• 関連の記事

「新車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新車」に関する情報が集まったページです。

「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
運営元の日本KFCホールディングスに取材しました。(2024/4/17)

ホンダが中国でEVの新シリーズ「?」を投入へ 第1弾のSUVを発売
ホンダの中国現地法人は16日、中国市場で電気自動車(EV)「?(イエ)」シリーズを新たに投入すると発表した。中国で新たに開発したEV専用のプラットフォーム(車台)を採用する。(2024/4/17)

これは欲しい! GUの“新作2990円パンツ”に反響 ウエストがゴムなのに垢抜けた印象に!?
着回しもできそう!(2024/4/17)

山田邦子、“20年乗った国産愛車”との別れに「マジで大泣き」 走行距離は10万キロ越えし「本当にいい車」「やっぱり好きだぁ」
20年の歴史。(2024/4/16)

今がまさに旬! タケノコを刺身でいただくレシピが驚異の“2300万再生” 「簡単なのに大満足」「シンプルに美味いやつ」
各国のタケノコレシピも集まる。(2024/4/17)

眠れない4歳娘が選んだ“絵本”とは…… 渋すぎるチョイスに反響 「将来有望」「それは本ではない」
4歳には難しすぎる本……!(2024/4/16)

ユニクロの“最旬シューズ5選”が2990円から! SNSでも話題のスニーカーなど魅力目白押し
コーデしやすいシューズがそろってます!(2024/4/16)

「美人女子大生も大歓迎!!」「初体験遅れてる」広告に批判 不動産会社がのぼり撤去で謝罪 「時代錯誤」「セクハラ」の声
公式X(Twitter)で撤去を明らかにし、謝罪しました【追記あり】(2024/4/15)

投げたフープ、何人まで同時にくぐれる? ギネス達成の超人技が169万回再生の大反響 「驚異的」「ただただ魅了される」【海外】
全員がスゴい。(2024/4/16)

浮かせて収納!? “800円以下”で買えるニトリの調味料入れがアイデアの勝利 機能的な工夫が盛りだくさん
ニトリ社員のおすすめ商品だそうです。(2024/4/15)

火災後の悲惨なバスルームを“掃除の女王”が掃除したら……? 洗面台が美しくよみがえる様子に「信じられない」【海外】
洗剤&ペーパー拭き取りでピカピカに。(2024/4/16)

「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
混乱や批判の声が相次ぎました。(2024/4/15)

“まさかの機能”がついたワークマンの防災レインウェアがすごい! 夜道歩きにも停電時にも便利
これは1つ持っておくと便利かも。(2024/4/15)

20年ほど放置されていたアメ車を洗車したら…… 漆黒のマスタングが新車同然の姿を取り戻す
これぞアメ車の迫力!(2024/4/14)

据え置きカーナビが売れなくなる心配はない? スマホアプリに参入したパイオニアに聞いてみた
カーナビメーカー大手のパイオニアがカーナビアプリに参入。「自社の据え置き型カーナビが売れなくなってしまうのでは」といった考えが頭をよぎるが実際は……? パイオニアに聞いてみた。(2024/4/9)

脱炭素の進行、世界で滞り 企業が知っておくべき原因と適切な対応策とは
世界は「脱炭素」へ向けて足並みをそろえようとしていたが、ここに来て、進行が滞る場面が出てきた。EVの不調や洋上風力発電事業の撤退、脱炭素先行地域での取り組みの遅れなど、世界の脱炭素のイマを解説する。(2024/4/8)

電動化:
いすゞ自動車が2030年度に向けた新中計、自動運転や通信に注力
いすゞ自動車は2030年度に向けた中期経営計画を発表した。自動運転、コネクテッドサービス、カーボンニュートラルの3領域を柱とし、将来の収益源として育てる。グループ全体での既存事業の強化も推進し、2030年度に売上高6兆円、営業利益率10%以上を目指す。(2024/4/4)

窓全開のまま1年も放置されたクルマを洗車したら…… ピカピカに仕上げたプロに「ブラボー!」「想像できない仕上がり」の声
新車みたいにピカピカ!(2024/4/4)

16年も放置されていた“霊柩車”を洗車→薄緑に染まったボディーがピカピカに! 「なんて美しいのでしょう」と称賛の声
ホラー展開はありませんでした。(2024/3/31)

3つの理由でEV撤退したアップル “急ハンドル”で注力する「新たなビジネス」は何か
アップルが長らく水面下で続けていたEV開発から撤退したと報道があった。その背景には3つの理由があるという。加えて、新たに注力するビジネスも見えてきた。(2024/3/30)

auが沖縄で「一人勝ち」するワケ 本土とは異なる商習慣「オキナワ・ルール」に学べ
なぜ「沖縄支店」を作らない方がいいのか。なぜあえて言葉の定義にこだわりすぎない方がいいのか――。本土とは異なる、沖縄特有の商習慣とは。(2024/3/29)

トヨタの名車を15年ぶりに洗車したら…… ピカピカに磨き上げられた80スープラに「これを放置するなんて」「最高にクール」の声
かっこいい……!(2024/3/28)

自動車メーカー生産動向:
日系乗用車メーカーの生産台数ランキングに大きな変動、3位がスズキ
日系自動車メーカーの生産が回復を見せる中、ダイハツ工業の認証不正によりランキングに大きな変動が起きている。乗用車メーカー8社の2024年1月の世界生産台数は、マツダとダイハツを除く6社が前年実績を上回り、8社合計では12カ月連続で増加した。(2024/3/28)

“斬新デザイン”どこいった? ファンに衝撃与えたプジョー「9X8」、2年後まさかの改良で再びざわつかせる「エイプリルフールはまだだから」
ついにウイングが付いた……!(2024/3/26)

ヒロミ、愛車「R32 GT-R」の“ビカビカ”コーティングに大興奮 「新車の時よりもきれいなんじゃない!?」
22年の購入以来、手間をかけている1台です。(2024/3/23)

泥だらけのモンスタートラックが…… 12年ぶりの洗車できれいになっていく様子「素晴らしい仕事」「走る姿が見たい」の声
キレイなシルバーが復活!(2024/3/17)

車載ソフトウェア:
新車開発期間を2年短縮、Armの最新IPをバーチャル試作で利用可能に
Armは自動車開発向けのバーチャルプラットフォームを発表した。同社のAutomotive EnhancedプロセッサのIPを使用したバーチャルプロトタイピングにより、半導体の生産を待つことなくソフトウェア開発に着手できる。開発期間は最大で2年短縮可能だという。(2024/3/15)

「BYD ドルフィン」の販売目標は未達:
EVブームにブレーキ? “黒船”BYD「日本で毎年、新車種を提供」
世界市場でのEVブームにブレーキがかかりつつある中、中国BYDの日本法人であるビーワイディージャパンの劉学亮社長は、日本市場でのEV販売増に強い意欲を示した。(2024/3/14)

「スクラップ同然」のトヨタ車を徹底修復したら…… 奇跡の復活劇に「新品みたい」「よくやった」と反響
ボロボロだったとは思えない仕上がり。(2024/3/12)

存在感スゴい! 槙野智章、“1700万の高級外車”をド派手カスタム「うわ〜! やってるわこれ!」
これは目立つ。(2024/3/7)

モノづくり総合版 メルマガ 編集後記:
訪タイ日本人VS訪日タイ人、2023年はどちらが勝った?
半年前の答え合わせをしたいと思います。(2024/3/7)

サビだらけでボロボロだったのに…… カワサキ製バイクを蘇らせた“大修繕”に「美しい作品」「最も繊細な仕事だった」の声
ここまでキレイになるのか……!(2024/3/5)

「3億で全身整形」のタレント、最終カスタムで“賭けみたいなオペ”を計画 「最悪死亡」「ずっと麻痺したまま」と恐ろしいリスク
怖すぎる。(2024/3/4)

自動車業界の1週間を振り返る:
初めての市販車発売の翌年にF1初参戦、60年前に思いをはせる
週末です。1週間お疲れさまでした。今週末は個人的に特別です。なぜならF1のシーズンスタートだったからです。(2024/3/3)

納屋で5年放置のスバル車→プロが徹底洗車! よみがえった「WRX」の美しいボディーに「早く走らせて」
いいクルマなのにもったいないなぁ……!(2024/2/29)

自動車メーカー生産動向:
日系メーカーの新車生産は本格的に回復、コロナ禍前に届かない企業も
半導体不足などサプライチェーンの混乱で長らく低迷していた自動車生産が本格的な回復を見せている。日系乗用車メーカー8社の2023年の世界生産合計は、3年連続で前年実績を上回った。半導体不足が緩和し、国内生産や北米生産の回復がけん引した。(2024/2/28)

高根英幸 「クルマのミライ」:
スポーツカーはいつまで作り続けられるのか マツダ・ロードスターに見る作り手の矜持
スポーツカーが生き残るのが難しい時代になった。クルマの楽しみ方の多様化や、規制の厳格化が背景にある。一方、マツダ・ロードスターの大幅改良では、規制対応だけでなく、ファンを納得させる改善を実施。多様化が進む中でビジネスもますます複雑になるだろう。(2024/2/25)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
売れ続けるマツダ「ロードスター」 あえてフルモデルチェンジしない理由
売れ行きが好調なマツダ「ロードスター」。前回のフルモデルチェンジから約9年が経過する中、マツダがあえて商品改良したのには、ある理由がありました。(2024/2/21)

電動化:
車載電装システムの世界市場は2035年に95兆円に拡大
富士キメラ総研は車載電装システムのグローバル市場調査の結果を発表した。(2024/2/20)

「お金が必要になった」 ゆきぽよ、“20代で一括購入”の国産愛車を売却へ 相棒との別れに「寂しかったけど気合い入った」 
仕事を頑張って買った思い出の車。(2024/2/18)

テリー伊藤、“新車価格1800万円超”レア車の衝撃装備に「なんじゃこれは」「二度と出会うことはないかも」
ミラーの位置、マジか。(2024/2/16)

和田憲一郎の電動化新時代!(50):
EVシフトの伸び悩み期間「プラトー現象」を乗り越えるには
2024年に入り、EVシフトに関して、ネガティブなニュースも数多く見られるようになってきた。ニュースに一喜一憂する訳ではないが、これまで急激なEVシフトに対して、やや揺り戻しが起きているのではと感じる。(2024/2/16)

関西電力株式会社提供Webキャスト:
PR:車両・設備の選定から施工まで、EV運用の課題をまとめて解決するサービスとは
世界的なカーボンニュートラル推進を受け、自動車業界では電動化への取り組みが加速している。その一方でユーザー側には、充電設備などの課題が山積している。EV運用の課題を解説するとともに、効率的な解決策を見て行く。(2024/2/16)

80年代の名スポーツカーを34年ぶりに洗車→取り戻した“往時の輝き”に称賛「素晴らしい仕事」
鮮やかな手際だ……!(2024/2/25)

キーサイトがデモを披露:
V字モデルの「評価フェーズ」で車両サイバーセキュリティテストが可能に
キーサイト・テクノロジーは2024年1月に開催された「第16回 オートモーティブ ワールド」で、車両サイバーセキュリティの脆弱性を早期に特定するテストソリューション「Automotive Cybersecurity Test Platform」のデモを行った。車両サイバーセキュリティの国際基準である「UN-R155」のレポートを作成できるテスト管理ソフトウェアと連携することで、自動車のサイバーセキュリティテストを包括的にサポートする。(2024/2/13)

製造マネジメントニュース:
ダイハツの再発防止策は「開発期間1.4倍」「試験や評価で増員」
ダイハツ工業は認証不正問題の再発防止策をまとめた報告書を国土交通省に提出した。(2024/2/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
実現すれば世界初? 特急車両に水素エンジンを載せる? JR東海と組んだベンチャーに聞く
JR東海が2023年12月、鉄道車両向け燃料電池の模擬走行試験を公開した。鉄道の脱炭素の多くが燃料電池方式で、水素エンジンは鉄道業界では初耳。JR東海は、この水素エンジンをi Laboと開発するという。i Laboとはどんな会社か、さらに水素エンジンの仕組みと可能性などを取材した。(2024/2/16)

日本人ドライバー所属のF1チーム、初公開の新車に「かっこいい」称賛の声も…… チーム名でざわつかせる「そのまま読む事になるんかな」
かっこいい!(2024/2/9)

電動化:
観光公害の解決から災害時の支援まで、日産が広げるEVのつながり
日産自動車は「ゼロ・エミッションフォーラム2024」を開催した。EVを中心とした脱炭素社会の実現に向けた取り組みについて語るフォーラムで、日産自動車と協力してカーボンニュートラル実現を目指す自治体や大学が登壇した。(2024/2/8)

新体制発足のF1チーム、新車カラーが“高校デビュー級”の激変「ゲーミングPCみたい」「個人的には大好き」
かなり派手だ。(2024/2/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。