• 関連の記事

「三井物産」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「三井物産」に関する情報が集まったページです。

工場ニュース:
UAEでアンモニア製造プラント建設、CO2排出量を低減したアンモニアを製造
三井物産は、アラブ首長国連邦のルワイスで、燃焼時にCO2を排出しないアンモニア製造プラントの建設を開始した。2027年から、従来よりCO2排出量を低減したアンモニアを年間100万トン製造する。(2024/7/8)

LED:
LED照明を他店舗でリユースできるか パナソニックが札幌で資源循環型ビジネスモデルに挑む
パナソニック エレクトリックワークス社は、デジタル技術を活用したLED照明器具のリユース(再利用)に取り組んでいる。2025年度の事業化を目指し、事業モデルの構築を進める。(2024/6/12)

今すぐ取り組むべき、RevOpsのススメ:
「THE MODEL型」の弊害はAI活用にも 米国の営業組織が重要視する「RevOps」とは
AI活用が急速に進む中、注目度が高まるRevenue Operations。米国では注目度が高まっていますが、日本でも根付くのでしょうか?(2024/6/3)

KDDI、「月面で5G通信」2030年実現へ 宇宙ベンチャーと大企業を結ぶ共創プログラム開始
KDDIは宇宙関連事業に取り組むスタートアップと大企業による共創プログラム「MUGENLABO UNIVERSE」を開始すると発表した。宇宙空間を再現した実証環境やスタートアップと大企業のマッチング機会などを提供する。(2024/5/30)

旧帝大早慶の2025年卒学生に人気の企業 3位「三井物産」、2位「伊藤忠商事」、1位は?
2025年卒業予定の旧帝大・早慶の大学生や大学院生に人気の就職先はどこか。リーディングマークが発表した、就職人気企業ランキングで1位を獲得したのは前年に引き続き「三菱商事」だった。(2024/5/23)

製造マネジメントニュース:
欧州電池規制に対応、自動車/蓄電池の“日本版”サプライチェーンデータ連携始動
自動車メーカーや日本自動車部品工業会、電池サプライチェーン協議会などが設立した「自動車・蓄電池トレーサビリティ推進センター」は、自動車や蓄電池のサプライチェーン企業間でデータ連携を行えるサービス「トレーサビリティサービス」を開発し提供を開始するとともに、会員企業の募集を開始した。(2024/5/17)

入社は「狭き門」:
総合商社を辞めた人の退職理由 人気があって高スコアなのに、なぜ?
就活生の「就職ランキング」を見ると、総合商社は上位に並ぶ。人気があって高年収であるにもかかわらず、なぜ辞めていくのか。総合商社を辞めた人の退職理由に迫った。(2024/5/14)

第24回「洋上風力促進ワーキンググループ(WG)」:
洋上風力入札の“第2ラウンド”、公募結果の分析と各事業のポイント
再エネ海域利用法に基づく洋上風力発電事業の入札について、いわゆる“第2ラウンド”の結果がすべて出揃った。第24回「洋上風力促進ワーキンググループ(WG)」では、公募結果のポイントとともに、各選定事業者へのヒヤリングが行われた。(2024/5/13)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「アジアでBEV出遅れ」は好機になる? 日本車が再び選ばれるようになる理由
タイの日本車ディーラーが中国や韓国のブランドに乗り換える動きが続出しているようだ。しかし、勢いのあるアジア勢と比べて、慎重なのが日本車メーカーの成功の理由とも言える。性能や使い勝手で再び日本車が選ばれるようになる可能性も大いにあるだろう。(2024/4/11)

復興の象徴:
東北大をイノベーションの中心地に 放射光施設「ナノテラス」が生みだす共創の場
4月9日、東北大学が誇る世界最高レベルの高輝度放射光施設「NanoTerasu(ナノテラス)」が始動する。その背景には、東日本大震災からの「復興の象徴」として東北の経済を盛り上げたいとの思いから、10年以上も奔走してきた、ある教授の使命感があった。ナノテラス誕生の舞台裏と、今後のビジョンを聞く。(2024/4/4)

25卒に人気の企業、文系は商社が圧倒的人気 理系は?
ダイヤモンド・ヒューマンリソースが調査結果を発表した。(2024/3/28)

新テーマパーク「イマーシブ・フォート東京」ってそんなにすごいの? 1万円でも高くないと感じた「没入体験」に迫る
「没入体験」をウリに、ヴィーナスフォート跡地に誕生した「イマーシブ・フォート東京」。なぜ2年ほどという非常に短期でオープンできたのか。その他、同施設の「スゴい」ポイントを、経営コンサルタントが分析していく。(2024/3/25)

ドローン:
空飛ぶクルマの運航管理で、Terra DroneやJAXAなどが大阪府咲洲庁舎で実証
Terra Droneや三井物産、JAXAなどが参画するコンソーシアムが、空飛ぶクルマの運航管理を目指した実証実験を共同で実施した。さまざまな航空機の協調的な運航管理プラットフォームの構築に要する技術を検証している。(2024/2/21)

好感度が高い環境:
若手社員がすすめる企業トップ30は? ランキングから見えてきた、3つのポイント
20代の社員は、どのような会社で働きたいと思っているのだろうか。クチコミを分析すると「3つのポイント」が見えてきた。(2024/2/20)

半径300メートルのIT:
「セキュリティ人材が足りない……」と嘆く前に 企業に必要なのは“懐の深さ”だ
セキュリティ人材の不足が世の中で叫ばれていますが、人材不足を嘆く前に自社が従業員の才能を伸ばせる環境かどうかを再考してみるといいかもしれません。(2024/2/6)

旧帝大・早慶に人気の就職先 3位「伊藤忠商事」、2位「三井物産」、1位は?
「高学歴」の学生から就職先として人気の企業はどこか。リーディングマークが2025年卒を対象に実施した調査結果を発表した。(2023/12/28)

サプライチェーン改革:
燃料アンモニア輸送を目的とした定期用船契約を締結
日本郵船と三井物産は、大規模燃料転換の実証試験に用いる、燃料アンモニア輸送の定期用船契約を締結した。同契約を契機に、アンモニア市場拡大に備えた海上輸送の体制整備を進める。(2023/12/20)

自然エネルギー:
洋上風力の入札結果が公表、賦課金なしの価格「3円」が実現可能に
経済産業省と国土交通省が再生可能エネルギー海域利用法の入札に基づく、国内3海域での洋上風力発電プロジェクトについて選定事業者を公表した。(2023/12/15)

「飛び込み営業」がついに死語に!? AIの台頭でくつがえる営業の常識
もしかしたら、AIの活用によって日本から飛び込み営業がなくなる日が来るかもしれない――。AIの台頭で営業の常識が変わりつつある今、時代遅れな方法はどんどん淘汰されている。今後の日本の営業活動はどう変化するのだろう……?(2023/12/7)

令和でも「黒革の手帖」は通用するか:
「俺の顧客リスト」を持つ営業マンを採用――これって正解? 米国から学ぶ「脱・属人化」
トップ営業マンがいわゆる「黒革の手帖」と呼ばれるような独自の顧客リストを作ることが価値になる風潮がいまだに存在する。令和の時代でも「黒革の手帖」に価値はあるか? グーグルジャパン元営業統括部長が解説する。(2023/12/4)

リードの40%が商談化!? 米国式インサイドセールス「BDR」の実力とは
米国で注目を集めるインサイドセールス「BDR」をご存じだろうか? リードの40%が商談化するというデータも出ており、今注目を集めている。日本でも需要は高まるか。(2023/11/9)

40万件以上のデータで分析:
「転職で年収アップするには〇〇」という言葉は、本当か嘘か
「給与が上がらない」「物価が上がって生活が苦しい」といった理由で、転職を考えている人もいるはず。「年収アップの転職を考えるのなら、〇〇」といった文言を目にすることがあるが、これは本当なのか。膨大なデータを分析したところ……。(2023/10/29)

【プロンプト公開】:
ChatGPTが受注率も算出できる「良い営業データ」とは? AI時代のデータの作り方
AI時代に求められる「良い営業データ」とはどういうものでしょうか? 良い営業データとAIを組み合わせることで、さまざまな営業業務の自動化が可能になります。実際に良い営業データをChatGPTに入れてみたところ……(2023/10/13)

巧妙な標的型メールへの有効な対策とは:
PR:セキュリティ教育で重要なのは脅威への「嗅覚」を鍛えること ミサワホームは何が違うのか
メールを使った標的型攻撃に対応するには、セキュリティソリューションの導入だけでなく従業員の意識改革が欠かせない。とはいえ定期的にメールを使った訓練を続けるのは運用負荷が高い。どうすればよいのだろうか。(2023/9/28)

「旧帝大・早慶」就職人気ランキング 2位「伊藤忠」、1位は?
旧帝大と早慶の学生は、どの会社で働きたいと思っているのだろうか。2025年卒予定の学生に聞いた。(2023/9/28)

2023年調査:
高年収企業ランキング 「キーエンス」を抑えた、平均年収3000万円企業は?
SalesNowは「2023年全業界年収ランキングトップ10」を発表した。3位は「光通信」(平均年収2101万円)、2位は「キーエンス」(同2278万円)だった。平均年収3000万円以上の1位の企業とは?(2023/9/12)

営業業務の効率化に「AI」は必須ではない より重要な「ある条件」を満たすデータ
AIを営業活動に取り入れ、効率的に活用するためには、AIに学習させるデータの準備が不可欠です。そのデータの質はとても重要で、実は「とある条件」を満たすデータであればAIを活用せずとも、営業活動を効率化できるのです。(2023/9/7)

一部で広告掲載NGも:
おせちの「数の子、いくら、サーモン」はどうなる? 百貨店がロシア産の扱いに苦慮 でも「使わないと成立しない」
「おせち料理」の予約商戦が本格化する中、ウクライナ戦争の影響でロシア産食材を使った商品の場合、広告掲載NGになるケースが発生しているという。ただ、「使わないと商品が成立しない」として、百貨店側が対応に苦慮している。(2023/9/3)

産業別のトップは:
上場企業で働く人の年収は620万円、1位の会社は?
東京商工リサーチの調査によると、2022年度の上場企業3235社の平均年間給与は620万4000円という結果に。前年度(605万4000円)から15万円ほど増加した。(2023/8/17)

5年の進化を追う:
女性管理職比率20%は射程圏内 亀田製菓が取り組んだ「3つの変革」とは?
亀田製菓は2019年に経営トップが「ダイバーシティ元年」と宣言。女性に限らず、多様な人材が活躍できる組織づくりをグループ全体に広げようとしている。同社はどのように進化したのか。古泉直子常務に聞いた。(2023/8/15)

脱炭素:
CO2データの企業間連携の実現性を確認、供給網の排出量見える化に向けて前進
電子情報技術産業協会は2023年8月4日、仮想サプライチェーン上でのCO2データ連携の実証実験に成功したことを発表した。(2023/8/10)

AIはまだ営業を代替できない:
なぜ、日本企業の営業組織は「AI」と「データ」を正しく使えないのか?
なぜ日本企業の営業組織は「AI」と「データ」を正しく使えないのか? 効果的な活用を阻む日本企業特有の課題と、解決策を前後編にわけて解説していきます。(2023/8/10)

平均年収3000万円超:
全業界の平均年収ランキング  2位「キーエンス」(2182万円)、1位は?
SalesNowは自社のデータベースを使って「全業界平均年収ランキングTOP10」を発表した。1位だったのは……。(2023/8/9)

AIの波にのまれるな:
米国で「営業マネジャー不要論」が話題 AIが代替できない「営業の仕事」はあるのか
「営業職はAIに代替されるのか」というテーマは、日本のみならず世界中で話題になっており、米国では「営業マネジャー不要論」が持ち上がっています。なぜ米国ではそのような議論に発展したのでしょうか? そのワケと日本企業への影響を解説していきます。(2023/7/21)

あなたは大丈夫? 電子メールのセキュリティ対策:
日本人はなぜ「マスク」と「PPAP」をやめられないのか
2万社以上にセキュリティ対策を強化したメールサービスを提供しているサイバーソリューションズ(東京都港区)のシニアエンジニア 高橋長裕氏が、電子メールのセキュリティ対策について解説する本連載。今回のテーマは「脱PPAP」についてです。(2023/6/19)

スペシャリスト志向も高まる:
高学歴学生の「高年収」志向が鮮明に 就職人気企業ランキング、3年連続の1位は?
難関大学で2024年卒業予定の学生に、就職したい企業を聞いたランキングが発表となった。3年連続で1位を獲得した企業とは?(2023/6/1)

三井物産、LayerXと個人向け資産運用サービス「ALTERNA」 不動産をデジタル証券化
LayerXと三井物産が出資する三井物産デジタル・アセットマネジメントは、新たに個人向け資産運用サービス「ALTERNA(オルタナ)」を開始した。不動産をデジタル証券(セキュリティトークン)化し、スマートフォンサイトを通じて販売する。1口10万円と小口化することで、若年層への訴求を図る。(2023/5/22)

学生1594人に調査:
24年卒就職人気企業ランキング 3位「伊藤忠商事」、2位「NTTデータ」、1位は?
楽天が運営する就職活動情報サイト「楽天みん就」が、「2024年卒就職人気企業ランキング」を発表した。(2023/5/12)

あなたは大丈夫? 電子メールのセキュリティ対策:
ChatGPTの登場で詐欺メールはさらに巧妙に? 気を付けたい【文例3選】
2万社以上に安全なメールサービスを提供しているサイバーソリューションズ(東京都港区)のシニアエンジニア 高橋長裕氏が、電子メールのセキュリティ対策について解説する本連載。2回目は、実際に届いた詐欺メールの文例から、つい引っ掛かってしまいそうなウイルス添付メールの手法を紹介します。(2023/5/12)

金融系が上位:
就活生が選ぶ人気企業ランキング 国内と海外で大きく違った
2024年卒業予定の学生は、どの企業で働きたいと思っているのだろうか。国内の大学生または海外に留学している学生に聞いたところ……。(2023/4/22)

ランキング:
新入社員が「働きやすいなあ」と感じる会社 1位は?
コロナ時代の就職活動を経て入社した新入社員たち。彼ら彼女らはどのような企業を働きがいがあると評価しているのだろうか。転職・就職サイトを運営するオープンワークが分析したところ……。(2023/4/20)

あなたは大丈夫? 電子メールのセキュリティ対策:
5400万通のメールから見えたサイバー攻撃のトレンド 気を付けたい3つのポイントと対策は?
2万社以上に安全なメールサービスを提供しているサイバーソリューションズが、過去送受信した5400万通を分析して分かった「ビジネスでのウイルス・スパムのトレンド」と「知っておきたい注意点」を解説します。(2023/4/17)

トレーサビリティを一括管理:
ロッテのESG戦略 ブロックチェーンでチョコレートの児童労働撲滅へ
ロッテは、ブロックチェーン技術を用いたガーナ産カカオ豆のサプライチェーンのトレーサビリティ(追跡性)向上と、児童労働リスク改善に向けた実証実験を始めた。その取り組みを詳報する。(2023/4/7)

人気企業を見る:
就活中の大学生が選んだ「働きたい会社ランキング」、1位は?
就活中の大学生は、どの会社に就職したいと考えているのだろうか。大学3年生と大学院1年生に聞いた。(2023/4/4)

ITmedia ビジネスオンライン Weekly Top10:
〇〇の本はどこにありますか? 昔の書店員はどのような準備をしていたのか
書店の数が減っている中で、東京駅の近くにある「八重洲ブックセンター本店」も閉店することに。周辺エリアの再開発によるもので、5年後には再び営業するそうで。担当者に過去の話を聞いていると、興味深い話があって……。(2023/3/31)

急上昇した企業も:
東大・京大生の就活人気ランキング 3位「三菱商事」、2位「三井物産」、1位は?
ワンキャリアは、2024年卒の東大生・京大生を対象にした「東大京大24卒就活人気ランキング」を発表した。東大・京大生に人気の企業とは?(2023/3/21)

NEWS Weekly Top10:
「GPT-4なら誰でもプログラミングできる」は嘘だ。AIは魔法の杖ではない
GPT-4は「エンジニアでなくてもプログラムが組める」などと話題になっている。それならば、筆者もできるのではないか? ワクワクしてGPT-4に聞いてみた。(2023/3/20)

24卒の東大・京大生が注目する企業ランキング 2位三井物産、1位のIT関連企業は?
2024年に卒業予定の東大生や京大生はどんな企業に注目しているのか──就活サイト運営元が自社のデータをランキング化。1位は?(2023/3/14)

“バックアップ”=“データを復旧する”だけじゃない 今の時代に合った製品選定のコツ
“バックアップ”と一口に言っても、自然災害に向けたBCPとサイバー攻撃に対するBCPはその性質が異なることを知っているだろうか。MBSDの講演から、それぞれの戦略の違いとバックアップソリューション選定のポイントが明らかになった。(2023/3/6)

LayerXが55億円調達 三井物産から社外取締役
LayerXが、三井物産やベンチャーキャピタルなどから55億円の資金を調達。資金は開発や営業活動、マーケティングの強化に加え、新規事業の創出に充てるという。(2023/2/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。