• 関連の記事

「新車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新車」に関する情報が集まったページです。

「え!?マジ!?」 有名中古チェーンで発見した「480万円」のゲームに思わず二度見 「恐ろしや……」
けた数がおかしい……。(2024/7/21)

高根英幸 「クルマのミライ」:
中国製EVが「日本市場で好調」と言い張りたい、本当の理由
中国製EVが各国市場に進出し、新たな脅威となっている。しかし、安全性や品質の面で、日本では受け入れられないかもしれない。それでも日本に進出する理由は、日本で販売していることを手柄にして、新興国市場でブランドイメージを高められるからだ。(2024/7/19)

電動化:
軽く小さいこともCO2排出削減、スズキの環境技術は軽量化がカギ
スズキは10年後に向けた技術戦略を発表した。(2024/7/18)

初代シボレー・コルベットを30年ぶりに洗車したら…… ピカピカに生まれ変わった姿に「私が最も好きなコルベット」「素晴らしい仕事だ」
ピカピカのクラシックカー。(2024/7/18)

山本圭壱、妻に内緒で「ランクル250」購入 動画冒頭での暴露にハンバーグ師匠驚き「えー!? 抽選当たった?」
ランクル250、いいなあ。(2024/7/12)

材料技術:
高い制動力と耐摩耗性を備えたEV向けディスクブレーキパッドを開発、2026年量産化
レゾナックは、電気自動車の電動ブレーキシステムへの採用を目指し、ノンアスベスト系摩擦材を用いた高性能ディスクブレーキパッドを開発した。高い制動力と耐摩耗性を備える。(2024/7/12)

電動化:
中国自動車メーカーの成長続く、垂直統合や長時間残業が強みに
アリックスパートナーズは自動車業界の展望レポートの最新版を発表した。(2024/7/11)

メカ設計メルマガ 編集後記:
“再生プラスチック使用の義務化”について考える
必要なことだと分かっていても、やるのは大変そう……。(2024/7/9)

工場ニュース:
横浜ゴムが中国に乗用車用タイヤの新工場を建設、生産能力は年産900万本でスタート
横浜ゴムは中国に乗用車用タイヤの新工場を建設する。投資額は19億6000万元(約367億円)で2026年第2四半期からの生産開始を予定している。(2024/7/2)

自動車メーカー生産動向:
新車生産は3カ月ぶり増加も明暗分かれる、認証不正や品質問題が背景
乗用車メーカー8社の2024年4月の世界生産台数は、8社合計が3カ月ぶりに増加したが、各社で明暗が分かれた格好だ。国内生産では、能登半島地震による部品供給の影響に加えて、ダイハツ工業の認証不正、トヨタ自動車の品質問題、SUBARUの工場事故などが減産要因となった。(2024/6/27)

ご近所さんのバイクを洗車してあげよう! 海外YouTubeチャンネルの粋なはからいに「美しいエピソード」「良い友達」の声
いつも以上に丁寧にお掃除!(2024/6/30)

材料技術:
資源循環で経済価値を生み出す、ホンダが描く持続可能な材料戦略
ホンダは「自由な移動の喜び」を永続的に提供し続けるために環境負荷ゼロの実現を目指し、リソースサーキュレーションに取り組んでいる。(2024/6/26)

後付けできるミラー型ドラレコ「ミラーカム3」を試す “爆光液晶”で見やすく、車の後方視界を劇的に改善できる
ドラレコを検討するなら、ドラレコ付きデジタルインナーミラーという選択肢も検討してみよう。(2024/6/26)

若者のクルマ離れに一手:
IT苦手な「非デザイナー」がサクサク動画制作、何が起きた? ウエインズトヨタ神奈川の挑戦
神奈川県内でトヨタの新車や中古車販売、車検や点検を中心に手掛けるウエインズトヨタ神奈川。積極的なSNS活用と、コンテンツ制作におけるツール活用やフローの見直しにより、数百万円規模のコスト削減効果が得られているという。どんな取り組みをしたのか?(2024/6/28)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
「モデル3」なら最大85万円 テスラ購入で外せない「CEV補助金」の話 支給されて分かったこと
iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。この未来からやってきたクルマを連載形式でレポートします。今回はEV補助金について触れます。EV購入時に日本政府が補助金を支給しているのはご存じでしょう。(2024/6/23)

「なにこれ行きたい」 自分でデコれる“夢みたいなケーキ”に5万いいね 「絶対センス出ておもろいやろ」
食べるのがもったいなくなりそうなくらい美しい。(2024/6/11)

元HKT48の絶対的エース、“立派な国産車”をドカンと購入 22歳の偉すぎる購入理由に「いい娘で泣ける」「素晴らしい」
ご両親泣いて喜びそう。(※追記あり)(2024/6/21)

小林麻耶&國光吟、600万円超した“新型外国車”の即納車にハート満開「ドライブを昨夜は楽しんで」 間近い妻バースデーには10万円以上の高額品
テスラ「モデル3」をチョイス。(2024/6/21)

泥だらけの汚れたBMWが…… プロの洗車でピカピカに磨き上げられた姿に「まるで新車」「いつものように完璧」の声
素晴らしい仕事!(2024/6/20)

Yahoo!ブラウザーで画像から「クルマ検索」が可能に 約3000車種の詳細や価格が分かる
Androidアプリ「Yahoo!ブラウザー」の「カメラ検索」は、自動車の写真から車種や新車価格、車体寸法、年式を検索できる「クルマ検索」を提供開始。検索できる自動車は約3000車種で、順次拡大していく。(2024/6/19)

電動化:
マルチパスウェイ、EVのCO2削減、車電分離……クルマの脱炭素の形は
トヨタ自動車の中嶋裕樹氏がマルチパスウェイの意義、EVが製造時に排出するCO2の削減に向けたさまざまなアプローチのアイデア、バッテリーのリユースやリサイクルに向けた“車電分離”の提案など、自動車のカーボンニュートラルについて幅広く語った。(2024/6/18)

陸上で放置されていた水上バイクが…… 新品のような仕上がりに「素晴らしい仕事」「よく頑張った」の声
メーカーが修理したみたいだ……!(2024/6/18)

Interop Tokyo 2024:
「Interop Tokyo 2024」で各社の最新テクノロジーとソリューションを見てきた!
さまざま端末がネットワークへ接続できるようになったことで得られる恩恵は多いが、それと同時にセキュリティ上のリスクも増大した。最新テクノロジーでその課題を解決すべく、「Interop Tokyo 2024」には多彩なソリューションが展示されていた。最前線の取り組みを紹介しよう。(2024/6/17)

この差は歴然だ! 川に大量のプラスチックごみ → “圧倒的にきれい”に変える掃除が130万再生
素晴らしいチームワークです。(2024/6/17)

芽が出たショウガを土に植えて173日後…… 気持ちいいくらいの成長ぶりに「生命を感じる」「自然って素晴らしい」
173日間を約60秒のタイムラプスにしています。(2024/6/16)

電動化:
ホンダN-VAN e:は補助金で200万円以下、車電分離で低価格なリースも
ホンダは軽商用バンタイプのEV「N-VAN e:」を2024年10月10日に発売すると発表した。(2024/6/14)

電動化:
米国でEV購入意向を調査、2024年は検討する人が前年より減少
J.D.パワーは、2024年米国EV検討意向調査の結果を発表した。新車購入者のEV検討率が、前年から3ポイント減の58%となっている。EV検討率が前年比で減少したのは、2021年の調査開始以降で初だという。(2024/6/14)

カルディの「もずくキムチ」が“夏バテ時の救世主”になる予感! 間違いなくおいしそうな見た目に「最高な組み合わせ」
汗をたくさんかいた日に食べたい!(2024/6/14)

外国人が“面接”を受けたら…… 日本に染まって“3年後”のとんでもない態度に「日本人すぎるw」「染まりすぎ」
日本人にとっては1年目が逆に衝撃的かも。(2024/6/14)

「安全運転」にもメリット:
車載ディスプレイにも浸透し始めたOLED
新車を購入する人々にとって、ディスプレイサイズは購入判断の指標の一つだ。OLEDディスプレイは「真の黒」の実現をはじめとする性能向上が認識されたことで、ハイエンド車への搭載がますます増加している。(2024/6/17)

超人気スポーツカー「スープラ Mk4」を15年ぶりに洗車したら…… ピカピカに仕上げられた名車に「なんて美しいんだ」「素晴らしいクルマ」の声
80系スープラを洗車できれいに。(2024/6/13)

ヒロミ、“6000万円超の超高級外車”に乗る→即ロックオンされてしまう “営業トーク”の嵐には「ポラリス10台分か」「乗る男になったらすげぇな」
買ってくれるぞ感がスゴい。(2024/6/12)

レーダーやカメラを中心に拡大:
ADAS/自動運転用センサー、30年に約3.7兆円規模へ
ADAS(先進運転支援システム)/自動運転用センサーの世界市場は、2030年に約3兆7000億円規模に達する見通しだ。レーダーやカメラを中心に、今後も車載用センサーの需要は拡大し、2023年見込みに比べ約2.4倍の市場規模となる。(2024/6/13)

「めちゃくちゃ怖い」 3LDKの一軒家→外に出ると…… まさかの危険すぎる設備に「どうやって運ぶの?」
怖い怖い。(2024/6/12)

安全システム:
ADASや自動運転向けのセンサー市場は2030年に3.6兆円
矢野経済研究所はADASや自動運転システム向けのセンサーのグローバル市場の調査結果を発表した。(2024/6/11)

「イヤホンなくした」→「俺も」 まさかの人物が共感……! SNSで起きた切ない失敗談に「そりゃイヤホンもなくすわ」
伝説のコピペっぽさある。(2024/6/12)

「最高の余生」 元自衛隊員がかつての相棒と奇跡の再会 退役した国産戦車の現状に「あまりにも平和」
砲身の中にいたのは……。(2024/6/12)

バイオ燃料の社会普及に向けた将来展望(2):
EUや米中の戦略は? 諸外国におけるバイオ燃料政策の動向
運輸分野における脱炭素化の切り札として期待されている「バイオ燃料」の動向について解説する本連載。第2回目となる今回は、主要各国・地域のエネルギー戦略におけるバイオ燃料の位置付けや、政策動向について解説する。(2024/6/11)

草むらで放置されていたバイクが…… レストアで生まれ変わった姿に「ブラボー!」「美しいですね」の声
レトロな車体でカワイイ……!(2024/6/11)

「これをこうしてこうじゃ!」 ファミマで完結する“悪魔的合体フード”に「絶対おいしいやつ」「天才かよ」
おいしい×おいしい=おいしい!(2024/6/11)

これはおいしいはず! 業務スーパーを愛するYouTuberが選ぶ“定番惣菜ベスト5”は? その結果に「私も同意見です!」
おなかがすいてきたぞ……。(2024/6/10)

公開からわずか1カ月で“1億4000万再生”を記録した「新競技」に世界中が興奮→YouTube公式までコメントして“お祭り状態”に
やってみたい!(2024/6/10)

「配膳ロボの新人研修」に密着だとっ……!? 学生が作った“架空のテレビ予告”が「本編も見たい」と話題
お前たち、苦労してたんだな。(2024/6/10)

100均やスーパーの“激安そうめん”食べ比べてみたら…… 夏前にありがたい研究に「安いのが意外にも健闘」「今度買ってみよ」
これはいいレポート。(2024/6/10)

絶対おいしいやつだ! キットカットコラボのサーティワンアイスケーキに反響「最高」「食べたいですねぇ」
めっっちゃ美味しかったそうです。(2024/6/10)

「これは伝説」 1人の男性が“25年間”同じ角度で自撮りをし続けたら……大変貌したタイムラプスに反響 「いい歳の取り方」
次第に貫禄が出てきている。(2024/6/10)

「これやりたい…」 手のひらサイズの“きのこ盆栽”が話題 神秘的な世界観に「ジブリみたい」と12万いいね
きのこってこんなにかわいいのか!(2024/6/10)

キャベツを袋の中で調理する「とんぺいロール」が話題 “最強のズボラ飯”に「天才か!」「素晴らしい!」
卵焼き器の活用法としても目からウロコ。(2024/6/10)

28年も放置されていたフェラーリが…… 老紳士の大切なクルマをピカピカに仕上げた洗車のプロに「細部まで素晴らしい」「とても美しい」の声
思い出が詰まったクルマ。(2024/6/9)

「知らんかったわ」「これは便利」 “PCでのYouTube視聴”が快適になるショートカット一覧が“あまりにも便利そう”だと話題
印刷して常に出しておきたいくらい。(2024/6/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。