• 関連の記事

「レクサス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レクサス」に関する情報が集まったページです。

やさしいデータ分析:
[データ分析]重回帰分析による予測(線形回帰、多項式回帰) 〜 年式、走行距離、排気量から中古車の価格を予測
データ分析の初歩からステップアップしながら学んでいく連載の第15回。複数の説明変数を基に目的変数の値を予測する重回帰分析について、Excelを使って手を動かしながら学んでいきましょう。カテゴリーなどの数値ではないデータを説明変数として利用する方法や、二次関数などの多項式を基に回帰分析する方法も紹介します。(2024/2/22)

バスケ渡邊雄太選手、1400万円超のレクサスとのショット 「LC500かっこいい!」と反響集まる
メンフィス・グリズリーズへ加入した渡邊さん。(2024/2/21)

製造マネジメントニュース:
ダイハツが新体制に、次期社長はトヨタ中南米本部長の井上氏
ダイハツ工業とトヨタ自動車はダイハツの新たな役員体制を発表した。(2024/2/14)

「誹謗中傷をする方は中年の男性が多い」 “フェラーリ女子”YouTuber、密着取材で“炎上”コメントに言及 視聴者層は9割男性
「ちょっとかわいそうだなと思うところはある」と発言。(2024/2/13)

前澤友作、納車した“最高級の国産車”がレベチすぎ 数千万円かけた快適空間に「なんじゃこりゃぁ!」「車内というよりリビング!」
4億以上した1台から続けてゲット。(2024/2/13)

ハイブリッド車の復権は本当か トヨタ「全ての地域で比率上がった」
最近、欧州や北米でハイブリッド車(HEV)の人気が再燃しているという報道が増えている。トヨタ自動車の第3四半期決算はそれを裏付けるものになった。(2024/2/6)

角田信朗、5年乗った相棒から「国産高級車」へ乗り換え “似合ってる”と周囲が黄色い声も「セレモニーは恥ずかしかった」
“大袈裟”と受け取ったもようです。(2024/2/4)

“事故相手に車を買ってあげたい” 車系女性YouTuberの“同情”発言に視聴者騒然「聞いたことない」 関係者からも賛否
友人もびっくり。(2024/1/31)

安東弘樹アナ、“日本車では2択”の貴重な車種に感嘆 「マニアック」「人生最初の車だったら」
「また永遠に運転していたくなりました」(2024/1/25)

“フェラーリ女子”YouTuber、愛車事故でドラレコ映像“非公開”→3日後に180度の前言撤回 “日本の闇”&開示請求にも言及
言いがかりコメントに一つ一つ反論しています。(2024/1/22)

メカ設計ニュース:
3Dプリントシューズや新コンセプトPCなど多数披露、日本HPが事業戦略説明会で
日本HPは事業戦略説明会を開催し、2024年の事業の方向性や取り組みについて紹介した。併せて「HP Imagine 2023」で登場した新製品やAIテクノロジー内蔵PCの展示なども行われた。(2024/1/22)

「不可解」「非常識じゃ?」 “フェラーリ女子”YouTuber、愛車事故後にドラレコ映像が“消滅” 釈明発言に評価割れる
「相手からドラレコ映像入手出来るのも不自然」という声も。(2024/1/18)

「消えろ」「考えろボケ」 “フェラーリ女子”YouTuber、誹謗中傷&自粛の選択肢に言及 2023年は高級車大破&炎上動画が話題に
「収益を募金活動に充てることも可能ですので、今後も変わらず動画投稿を行っていく予定です」(2024/1/4)

トヨタ、11月世界販売・生産は過去最高 中国販売は3カ月連続増
トヨタ自動車が12月27日に発表した11月の世界販売・世界生産(いずれもトヨタ車とレクサス車のみ)は11月として過去最高だった。世界生産は単月ベースでも過去最高となった。(2023/12/28)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
豊田社長の“あの時の話”を詳しく明かそう 2023年に読まれた記事
筆者が毎回サーキットに行くのは、普段はなかなかないほど長い取材時間が与えられるからだ。サーキットに行くと時間をたっぷり使って、かなり踏み込んだ話ができることがある。ましてや海外のサーキットとなれば、帰りの時間もない。その時、豊田社長が衝撃的な発言をしたことを、かなり思い切って記事にしたものが、今年の1位の記事だ。(2023/12/25)

車系YouTuber、実家への帰省に戦々恐々「波乱な年末年始にならないことを」 “暴走動画”で今年は大炎上
動画に“お怒りのご連絡”がきていました。(2023/12/22)

車載情報機器:
「車載用としては世界最大」の液晶を実現したさまざまな取り組み
トヨタ自動車のレクサス「LM」にパナソニック オートモーティブシステムズの後部座席向け48型ディスプレイシステムが採用された。(2023/12/15)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
せっかくの晴れ舞台でなぜ? 新生モーターショーで“紹介されなかった”クルマたち
11月5日まで東京ビッグサイトにて開催された「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」。メーカー各社は気合いの入った出品車を披露しました。その一方で登場しなかった、もしくは華々しく紹介されなかったクルマたちも存在します。(2023/12/8)

オール巨人、30年モノな“伝説の1台”に自負「ここまでキレイな車はない」 国産愛車の雄姿に称賛の声「気品がある」「凄くエレガント」
34年前の車とはとても思えない。(2023/12/5)

フォトギャラリー(オートモーティブ):
写真で振り返る「ジャパンモビリティショー2023」
MONOist編集部が取材した展示会やイベントの模様を“写真で振り返る”PDF形式のフォトギャラリー。今回は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」の模様をお届けする。(2023/12/4)

価値の高いブランド、1位は「アップル」 日本ブランドの結果は?
グローバルのブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2023」によると、1位は「アップル」だった。日本ブランドの最高順位は6位だった。どのブランドがランクインした?(2023/12/4)

LEXUS、新型コンパクトSUV「LBX」発表 12月下旬に発売
LEXUSは11月9日、新型コンパクトクロスオーバーSUV「LBX」の国内仕様を発表した。12月下旬頃の発売を予定している。(2023/11/11)

ジャパンモビリティショー2023:
1コートでUN規則に適合する樹脂ウィンドウのコーティング、「クラスL」に対応
豊田自動織機は、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」で、1コートで自動車用安全ガラス法規「UN-R43」のクラスL規格に適合した高耐候ハードコート付き透明ポリカーボネート製の樹脂ウィンドウを披露した。(2023/11/7)

自動車業界の1週間を振り返る:
「私たちはアメリカンドリームを救った」、UAWが勝ち取ったものは
週末です。11月3日が文化の日でお休みだった方も、普通の金曜日だった方も、1週間お疲れさまでした。3連休ということもあってか、各地で大混雑が発生しています。(2023/11/4)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
新生モーターショー ホンダの展示に見た、実用化への執念
10月25日から開催中の「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」。今回、注目すべきはホンダと言えるでしょう。ホンダが展示したモビリティには、ある共通点があったのです。(2023/11/4)

トヨタが最高益! EVが遅れているのに、なぜ?
トヨタ自動車が1日発表した令和5年9月中間連結決算の営業利益率は、前年同期の6.4%を大幅に上回る11.6%の高水準に達した。原動力は……。(2023/11/2)

ジャパンモビリティショー2023:
LEXUSデザイナー陣が発信するモビリティの枠を超えたアートインスタレーション
トヨタ自動車のLEXUS(レクサス)ブランドは「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」において、レクサスのデザイナーによるアートインスタレーション「Kehai(気配)の森」に関する展示を行った。(2023/10/31)

ジャパンモビリティショー2023:
トヨタの次世代電池パフォーマンス版、大型セルでEV走行距離1000km超も視野に
トヨタ自動車のレクサスブランドは、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー、旧東京モーターショー)」において、次世代電池パフォーマンス版(角形)を披露した。(2023/10/26)

ジャパンモビリティショー:
レクサス、次世代BEVコンセプトカー「LF-ZC」世界初公開 2026年発売へ
(2023/10/25)

東京モーターショー改め:
「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」もうすぐ開幕 主要メーカーの出展内容は?
東京モーターショー改め、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」が10月26日から開幕する。国内大手メーカーの出展内容をまとめた。(2023/10/24)

20歳の『egg』モデル、“パパに買ってもらった”国産高級車を披露 愛する1台に「ぶっ飛んでるw」「家金持ち?」
実家は資産家で有名。(2023/10/23)

トヨタ、テスラの充電規格を採用へ 北米で販売するEVで 日産・ホンダに続き
トヨタが北米で販売するトヨタ/レクサスのバッテリーEVにおいて、米Teslaの充電規格(NACS)を採用すると発表した。トヨタの北米事業体であるTMNAとTesla間で合意に達した。国内メーカーでNACS採用を表明するのは、日産、ホンダに続き3社目。(2023/10/20)

LEXUS、最高級ミニバン「LM」を発売 特徴は?
LEXUSは、2代目モデルの新型「LM」(国内仕様)を12月下旬に発売すると発表した。(2023/10/20)

Marketing Dive:
ホンダが初の全電動SUV「Prologue」で展開する最先端の広告キャンペーンの中身
「Keep Dreaming」の60秒のスポットCMでは、2024年に北米で発売する新型SUVと共に、排出ガス、ハイブリッド車、電気自動車(EV)、航空・宇宙への取り組みに関するHondaの革新の歴史と2050年までのグローバルカーボンニュートラルへのコミットメントを紹介している。(2023/10/20)

“車道で暴走”の車系YouTuber、迷惑行為を謝罪→“パパ活”疑惑は強く否定 「軽自動車なら話は別だと思いますが……」
高級車はすべて自己所有、とのこと。(2023/10/19)

“GT-R暴走動画”で物議の車系YouTuber、レクサスISに起きた悲劇に「やっちゃいました……」 30万円の出費をなんとか回避
コメント欄では“暴走動画”非公開化への反応も。(2023/10/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタの未来を全部見せます
トヨタ自動車は、国内のメディアを招待し、愛知県内の3つの工場、貞宝工場、明知工場、元町工場で、トヨタの未来技術とその考え方を公開した。具体的にいえば、デジタル技術を軸とし、個々の製造技術の大幅な刷新がそれに加わるとどうなるかを示したものだ。(2023/10/16)

自動車業界の1週間を振り返る:
出光は2001年から、トヨタは2006年から「全固体電池」を研究してきた
日頃、新聞やテレビ、インターネットなどを見ていて、「ニュースになるということは新しいものだ、今始まったことだ」と思ったことはありませんか? 放送時間や紙面の文字数に限りがある場合、これまでの経緯が省略されるため、新しくて今まさに始まったかのように見えてしまいます。その例の1つが電池の話題かもしれません。(2023/10/15)

トヨタ、レクサスの次世代EVコンセプト車を世界初公開へ 26日開幕のモビリティショーに出展
高級車ブランドの「レクサス」で、次世代の電気自動車のコンセプトモデルを世界初公開するほか、最新の電動化・知能化技術が実現する未来の運転を疑似体験できるVRシミュレーターを出展する。(2023/10/12)

LEXUSの次世代EV、世界初公開 トヨタが「モビリティーショー」出展内容を発表
10月末に開幕する「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」では、トヨタが未来のクルマを体験できるコンテンツを出展。LEXUSの次世代EVモデルも世界初公開する。(2023/10/11)

組み込み開発ニュース:
リコーが子会社のオプティカル事業を売却、レクサス採用のステレオカメラなど
リコーは、子会社のリコーインダストリアルソリューションズの下で車載ステレオカメラやプロジェクター用光学レンズモジュールなどの開発、製造、販売を行っているオプティカル事業を、投資会社のティーキャピタルパートナーズに譲渡する。(2023/10/10)

専属運転手を雇っていそうなクルマ 3位「ロールスロイス」、2位「ベンツ」、1位は?
専属運転手を雇っていそうなクルマといえば? この質問に対し、最も多かった回答は……。(2023/10/7)

高級車の魅力度ランキング 3位「ベンツ」、2位「BMW」、1位は?
顧客満足度調査を行うJ.D. パワー ジャパン(東京都港区)は「2023年日本自動車商品魅力度調査」を発表した。(2023/10/6)

3Dプリンタニュース:
SOLIZEが製造した3Dプリント製品がトヨタの純正オプション部品に採用
SOLIZEが製造した3Dプリント製品がトヨタ自動車の純正オプション部品に採用された。両社は3Dプリンタでの初の量産認定に向けて協力し、量産工場認定のための環境整備、工程管理、人材教育の体制を整えてきた。(2023/10/5)

“フェラーリ女子終了”で悲嘆の車系YouTuber、スーパーカーと一文字違いの“新たな相棒候補”に冷や汗 「初歩から分からない」
原付バイクの車種について知識を深めたいというあま猫さん。(2023/10/2)

サービス満足度が高い高級車 3位「BMW」、2位「ボルボ」、1位は?
顧客満足度調査を行うJ.D. パワー ジャパン(東京都港区)は、「2023年日本自動車サービス顧客満足度調査」を発表した。(2023/9/29)

豊田市の人はトヨタ車に乗っている? 4大自動車メーカーの「お膝元」を調査
ソフトウェア開発などを手掛けるジオテクノロジーズ(東京都文京区)は、国内自動車メーカー4社の主要拠点を擁する地域、いわゆる「お膝元」の自動車のメーカー別保有率について調査した。(2023/9/20)

サバンナ高橋茂雄、1年かかった新「レクサスNX」納車で鼻高々 妻・清水みさとも乗せて笑い絶えないドライブへ
高級感あふれる内装にハイテク仕様!(2023/9/19)

高級車の顧客満足度ランキング 3位「BMW」、2位「ボルボ」、1位は?
顧客満足度調査を行うJ.D. パワー ジャパン(東京都港区)は「2023年日本自動車セールス顧客満足度調査」を発表した。(2023/9/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
非現実的な規制で庶民のアシが消滅する
法律でBEVの販売を義務付けられている今、Bセグメントのクルマは今後どうなるのか。自動車メーカー各社の取り組みは。(2023/9/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。