• 関連の記事

「ラボ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ラボ」に関する情報が集まったページです。

産業動向:
「足場DXで2024年問題に歯止めをかける」“タカミヤ プラットフォーム”の実験施設、9月オープン
次世代の足場材「Iqシステム」を販売するタカミヤは、「建設2024年問題」に歯止めをかけるソリューションの研究開発拠点として、兵庫県尼崎市のR&D拠点「Takamiya Lab. West」に、実験施設「Innovation Hub」の建設を進めている。(2024/6/12)

Matter対応品や15W供給対応品:
embedded world 2024で見つけた「ユニーク」な新マイコン
マイコンは、あらゆる設計に不可欠なビルディングブロックを提供し、組み込み業界の基盤であり続けている。EE Times Europeは、「embedded world 2024」(ドイツ・ニュルンベルク、2024年4月9〜11日)で新製品を発表したNXP、Microchip、Silicon Labsの3社に話を聞いた。(2024/6/12)

今日のリサーチ:
新富裕層「インカムリッチ」は何にお金を使っているのか――博報堂調査
新たなマーケティングチャンスを創出する「博報堂富裕層マーケティングラボ」が「新富裕層“インカムリッチ”生活者調査」の結果を発表しました。インカムリッチって、そもそも何?(2024/6/7)

セキュリティニュースアラート:
Kaspersky、Linux向けのマルウェアスキャナーを無料で提供開始
Kaspersky LabはLinuxプラットフォーム向けに無料のマルウェアスキャナー「Kaspersky Virus Removal Tool for Linux」をリリースした。64bitのLinux OSをサポートし、マルウェアやアドウェアを検出し除去する機能を備えている。(2024/6/4)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(31):
構造で減音するマスク型デバイス 若年層の声から生まれた「Privacy Talk」
マスク型の装着型減音デバイス「Privacy Talk」をご存知だろうか。キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)内の企業内起業で発足した「ichikara Lab」がゼロから企画した製品だが、なぜこうしたデバイスが出来上がったのか。開発の経緯や狙いについて、担当者に話を聞いた。(2024/6/3)

旭化成エレと欧州SALが共同で検証:
EV用電子ヒューズ技術、充電器などの安全性を大幅向上させる可能性
旭化成エレクトロニクス(AKM)と Silicon Austria Labs(SAL)は、SiCベースのパワーデバイスを搭載するEVシステムに向けた「eFuseシステム」の技術検証に成功した。車載用充電器などの安全性を大幅に向上させ、メンテナンスコストの削減を可能にする。(2024/5/31)

九州大学など5つのラボが協力:
21個の新しい有機固体レーザー材料をわずか2カ月で発見
九州大学とトロント大学、バンクーバー大学、イリノイ大学および、グラスゴー大学の5ラボが協力し、1000個以上の分子を2カ月という短期間で合成、評価し、その中から21個の新しい高性能有機固体レーザー(OSL)材料を発見した。(2024/5/28)

スマートリテール:
ZOZOが似合うラボの成果をアプリに実装、2026年にはAIによるスタイリング提案も
ZOZOは、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」のリニューアルを発表するとともに、同社初のリアル店舗「niaulab(似合うラボ)」で得られた成果について説明。WEARの新機能のうち「ファッションジャンル診断」は、似合うラボで収集したデータから導き出した「似合う」の4要素のうち「ジャンル」に関する知見を組み込んだものだ。(2024/5/10)

Google DeepMind、タンパク質予測モデル「AlphaFold 3」発表 医薬品開発を促進
Google DeepMindとAlphabet傘下のIsomorphic Labsは、共同開発した新たなAIモデル「AlphaFold 3」を発表した。タンパク質、DNA、RNA、リガンドなどの構造とそれらの相互作用を予測できるとしている。無料の限定版「AlphaFold Server」を公開した。(2024/5/9)

Innovative Tech:
中国語のスマホ標準キーボードアプリでキー入力が盗まれる脆弱性 攻撃対象は“10億人規模”と試算
カナダのトロント大学にある研究機関「Citizen Lab」は、中国で広く利用されているキーボードアプリに関する最新の調査報告を公開した。報告書によると、中国の主要なクラウドベースのスマホキーボードアプリに脆弱性が認められたという。(2024/5/9)

生成AIで協業を強化:
生成AIで美容業界の未来を創造 エスティ ローダーとマイクロソフトがAIイノベーションラボを設立
両社は消費者とのつながりを強化し、より迅速かつ効果的な市場投入を実現することを目的に、共同でAIイノベーションラボを設立する。(2024/4/30)

安全システム:
SUBARUは次世代EyeSightで死亡事故ゼロ実現へ、ステレオカメラ×AIは相性抜群
SUBARUは、2020年12月に東京の渋谷に開設したAI開発拠点「SUBARU Lab」におけるADAS「EyeSight(アイサイト)」の進化に向けた取り組みとAMDとの協業について説明した。(2024/4/22)

電動化:
「ラボなら良品率100%」、全固体電池の量産へ着実に進む日産
日産自動車は横浜工場に建設中の全固体電池のパイロット生産ラインを公開した。2024年度中の稼働を目指す。(2024/4/19)

「Neuronix AI Labs」と「VSI」:
Microchipが企業買収を相次ぎ発表、AIや車載ネットワーク技術で
Microchipは、ニューラルネットワークのスパース最適化技術を提供する「Neuronix AI Labs」および、車載ネットワークのオープンスタンダード「ASA Motion Link(ASA-ML)」仕様に準拠した製品などで強みを持つ「VSI」を買収した。(2024/4/18)

Google、Gemini採用の動画生成ツール「Vids」を6月にWorkspace Labsで
Googleは、生成AI「Gemini」採用の“仕事用”動画生成アプリ「Google Vids」を発表した。Workspaceに追加の見込みで、6月にWorkspace Labsでリリースする計画だ。(2024/4/10)

不動産DXのいまを知る:
物件情報の作成、AIがサポート アットホームが挑む不動産DXの現在地
新連載「不動産DXのいまを知る」では、アットホームラボ代表取締役社長の大武義隆氏が、不動産業界のDX推進において活用するAI技術や先端技術との親和性、活用方法やその効果、将来性などについて解説する。(2024/4/4)

組み込み開発ニュース:
「Matter」対応製品開発でアクセルラボと美和ロックが協業
アクセルラボは、スマートホームの共通規格「Matter」の対応製品開発に向け、美和ロックと協業を開始した。両社の知見や技術に基づく製品開発により、導入しやすく利便性の高いスマートホームの普及を目指す。(2024/3/26)

Google、FitbitアプリにGeminiベースの対話型アドバイスAI搭載へ
Googleは、傘下のFitbitのモバイルアプリに生成AI「Gemini」ベースの対話型アドバイスAIを搭載すると発表した。まずは一部のFitbit Premiumユーザーにラボ機能として今年後半に提供を開始する。睡眠とワークアウトのバランスなどについてアドバイスしてくれる。(2024/3/21)

思った以上に進化していたHPの「3Dプリンタ」 その生まれ故郷「HP Parts Manufacturing Labs」を見学してきた
世界的なプリンタメーカーでもあるHPは、大企業や工場で使う産業用に特化する形で3Dプリンタにも注力している。スペイン・バルセロナにある3Dプリンタの研究/開発拠点「HP Parts Manufacturing Labs」を見学する機会を得たので、その模様をお伝えする。(2024/3/19)

FAニュース:
Mech-Mindが製造や物流現場向け自動化展示施設、検査測定用途の新製品も
Mech-Mindはショールームやトレーニングセンターの機能を備えた「Mech-Lab」を開設。さらに今後投入を予定している新しい製品や機能を発表した。(2024/3/18)

今日のリサーチ:
α世代親子の4割以上が1日の会話時間「1時間未満」――α世代ラボ調査
「α世代と社会・企業をつなぐ」をコンセプトにα世代の研究・情報発信を行うα世代ラボが、「α世代の親子関係・将来観に関する調査」を実施しました。(2024/3/16)

床が鏡面のアート「下着を見に人が集まっている」投稿拡散 チームラボの展示で盗撮騒動
過去には警察へ引き渡しも。(2024/3/15)

セキュリティニュースアラート:
検索結果上位でも信じるな Notepad++の偽広告でマルウェア感染の事例を確認
Kaspersky Labは「Notepad++」と「VNote」を悪用したマルバタイジングキャンペーンを発見した。検索エンジンの上位にある広告からユーザーを偽のWebサイトに誘導し、マルウェアをインストールさせる。(2024/3/15)

FAニュース:
新事業ブランドと技術開発拠点で従来の枠組みを超えた“その手があったか”発見へ
RYODENはコア技術や新技術の開発、応用実証などを行う「RYODEN-Lab.」の開設および新たに事業ブランド「RYODEN Tii!」を策定したことを発表した。(2024/2/28)

CES 2024レポート:
「CES 2024」に見る、スマートホームの最新事情と未来予測
米国ラスベガスで開催された「CES 2024」では、スペースが大幅な増床となったスマートホーム関連の展示が注目を集めた。本稿では、国内スマートホーム関連スタートアップの雄であるアクセルラボ CTOの青木継孝氏による、スマートホーム関連の展示を中心としたCES 2024のレポートをお送りする。(2024/2/27)

金属3Dプリンタ:
中国BLTの金属3Dプリンタ導入、オリックス・レンテックの体験拠点がリニューアル
オリックス・レンテックは東京技術センター内にリニューアルオープンした金属3Dプリンタの体験拠点「Tokyo 3D Lab.」を報道陣に公開した。(2024/2/14)

外国人に人気の商業施設ランキング 京都「錦市場」が支持された要因は?
インバウンド総合メディア「訪日ラボ」を運営するmovが、口コミデータを基に外国人人気が高い商業施設を調査した。(2024/2/9)

外国人に人気の寺院 「金閣寺」「清水寺」を抑えた1位は?
インバウンド総合メディア「訪日ラボ」を運営するmovは、観光名所に寄せられた口コミデータをもとにした「インバウンド人気観光地ランキング寺院編」を発表した。1位は東京都の「浅草寺」だった。(2024/2/8)

外国人に人気の美術館・博物館 「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」を抑えた1位は?
インバウンド総合メディア「訪日ラボ」を運営するmovが、口コミデータを基にインバウンド人気の高い美術館・博物館を調査した。(2024/2/7)

Innovative Tech:
中国のネット監視・検閲「グレートファイアウォール」を個人で再現 オープンソース「OpenGFW」公開中
米国の研究機関であるAperture Internet Laboratoryは、Linuxで動作する中国のインターネット検閲システム「グレートファイアウォール」をオープンソースで実装したシステム「OpenGFW」を発表した。(2024/2/6)

Google、「Imagen 2」ベースの画像生成AIツール「ImageFX」をLabsでリリース
Googleは、生成AI画像モデル「Imagen 2」ベースの画像生成ツール「ImageFX」をリリースした。「DALL・E 3」や「Microsoft Designer」のようなツールだが、「expressive chip」が使えるという特徴がある。(2024/2/2)

製造工程の最適化などにも適用可能:
量子アニーリングマシンとMLを活用、新規化学材料の組成発見
東北大学の研究グループとLG Japan Labは、量子アニーリングマシンとベイズ的最適化と呼ばれる機械学習(ML)技術を連係し、これまで未探索であった目標特性値を持つ新規化学材料を発見した。今回の研究成果は、製造工程の最適化や生物分野などにも適用できるという。(2024/2/1)

外国人に人気がある首都圏の観光地 「東京スカイツリー」を抑えた1位は?
調査は訪日ラボが独自に選出した首都圏エリア4県の観光名所400カ所を対象に、口コミ総数7645件を分析した。(2024/1/29)

Innovative Tech:
道路標識に「人に見えないレーザー」照射 自動運転車を欺く攻撃 米国と日本の研究者らが発表
米カリフォルニア大学アーバイン校、米フロリダ大学、米Toyota InfoTech Labs、電気通信大学に所属する研究者らは、赤外線レーザーを用いて交通標識にスポット光を照射し、自動運転車の認識システムを誤認させる攻撃を提案した研究報告を発表した。(2024/1/25)

デジタルツイン:
インフラ構造物の“全自動3Dモデル化技術“確立へ、国交省補助事業に採択 維持管理を効率化目指す
DataLabs(データラボ)は、コア技術である点群データの自動モデリング技術を活用し、インフラ構造物の維持管理で全自動3Dモデル化の社会実装に乗り出した。2027年度までに3Dモデルの標準化を整備するとともに、3D化システムの外販も視野に入れる。(2024/1/17)

マテリアルズインフォマティクス:
材料開発プラットフォームにAIによる物性予測機能を新たに搭載
アイデミーは、材料開発プラットフォーム「Lab Bank」にAIを使った物性予測機能を新たに搭載し、2024年1月中旬にリリースする。実験のトライアル回数を削減することで、研究現場の生産性向上やDX促進に寄与する。(2024/1/15)

製造業×生成AI インタビュー:
“超高速”でアイデアを具体化 DNPが「生成AIラボ」で目指す共創活動
生成AIに関心を示し、自社サービスや業務への導入を検討する製造業は多い。だが、生成AIで何かできるのか、どういったサービスを作れるのかをイメージし、具体化していく仕組みが社内にあるだろうか。そのための仕掛けとして、東京都内に生成AIの共創施設をオープンしたDNPの和田剛氏と大竹宏之氏に話を聞いた。(2024/1/11)

Google系列のAI創薬企業Isomorphic Labs、Eli LillyおよびNovartisと提携
DeepMindからスピンアウトしたAI創薬企業Isomorphic Labsは、製薬大手のEli LillyおよびNovartisとの戦略的提携を発表した。AI活用の新薬開発に取り組む。(2024/1/8)

セキュリティニュースアラート:
iOSを狙う新たなサイバー攻撃「Operation Triangulation」、未知のハードウェア機能を悪用
Kaspersky LabはiPhoneを標的とした「Operation Triangulation」というサイバー攻撃について情報を公開した。この攻撃はiOS 16.2までを対象としており、未知のハードウェア機能を使っている点が注目される。(2024/1/5)

外国人に人気の中国・四国の観光地 「原爆ドーム」を抑えた1位は?
インバウンド総合メディア「訪日ラボ」を運営するmovは、観光名所に寄せられた口コミデータをもとにした「インバウンド人気観光地ランキング中国・四国編」を発表した。(2024/1/6)

3.xDチップレット技術の研究開発:
Samsungが横浜市に次世代パッケージング技術の研究拠点を設置へ
Samsung Electronicsが、横浜市の「みなとみらい21地区」に、半導体の次世代パッケージング技術の研究拠点「アドバンスド・パッケージ・ラボ」を新設する。2024年度の開設を予定している。(2023/12/21)

ソースネクスト、大会議室での利用にも対応する360度Webカメラ「Meeting Owl 3」を取り扱い
ソースネクストは、Owl Labs製となる360度撮影に対応したWebカメラ「Meeting Owl 3」の取り扱いを発表した。(2023/12/8)

Innovative Tech:
シャボン玉がレーザーに? 感度が良い圧力センサーとして機能 スロベニアの研究者らが検証
スロベニアのヨージェフ・ステファン研究所Humar Labに所属する研究者らは、せっけん泡(シャボン玉)を光学的な共振器として使用し、レーザー光を放出する技術を提案した研究報告を発表した。(2023/11/28)

「もう一度体が動くならDJをやりたい」:
デジタル世界でもう一度、ALS患者の体を動かせる仕組みを開発
もう一度体が動くならDJ(ディスクジョッキー)をやりたい――。1人のALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の願いをかなえるべく、Dentsu Lab Tokyo、NTT、WITH ALSは、筋肉を動かそうとする脳からの電気信号「筋電」を使って、デジタル世界で身体性を取り戻す仕組みを開発した。(2023/11/16)

安全システム:
日産自動車が取り組む「社会をデザインする交通安全活動」とは
日産自動車の長谷川哲男氏が「交通安全未来創造ラボ〜社会をデザインする交通安全活動〜」をテーマに行った講演の模様を紹介する。(2023/10/31)

セキュリティニュースアラート:
100万人以上を危険にさらしたマルウェア「StripedFly」 Kaspersky Labが分析結果を発表
Kaspersky Labは「StripedFly」という高度で多機能なマルウェアに関する分析結果を公表した。100万人以上が影響を受けている。(2023/10/29)

LINEのフォント変更機能が終了 デフォルトのフォントに切り替わり、嘆く声や「変えられるの知らなかった」の声
「LINEラボ」のiOS版で提供されていた「カスタムフォント機能」が終了。(2023/10/24)

製造マネジメントニュース:
マイクロソフトが神戸市に世界で6拠点目となるAI共創拠点を設立、国内では初
米国Microsoftは、兵庫県神戸市に世界で6つ目、国内では初となるAIについての共創拠点「Microsoft AI Co-Innovation Lab」を開設したことを発表した。(2023/10/12)

個人利用なら無料、「Docker Desktop」の代替をうたう:
macOS専用のコンテナ、Kubernetes管理プラットフォーム「OrbStack 1.0」公開
Orbital Labsは、Mac上でKubernetesやLinux VMが実行できる「OrbStack 1.0」を公開した。(2023/10/11)

サイバーエージェント、ゲームとアニメのAI研究機関を新設 各制作フローで生成AIの活用法探求
サイバーエージェントは、研究機関「ゲームAI Lab」と「アニメーションAI Lab」を新設すると発表した。(2023/10/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。