「IBM」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IBM」に関する情報が集まったページです。

CIO Dive:
IBMの直近の動きで見る「メインフレーム主力プレーヤー」の身の処し方
IBMは、SAPのサービス経由で新たなAIソリューションの提供を予定している。メインフレーム市場の縮小が見えている今、IBMはどう事業を成長させようとしているのか。(2024/6/14)

業務効率化の限界を超える:
PR:AIは人材不足の解決策になり得るか IBMが考える業務のあるべき姿
人材不足の解決策としてAI技術への期待が高まっている。「AIアシスタント」が業務プロセスを自動処理し、次のアクションを提案してくれるような未来はすぐそこまで来ている。熟練者がタスクに忙殺される状態を抜本的に解決する秘策は。(2024/6/11)

人工知能ニュース:
IBMがAI/データプラットフォーム「watsonx」をアップデート
IBMは、AI/データプラットフォーム「watsonx」のアップデートと、AI向けに設計したデータおよびオートメーション機能を発表した。LLM(大規模言語モデル)を含む言語とコード用モデル「Granite」をオープンソースとして公開している。(2024/6/5)

NEDOの支援の枠組みで:
RapidusとIBM、2nm世代半導体のチップレットパッケージ技術で協業へ
RapidusとIBMは2024年6月4日、2nm世代半導体のチップレットパッケージ量産技術確立に向けたパートナーシップを締結したことを発表した。RapidusはIBMから高性能半導体向けのパッケージ技術の提供を受け、技術確立の協業を進める。(2024/6/5)

製造マネジメントニュース:
RapidusとIBMが2nm世代半導体のチップレットパッケージ技術の確立で協業
RapidusとIBMは、2nm世代半導体のチップレットパッケージ量産技術確立に向けたパートナーシップを締結した。(2024/6/5)

“AI人材の獲得”を巡るベンダーの思惑
Google、IBMなどが「約1億人のリスキリング」を掲げる団体結成 その本当の狙い
AI技術の普及で生じた雇用喪失に対抗するため、CiscoやGoogleをはじめとしたIT大手9社がコンソーシアムを設立した。その内容は労働者のスキルアップに寄与するものだが、専門家は課題を指摘する。(2024/6/5)

PR:優秀過ぎた「IBM i」 ただ基盤移行するのはもったいない 利点を残してモダナイズするコツは?
1988年の発売以降、企業の情報基盤を支え続けている「IBM i」は、互換性の高さや手軽さ、安定感などに優れている。モダナイズの際にただシステムを別の基盤に移し替えるだけではもったいない。メリットを最大化しつつ課題を解決するにはどうすべきか。(2024/6/4)

日本IBMら4社、大阪・関西万博で視覚障がい者向けナビゲーションロボットの実証実験を計画
アルプスアルパイン、オムロン、清水建設、日本アイ・ビー・エムの4社は、2025年の大阪・関西万博の会場内で、視覚障がい者向けナビゲーションロボット「AIスーツケース」の実証実験に取り組むことを発表した。(2024/5/31)

日本IBM、国内のAWS特化SIerを買収 狙いは
日本IBMは5月29日、AWSなどでのシステム開発を手掛けるスカイアーチネットワークス(東京都港区)の買収に向けた最終契約を締結したと発表した。これにより、スカイアーチネットワークスやそのグループ会社の一部が日本IBMの子会社となる。(2024/5/29)

DXの第一歩
レガシーシステムの可視化と刷新、運用を無理なく進めるために必要なこと
「IBM i」などのレガシーシステムの刷新を検討する際、システムのモダナイゼーション以前に解決すべき課題がある。それは何か。専門家が解決策とセットで語った。(2024/5/29)

Python、JavaScript、Java、Go、C++、Rustなど主要なプログラミング言語に対応:
IBM、生成AIモデル「Granite」ファミリーをオープンソース化 116のプログラミング言語に対応するモデルを公開
IBMは、同社が開発した生成AIモデル「Granite」において、Granite CodeモデルとGranite Code Instructモデルの2つをオープンソース化した。コード生成、バグ修正、コードの説明など、さまざまなプログラミングタスクに特化したモデルだという。(2024/5/28)

Cybersecurity Dive:
生成AIの悪用が本格化する具体的なタイミングはいつか? IBMが指摘
研究者たちは「AIによって設計されたサイバー攻撃はまだ確認されていないが、サイバーセキュリティ市場でAIシステムが注目を集めるのは時間の問題だ」と述べている。その具体的なタイミングはいつだろうか。(2024/5/25)

オープンソース、製品、エコシステムの革新を推進:
IBM、「watsonx」で企業のAI導入、活用を支援する一連の取り組みを発表
IBMは年次イベント「THINK」において、同社のAIおよびデータプラットフォーム「watsonx」によって企業におけるAI導入、活用の支援を推進する一連の取り組みを発表した。(2024/5/24)

セキュリティニュースアラート:
AI活用強化に向けてIBMがPalo Alto Networksと提携 SIEM製品にwatsonxを搭載
IBMはPalo Alto Networksと包括的なパートナーシップを結んだことを発表した。これによって、SIEM製品Cortex XSIAMにwatsonxを搭載するなど、AIを活用したセキュリティソリューションを強化する計画だ。(2024/5/22)

Weekly Memo:
IBMとMetaが「AI Alliance」を立ち上げ 生成AIの“第三勢力”になるかどうかを考察
IBMとMetaが立ち上げた「AI Alliance」は、OpenAIやMicrosoft、GoogleやAmazonが先行する生成AIを巡る勢力争いにおける「第三勢力」になり得るだろうか。記者会見の発言から考察する。(2024/5/20)

車載ソフトウェア:
ホンダとIBMが長期の共同研究、SDV向け半導体やソフトウェアが対象
ホンダはソフトウェアデファインドビークルの実現に向けて、次世代半導体やソフトウェア技術の長期共同研究開発でIBMと覚書を締結した。(2024/5/15)

ストレージシステムの所有、管理がよりシンプルで効率的に:
IBM、サブスクでフラッシュストレージ環境を提供する新プログラム「IBM Storage Assurance」を発表
IBMは新たなストレージサービスプログラムとなる「IBM Storage Assurance」を発表した。定期的なハードウェアとソフトウェアのアップグレードに加え、プレミアムレベルのエキスパートケアサポートをサブスクリプションで提供する。(2024/5/14)

Marketing Dive:
IBMが「巨大金魚鉢」で警告 生成AIがマーケターにもたらすリスクとは?
IBMが、ラスベガスの球体型アリーナ「Sphere」を、奇妙な魚が泳ぐ金魚鉢に変えた。テクノロジーや広告の世界で旋風を巻き起こしている生成AIをマーケターがより幅広く試し始めた今、ネガティブな影響を予防するために何が可能かを実証するためだ。(2024/5/13)

メインフレームが誕生60周年 クラウド時代でも廃れない納得の理由
クラウドが台頭する昨今でも、メインフレームはさまざまな業界でなくてはならない存在だ。IBMは時代に合わせてどのようにメインフレームを進化させてきたのだろうか。(2024/5/13)

IBMが生成AIモデル「Granite」をオープンソース化 日本語対応の予定は?
IBMはGraniteをオープンソース化し、それに合わせてRed HatはInstructLabを立ち上げた。このツールはGraniteを活用して生成AIの開発やトレーニングを支援するもので、今後の生成AIエコシステムに大きな影響を与える可能性がある。(2024/5/10)

イオンリテールの“AI値引き”適用商品拡大 導入の成果は?
イオンリテールは日本IBMと共同開発した“AI値引き”システムと“AI需要予測・発注”システムの適用範囲拡大を発表した。導入のメリットは何だろうか。(2024/5/9)

Red Hat Summit 2024:
Red Hatが誰でもLLM開発に貢献できるオープンソースプロジェクト、「InstructLab」を発表
Red HatがオープンソースLLMをさらにオープンソース化するプロジェクト、「InstructLab」を開始した。誰でもLLM開発に参加することができ、「生成AIの未来をともに形作れる」と訴えている。まずIBM Researchの「Granite」モデルなどから始める。(2024/5/8)

インフラ環境を包括的に支援:
IBMがHashiCorpを64億ドルで買収、2024年末までに完了予定
IBMとHashiCorpは、IBMがHashiCorpを買収することで合意した。IBMは「この買収は、顧客にとって最も変革的なテクノロジーであるハイブリッドクラウドとAIにIBMが深く注力し、投資を継続していることを示すものだ」としている。(2024/4/26)

幻の「MT-DOS(β)」も公開:
Microsoftが「MS-DOS 4.0」をオープンソース化 IBMの協力で
Microsoftが、IBM PC向けの「MS-DOS 4.0」をGitHub上で公開した。ある研究者がMicrosoftでCTOを務めた人物が持つソフトウェアコレクションについて問い合わせたことが、そのきっかけとなったという。(2024/4/26)

IT産業のトレンドリーダーに聞く!:
「社長室と役員室はなくしました」 価値共創領域に挑戦する日本IBM 山口社長のこだわり
ポストコロナ時代に入り、業界を取り巻く環境の変化スピードが、1段上がった。そのような中で、IT企業はどのようなかじ取りをしていくのだろうか。各社の責任者に話を聞いた。大河原克行氏による経営者インタビュー連載の日本IBM 後編をお届けする。(2024/4/24)

IT産業のトレンドリーダーに聞く!:
「IBMはテクノロジーカンパニーだ」 日本IBMが5つの「価値共創領域」にこだわるワケ
不安定な世界情勢が続く中で、物価高や継続する円安と業界を取り巻く環境は刻一刻と変化している。そのような中で、IT企業はどのようなかじ取りをしていくのだろうか。大河原克行氏によるインタビュー連載の第12回は、日本IBMの山口明夫社長だ。(2024/4/23)

リアルタイムOS列伝(45):
IBMのメインフレーム向け実験OSが源流の「CapROS」はディスクレスで動作する
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第45回は、IBMのメインフレームであるSystem/370向けに開発された「GNOSIS」を源流に持つ「CapROS」について紹介する。(2024/4/9)

今後需要が増大するメインフレーム人材を教育:
IBM、メインフレームの新世代人材を育成する「メインフレームスキル協議会」を発足
IBMはメインフレームスキル協議会の発足を発表した。メインフレームスキル協議会は、メインフレームプラットフォーム向けのグローバル人材を育成するための組織だ。本記事では同協議会の概要を紹介する。(2024/3/27)

宇宙物理学、惑星科学、地球科学、太陽物理学、生物物理科学に対応:
IBMとNASA、科学分野の専門用語に対応する言語モデルを構築 Hugging Faceで公開
IBMとNASAは、宇宙物理学、惑星科学、地球科学、太陽物理学、生物物理科学に関する文献を学習させた言語モデルを、Hugging Faceで公開した。(2024/3/18)

「より迅速かつ正確に検知し、対応できるよう支援する」:
AIを活用し、異常を高速検知できるフラッシュストレージ製品を発表 IBM
日本IBMは、「IBM FlashCore モジュール」と「IBM Storage Defender」の新バージョンを発表した。「AI機能を強化して、ランサムウェアやその他のサイバー攻撃を検知し、対応できるようにした」としている。(2024/3/4)

AI基盤モデル「Granite」に日本語版登場 日本IBMが提供 ビジネス活用に特化、RAGなどの利用を想定
日本アイ・ビー・エムは、AI基盤モデル「Granite」日本語版の提供を始めると発表した。IBMが独自開発した基盤モデルのGraniteモデルシリーズの一つで、日本語に特化した性能を持つ。(2024/2/27)

コスト削減にも強み:
「IBM LinuxONE」の新モデル「IBM LinuxONE 4 Express」が登場 幅広いAIニーズに対応
IBMはLinuxサーバ「IBM LinuxONE」の新モデル「IBM LinuxONE 4 Express」を発表した。IBM LinuxONE 4 Expressは、ハイブリッドクラウド環境にサイバーセキュリティ、レジリエンス、拡張性、AI推論を提供できるよう設計されている。(2024/2/26)

生成AIの台頭を考慮し:
IBMが「AIスパコン」をアップグレード
生成AI(人工知能)の台頭を考慮し、IBMが「AIスーパーコンピュータ(AIスパコン)」をアップグレードした。GPU間の通信の遅延を低減する技術などが導入されている。(2024/2/22)

「ポスト量子暗号アライアンス」をAWS、Google、NVIDIA、Cisco、IBMらが設立 ポスト量子暗号の採用を促進
AWS、Google、NVIDIA、Cisco、IBMをプレミアメンバーとする「Post-Quantum Cryptography Alliance」(ポスト量子暗号アライアンス)がLinux Foundation傘下で設立された。(2024/2/16)

セキュリティニュースアラート:
ISC2とIBMがセキュリティ専門家育成に向けたトレーニングコースを提供
ISC2とIBMがサイバーセキュリティスペシャリスト・プロフェッショナル認定コースを開始した。4カ月間の初級レベルトレーニングコースを提供し、サイバーセキュリティのキャリア構築を目指す人に教育を提供する。(2024/2/16)

マルチモーダルAI、小規模言語モデル、シャドーAIなど:
IBM、2024年に注目すべき9つのAIトレンドを解説
IBMは、2024年に注目すべき最も重要な9つのAIトレンドを公式ブログで解説した。(2024/2/16)

排気温度からAIで消費電力を推定:
AIを活用したデータセンター運用高度化ソリューション NTTコムウェアと日本IBMが“共創”開始
NTTコムウェアと日本IBMは、IT機器ごとの消費電力とCO2可視化の実証実験の結果を発表した。「サーバ機器の排気温度から消費電力をAIで推定し、CO2排出量を算出できること確認した」という。(2024/2/14)

次世代半導体の量産に向け:
トッパンフォトマスクとIBM、2nm向けEUVフォトマスクを共同開発へ
トッパンフォトマスクとIBMは、IBMの2nmロジック半導体プロセスノードに対応する「EUVフォトマスク」を共同開発する。契約期間は2024年2月より5年間。両社はアルバニー・ナノテク・コンプレックスの研究所(米国ニューヨーク州)と、トッパンフォトマスクの朝霞工場(埼玉県新座市)で研究開発を行う。(2024/2/8)

脱炭素:
工場またぐ熱利用の最適化目指す「HaaS」 IHIと日本IBM、北九州市が連携
IHIと日本アイ・ビー・エム、北九州市は、工場や企業における熱利用のマネジメントを通じた、北九州地域でのGX推進に関する連携協定を締結した。熱利用を最適化するマネジメントサービス「HaaS」の実証実験や事業化に向けた取り組みを進める。(2024/1/30)

英語と日本語に対応:
IBM、「大規模音声モデル(LSM)」のクローズドβ版を公開
IBMは、大規模言語モデル(LLM)を音声ベースの会話に応用した「大規模音声モデル(LSM)」のクローズドβ版を公開した。(2024/1/25)

「積極的に導入、検討する」企業が世界中で4割まで増加:
大企業でのAI導入、用途の2位は「セキュリティと脅威検出」1位は?
IBMは、世界20カ国の企業におけるAIの導入状況に関する調査結果を発表した。(2024/1/15)

社員がリスキリングしてくれない IBM、キリン……成功企業はどうしているのか
リスキリング教材を用意したのに、社員が活用してくれない。そんな悩みを抱える企業が多いようだ。社員が積極的にリスキリングに取り組み、効果を上げるためにはどんな工夫が必要なのだろうか――?(2024/1/23)

製造IT導入事例:
住友精化が基幹業務システムを「RISE with SAP」に刷新
住友精化は基幹業務システムを「SAP S/4HANA Cloud」を中心としたクラウドオファリング「RISE with SAP」へ刷新した。日本IBMが移行を支援した。(2023/12/20)

日本IBMとNTTデータがAI活用で協業 保険業界に“デジタル従業員”提供
日本アイ・ビー・エムとNTTデータが、保険業界に向け、従業員の生産性を向上するAIを共同開発する。NTTデータが持つ保険業界向けのノウハウと、IBMのAI技術「IBM watsonx Orchestrate」を活用し、“デジタル従業員”ソリューションを提供するとしている。(2023/12/14)

MySQL、Oracle Databaseなどに続きIBM Db2も利用可能に:
「Amazon RDS for Db2」提供開始 IBM Db2ユーザーもAmazon RDSでのデータベース構築が可能に
AWSはAmazon RDS for Db2の提供開始を発表した。これまでにMySQL、Oracle Databaseなどのリレーショナルデータベース管理システムによりAWS上でデータベースサーバの構築が可能だったが、ここに新しくIBM Db2が加わった。(2023/12/12)

50以上の企業、スタートアップ、大学、研究機関、政府機関などが参加:
MetaやIBMなど50以上の組織が、オープンかつ安全で責任あるAIを推進する「AI Alliance」を創設
MetaやIBMなど50以上の組織が共同で、オープン、安全で責任あるAIを推進する「AI Alliance」を立ち上げた。(2023/12/8)

住友精化が基幹業務システムを「RISE with SAP」へ移行
住友精化が日本IBMとSAPジャパンの支援の下、基幹業務システムを「RISE with SAP」へ移行した。(2023/12/6)

IBMとMeta、50以上の組織と「AI Alliance」結成 OpenAI、Microsoft、Googleは参加せず
IBMとMetaが中心となり、50以上の組織が参加する“オープンで安全で責任あるAI”推進団体「AI Alliance」が結成された。日本からもソニーや東京大学が参加している。Microsoft、OpenAI、Google、Anthropic、Amazonは不参加だ。(2023/12/5)

IBMが次世代量子プロセッサ「IBM Quantum Heron」を発表
IBMは、新型アーキテクチャを採用した次世代型量子プロセッサ「IBM Quantum Heron」の発表を行った。(2023/12/5)

将来のAI規制への対策も視野に:
「生成AIのガバナンス」を確保するツールセット IBMが提供開始
日本IBMは「watsonx.governance」の提供を2023年12月1日に開始した。watsonx.governanceを使うことで、どういったLLMであってもモデルを管理、監視、統制することが可能になるという。(2023/12/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。