まった場合、大企業などを対象に「電力使用制限」の発令を検討すると明らかにした。違反すれば罰金が科される強制的な措置で、幅広い経済活動に影響が及ぶ可能性がある。(2022/5/30)

エネルギー管理:
2022年3月の電力危機を検証、実際の節電行動の振り返りと今後の対策
2022年3月22日に関東エリアを中心に発生した大規模停電のリスク。資源エネルギー庁の「電力・ガス基本政策小委員会」第46回会合では、昨冬のデマンドレスポンス(DR)の効果や今後の需要側対策の深掘りなどが検討された。(2022/5/30)

電力逼迫「注意報」新設へ 政府、大規模停電回避へ夏までに導入
経済産業省が、電力需給逼迫が予想される場合に前日に発令する現在の「警報」に加え、「注意報」を新設する方針を固めた。企業や家庭にいち早く電力需給逼迫の可能性を知らせて節電を呼びかけ、今夏以降の大規模停電を回避する。(2022/5/18)

地震頻発で節電対策が急務:
電力ひっ迫警報、7割が「節電対策した」 停電で困ること1位は?
日本トレンドリサーチは3月21日に「電力需給ひっ迫警報」が発令されたことを受け「節電に関するアンケート」を行った。警報発令時に普段はしていない節電対策を追加で行った人は69.0%だった。(2022/4/12)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
電力需給逼迫にハラハラしながら停電への備えを再考、1人暮らしの理想と現実は
公的なリソースが必要な人に行き渡るよう、可能な限り自分の力で生き延びる準備をしておきたいのです。(2022/3/30)

再生エネの不確実性、原発再稼働… 電力逼迫警報が突き付けた課題
東京電力と東北電力の管内で発令されていた電力需給逼迫警報が23日、全面解除された。16日の福島県沖の地震の影響で電力の供給力が落ちていたところに悪天候や気温低下が重なり、一時は広範囲での停電が懸念された。今回は急場をしのいだとはいえ、企業や家庭の節電に頼った側面もあり、電力の安定供給のあり方に課題を突き付けた。(2022/3/24)

停電でもモバイル回線が使えるワケ 携帯キャリア4社に聞く“基地局設備”
東京電力管内の電気使用量が3月22日午前10時以降、100%を超える状況が続いている。万が一停電が発生した時に気になる通信インフラの維持について携帯キャリア主要4社に聞いた。(2022/3/22)

停電のおそれで配信イベントを延期 ゴールデンボンバー、三澤紗千香さんも
東京電力管内の電力需給ひっ迫を受け、3月22日に予定していた動画配信イベントを延期するケースが相次いだ。(2022/3/22)

電力ひっ迫、停電前に「緊急速報メール」配信の可能性──経済産業省
経済産業省は停電の可能性が高まった時にスマートフォンの「緊急速報メール」を使って警告する考えを明らかにした。(2022/3/22)

デジタル防災を始めよう:
厳しい電力需給続く 今すぐできる節電・寒さ対策を実践しよう
連載「デジタル防災を始めよう」ではこれまで、停電時や寒さの対策について報じてきたが、電力ひっ迫と寒波がダブルでやってきた現在の状況に対応するための方法について改めてまとめた。(2022/3/22)

午後8時以降、300万軒規模の停電のおそれ 東京電力管内、揚水発電停止のため
東京電力パワーグリッドは3月22日、地震による火力発電所停止などにより電力供給がひっ迫し、午後8時以降に約500万kWの電力が不足。軒数にして200万〜300万軒規模の停電が発生するおそれがあると告知した。毎時200万kW程度の節電が必要だとし、協力を呼びかけている。(2022/3/22)

東電管内で4060軒が停電 「電力ひっ迫が原因ではない」
静岡県や神奈川県、埼玉県で合わせて4060軒が停電。ただし東電パワーグリッドは今回の電力需給ひっ迫とは関係ないとみている。(2022/3/22)

電力ひっ迫も「ブラックアウト」はない 局地的な停電の可能性は残る
東京電力管内の電力需給ひっ迫を受け、SNSでは「ブラックアウト」が注目を集めた。ただし東電によると万が一管内全域を巻き込むような停電は発生しないという。(2022/3/22)

大規模停電リスク:
首都圏“ブラックアウト危機”いつまで? 初の電力需給逼迫警報
福島県沖で発生した地震による一部の火力発電所停止や関東地方の気温低下で、東京電力管内の電力需給が危機的状況だ。経済産業省と東京電力ホールディングスは22日、節電を呼び掛けたが、電力供給は綱渡りが続く。専門家は「政治決断がなければ今後数年間は大規模停電のリスクは続く」と警告する。(2022/3/22)

「エアコン1度下げれば10%の節電に」──家電の節電方法、シャープが案内 「電力需給ひっ迫警報」発令中
シャープは公式Twitterアカウント(@SHARP_JP)でエアコンや洗濯機、冷蔵庫などの節電方法を紹介した。東京電力管内では電力需給ひっ迫警報が出されており、停電が懸念されている。(2022/3/22)

一瞬で真っ暗に 市街地を走っていたバイクが体験した大規模停電の車載動画が怖すぎる
運転していた人に怪我はなかったそうです。(2022/3/19)

首都圏210万軒の大規模停電、直接の原因と復旧の理由は同じだった
16日に発生した福島県沖地震では首都圏でも最大で約210万軒の停電が発生したものの、約3時間後にはほぼ解消した。短時間で復旧できた理由は、停電の“直接の原因”と同じだった。(2022/3/18)

福島・宮城県の一部で通信障害 携帯3社が早期復旧に向け対応中【復旧済み】
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、16日夜に発生した福島・宮城県沖地震に伴う停電の影響により、福島県と宮城県の一部で携帯電話サービスが利用しづらい状況になっていると発表した。(2022/3/17)

福島県沖地震により広範囲で停電発生 携帯3社は災害用伝言板設置
3月16日午後11時36分ごろ、福島県沖で最大震度6強の地震が発生。東京電力ホールディングスによると、地震の影響により関東の広い範囲で停電が発生している。同社は現在設備への影響を確認中。(2022/3/17)

東北電力・東京電力の管内で停電が発生
東京電力管内では約208万軒、東北電力管内では約15万軒で停電が発生。(2022/3/17)

蓄電・発電機器:
家庭の防災対策、8割が「長期・大規模停電」を想定せず 「電力依存度」は4割が自覚
伊藤忠商事は2022年3月7日、「在宅避難と停電」をテーマとした防災対策に関する実態調査の結果を発表した。約8割の回答者が何かしらの防災対策をしているものの、自然災害時および長期・大規模停電時の行動シミュレーションについては、「今までしたことがない」が全体の約65%を占めたという。(2022/3/10)

導入事例:
熊谷組が260kWの自家消費型太陽光発電設備を筑波技術研究所に導入
熊谷組は、茨城県つくば市で保有する研究施設「筑波技術研究所」に自家消費型太陽光発電設備と蓄電池システムを採用した。今後は、同社のグループ企業全体で、顧客の建物へ今回の設備導入を訴求することで、自家消費型太陽光発電の導入を促進する。また、将来は、PPAの組成と余剰電力の売電などを計画的に進めるとともに、災害などの停電時に地域住民や周辺施設が使える環境作りに取り組む。(2022/2/10)

製品動向:
三菱電機がエスカレーター新製品、安全性や省エネ性が向上
三菱電機は、エスカレーター「u」シリーズを2021年11月に発売した。同シリーズでは、停電時に緩やかに減速して停止する「機械式スローストップ機能」やステップ踏板表面の四方を囲った「四方デマケーションステップ」をオプションとして用意している。(2022/2/3)

デル、SOHO利用などにも適した同社製PC用の無停電電源装置を発表
デル・テクノロジーズは、同社製ビジネス向けPC/ワークステーション専用をうたった無停電電源装置(UPS)「Dell EMC DK800M-JP」の販売を開始した。(2021/12/6)

防災:
防災対策をタイムリーに提案するシステムを開発、清水建設
国土交通省が推奨するタイムラインの立案には、専門家の知見が求められる。さらに、風水害対策の事例だけでも、対策要員の参集、従業員への避難・自宅待機指示、資材の事前手配、停電対策、生産ラインの事前停止などを行わなければならない他、建物の用途と立地を考慮した防災対策の選定・組み合わせは容易ではない。そこで、清水建設は、タイムライの策定・実践を支援するシステム「ピンポイント・タイムライン」を開発した。(2021/11/17)

ニューオーリンズでの停電で脚光
テレワークで活況の「コワーキングスペース」は災害対策にも役立つ?
テレワーカーや個人事業主が普段の勤務場所として利用するコワーキングスペース。ニューオーリンズで起きた停電の影響で、コワーキングスペースの新たな役割が見いだされようとしている。それは何なのか。(2021/11/5)

シュナイダーエレクトリック、在宅ワークで使える無停電電源装置
シュナイダーエレクトリックは、家庭内での利用を想定した無停電電源装置「APC BK」シリーズを発表した。(2021/10/26)

USJ、停電でジェットコースターが停止 取り残された乗客を救助
頂上付近でジェットコースターが停止する事態に。(2021/10/22)

突然の停電→ブレーカーを上げたらなぜか手が血まみれ…… “飼い始めた猫の噛み癖”でうっかりおうちで死にかけた理由
猫にとっても危ない癖なので気を付けたい。(2021/10/14)

「作業データ消失」の悲劇を防ぐ 大切なPCを停電から守るリモートワークの“備え”
テレワークの最中、停電でPCがダウンして作業中のデータが吹っ飛んだ――こんな最悪の事態を防ぐ対策の一つに無停電電源装置「UPS」がある。(2021/8/23)

「ラー油ってキャンドルになるのでは」→ なった 停電対策としてはリスクが高そうなオイルランプが完成する
燃えるラー油。(2021/8/23)

デジタル防災を始めよう:
夏の停電対策に大切なこと
暑い夏に停電したら、どうするか。防災対策専門ライターはそうなったときに困らないための準備を提唱する。(2021/8/21)

練馬区の大規模停電、復旧から1日経過も原因分からず 東電「明らかな機器の故障はない」
8月5日午後2時ごろから約10分間、東京都練馬区を中心に発生した大規模停電の原因が、1日経過した6日現在も明らかになっておらず、「調査中」のままになっている。(2021/8/6)

CloseBox:
東京で停電が起きたとき、すぐに知らせてくれるアプリ「TEPCO速報」を入れておこう
東京都練馬区で突然の停電が起きた。とりあえずとった行動は。(2021/8/5)

練馬区で大規模停電 企業や在宅勤務者に大ダメージ
東京都練馬区と埼玉県の一部地域で停電が発生。東京電力によると約11万540軒が停電していたが、発生から約12分で全て復旧済み。(2021/8/5)

BCP:
ペットボトルのようにどこにでも持ち運べる蓄電池、1台でスマホ23台を充電
パナソニック ライフソリューションズ社は、自然災害時の停電や働き方改革に伴うフリーアドレス構築などに対応し、あらゆる室内空間で、日常でも非常時でも電源に困らない蓄電池を発売する。(2021/4/20)

ルネサスやソニーにも影響:
TSMC工場で停電、半導体不足がさらに深刻化か
TrendForceは2021年4月15日、Southern Taiwan Science ParkにあるTSMCの工場「Fab14 P7」で停電が発生したと報じた。それによると停電が発生したのは4月14日で、TSMCは現在、仕掛かり品を含め、被害状況を確認中だという。(2021/4/16)

頭脳放談:
第251回 外部ファブの活用も、Intelの新製造戦略「IDM 2.0」の背景
半導体不足が叫ばれる中、火災や停電などでもファブの操業が止まるなど、踏んだり蹴ったりの半導体業界。そんな中、Intelが約2兆円をかけて、半導体工場を新設する。さらにこれまで否定的だった外部ファブの活用も行い、生産能力を向上させるというという。こうした戦略転換の背景を解説する。(2021/4/16)

燃料電池車:
トヨタと熊本赤十字病院がドクターカーをFCVに、停電時に医療と給電を提供
トヨタ自動車と熊本赤十字病院は2021年3月31日、小型バス「コースター」をベースにした燃料電池車(FCV)による医療車の実証実験を2021年夏までに開始すると発表した。医療や災害対応における商用車タイプのFCVの有効性を確認するとともに、平常時にも利活用できる医療車としてのFCVの運用モデルを構築する。(2021/4/1)

定常損失とスイッチング損失を低減:
富士電機、定格電圧1200VのIGBTを4製品追加
富士電機は、ディスクリートIGBT「XSシリーズ」として新たに、低損失を実現した定格電圧1200Vの4製品を追加、販売を始めた。無停電電源装置(UPS)やパワーコンディショナー(PCS)、EV(電気自動車)用充電器などの用途に向ける。(2021/3/17)

米国の大寒波:
NXPやInfineonがテキサスの停電で生産を停止
米国の主要なエネルギー供給地域であるテキサス州での突然の寒波が停電を引き起こしたことを受けて、同州にあるSamsung Electronics(以下、Samsung)、NXP Semiconductros(以下、NXP)、Infineon Technologies(以下、Infineon)の工場が操業を停止した。(2021/2/26)

製造業IoT:
LPWAで得た停電予測情報を自動で発電計画に生かす、パナの第7世代エネファーム
パナソニックは2021年2月17日、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」の戸建て住宅向け新製品を同年4月1日から発売すると発表した。同社のエネファーム製品としては初めて搭載したLPWA(省電力広域ネットワーク)通信機能を経由して、停電リスク情報を自動的に取得して発電計画に生かす。(2021/2/19)

製品動向:
新型エネファームは災害対策機能を搭載、停電に備え最大500ワットの電力を蓄電可能
パナソニック アプライアンス社は、災害対策機能として、「停電備そなえ発電」などを備えた家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」の新型を開発した。停電備そなえ発電では、ウェザーニュースが発信する停電リスク予測情報「停電リスク予測API」を新型エネファームが受信することで、停電に備えた運転に切り替わり、最大500ワットの電力を蓄電可能だ。(2021/2/19)

停電を予測、電気を作る「エネファーム」 LPWAに対応、最大500Wの電気を8日間供給
パナソニックが、家庭用燃料電池「エネファーム」の新モデルを4月1日に発売する。新たにLPWA通信ユニットを採用。台風による停電情報を受信し、自動で非常運転に移行する機能を搭載する。(2021/2/17)

関東、東北地方の広い範囲で停電発生 関東約85万軒、東北約9万軒が停電中
信号機などが停止している場合もあるため注意が必要です。(2021/2/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。