• 関連の記事

「求人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「求人」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

XRやVTuber特化の求人サイト「Mogura VR Job」 メタバース関連の採用が活発化
VR・AR関連ニュースサイト「Mogura VR」を運営するMoguraは、XRやメタバース、VTuber分野に特化した求人情報サイト「Mogura VR Job」をオープンした。(2022/8/1)

学情調べ:
求人情報でくわしく知りたいこと 2位「雰囲気、メンバーの人柄」、1位は?
学情(東京都千代田区)は、20代の仕事観をひも解くため「求人での情報収集」について、アンケート調査を実施した。その結果、同じ20代でも就業経験の有無や経験年数によって、くわしく知りたいと思う情報は異なることがわかった。応募する企業の雰囲気を知るために活用したいものは、「動画」が47.6%で最多となった。(2022/7/27)

セキュリティ人材を求める企業から送られた求人票が“ウイルス付き” 専門家が受け取った「ある意味最高のノベルティ」のお話
送ってきた会社、入ったら苦労しそう。(2022/7/23)

キャリアニュース:
2022年下半期の転職市場、全14分野のうち13分野で求人増加と予測
転職サービス「doda」が「転職市場予測2022下半期」を発表。全14分野のうち13分野で求人が増加する見込みで、特にIT化、DX推進を担える人材の需要が高まっている。(2022/7/21)

採用競争に勝つ! ダイレクトリクルーティング:
「求人に応募がない」なら、人事自ら採りにいく 採用競争時代のダイレクトリクルーティング入門
近年注目度が上がっている攻めの採用手法「ダイレクトリクルーティング」。メリット・デメリットのほか、どんな企業において効果的なのか解説します。(2022/7/14)

8割超が「前向きに検討」:
「リモートワーク可の求人」はコロナ禍前の11倍超に 首都圏在住のまま地方就職も
転職サイト「ビズリーチ」における「勤務地を問わない新規求人」がコロナ禍前と比べ11.3倍に増えたと、運営するビズリーチ(東京都渋谷区)が発表した。増加率が鈍化していることから、コロナ禍を経て「リモートワーク可」が新たな求人の特徴として定着しつつあることが分かる。(2022/7/7)

枠内に収める理由:
配偶者控除はどうしたらいい? 「見直すべき」6割
求人サイトを運営するビースタイル メディアは登録者に対し、「配偶者控除」をテーマとしたアンケート調査を実施した。その結果……。(2022/7/5)

キャリアニュース:
「転勤は退職のきっかけになる」と64%が回答
総合求人サイト「エン転職」が「転勤」についてのアンケート調査結果を発表した。「転勤は退職のきっかけになる」と64%が回答し、2019年の同調査より5ポイント増加した。コロナ禍の転勤で特に苦労したことの1位は「人間関係の構築」だった。(2022/7/1)

Teslaの「テレワーク廃止」宣言が求人に及ぼす影響は【前編】
マスク氏「テレワーク禁止令」衝撃の中身 週40時間出社しない社員は……
TeslaのCEOイーロン・マスク氏は従業員に対して、今後はテレワークを認めない方針を示した。自社Webサイトのキャリアページに掲載していたテレワーク求人も現在はなくなっている。決断の影響は。(2022/6/29)

なにもしない:
「ハラスメントを受けた」医師56%、具体的には?
職場で「ハラスメントを受けた」ことがある医師は、どのくらいいるのだろうか。求人サイトに登録している医師に聞いた。(2022/6/19)

人材多様性を高める求人票「4つのヒント」【第4回】
「多様性のある人材採用」を口先だけにしないために“本当に大切なこと”
多様性のある採用を目指すときに大切なポイントは幾つかある。求人票の書き方のポイントと共に、採用を通して職場のDEIを実現するために本当に大切なことは何かを探る。(2022/6/16)

「勤務地を問わない」求人、コロナ禍前と比べ11.3倍に IT企業のエンジニア職で増加
勤務地を問わない新規求人数がコロナ禍前と比べ11.3倍に上昇した──転職サイトを運営するビズリーチは、こんな調査結果を発表した。2019年10〜12月と22年1〜3月の同サービス上に掲載する求人数を比較したところ、このような結果を得られたという。(2022/6/15)

半導体増強 エンジニア争奪過熱続く 各社、即戦力求め 9年で求人10倍超に
半導体エンジニアの獲得競争が一段と激しくなっている。世界的な半導体需要の高まりを背景に、国内工場の生産能力増強が計画されており、企業が増産対応や開発力強化で即戦力となる人材を確保しようと経験者の中途採用を急いでいるためだ。(2022/6/7)

半導体増強 エンジニア争奪過熱続く 各社、即戦力求め 9年で求人10倍超に
半導体エンジニアの獲得競争が一段と激しくなっている。世界的な半導体需要の高まりを背景に、日本が強みを持つ「フラッシュメモリー」や「パワー半導体」などで国内工場の生産能力増強が計画されており、企業が増産対応や開発力強化で即戦力となる人材を確保しようと経験者の中途採用を急いでいるためだ。令和3年度の求人数は2年度に比べ70%以上増加しており、こうした状況は今後も続くと予想されている。(2022/6/6)

オリコン顧客満足度調査:
満足度の高い「転職サイト」ランキング2022 3位「マイナビ転職」、2位「doda」、1位は?
oricon ME(東京都港区)が「転職サイト」「転職スカウトサービス」「派遣情報サイト」「求人情報サービス」について満足度調査を実施した。(2022/6/3)

人材多様性を高める求人票「4つのヒント」【第3回】
「あるとよい」要件ばかりの“てんこ盛り求人票”はなぜ駄目か
多様な求職者に応募してもらうために企業がやりがちな悪手は、必須ではないスキルを“念のため”求人票に書いてしまうことだ。求人票に記載する職務要件を最小限に絞り込むことは、なぜ重要なのか。(2022/6/2)

iPadを背負って渋谷を歩くアルバイト「Stchar !」 動画広告を見せて報酬
AdTech系スタートアップ企業のワナ・テクノロジーズは、街中を歩く人の背中にiPadを取り付け、動画広告を流すサービス「Stchar !」(ストチャー!)を6月4日に始める。併せて「歩くだけで報酬を得られる」として求人も始めた。(2022/5/31)

マイナビ、メディアの原稿作成を自動化 東大発ベンチャーELYZAのAIを活用
マイナビは自社のメディアで、原稿を自動生成する実証実験を行うと発表した。東京大学・松尾豊研究室発のAIベンチャーELYZAが開発したAIを使い、求人原稿などの草案を自動作成する。(2022/5/30)

人材多様性を高める求人票「4つのヒント」【第2回】
「エキスパート求む」と求人票に書いても“真のエキスパート”を雇えない理由
求人票は、“未来の従業員”との最初の接点だ。職場に人材の多様性を持たせたいと考えていても、求人票に“ある言葉”を使うことで意図せず一部の人材を遠ざけてしまう可能性がある。気を付けるべき表現とは。(2022/5/26)

主婦1400人にアンケート:
ベビーシッターの仕事、主婦の4割が「興味あり」 トラブルへの懸念7割に
ビースタイルメディアは、運営する求人サイト「しゅふJOB」で、家事代行・ベビーシッターの仕事について意識調査を実施した。その結果、主婦の約4割が、家事代行・ベビーシッターの仕事に興味があることが分かった。(2022/5/23)

人材多様性を高める求人票「4つのヒント」【第1回】
求人票で“ロックスター”を募集してはいけない納得の理由
求人を通じて人材の多様性を実現したい――。そう考える採用担当者にとって重要なのが、求人票の作成だ。求人票に盛り込んだ内容が、多様性の実現を遠ざけてしまう可能性があるという。どういうことなのか。(2022/5/19)

エン・ジャパン調べ:
バイト探しで困ること、20代の1位は「やりたいバイトが分からない」
エン・ジャパンが、運営する派遣型のアルバイトを集めた求人サイト「エンバイト」にて「バイト探しの困りごと」についてのアンケート調査を行った。(2022/5/16)

プロが指南 就活の極意 評判がよい就活アプリ
就職活動でアプリを使用するのは当たり前の時代。求人情報や選考情報の入手、それらを整理するツールは非常に便利で、効率的に進めている学生ほどアプリを有効活用している。(2022/5/13)

「初心者におすすめのプログラミング言語」ランキング 1位は「Java」 他言語の順位は?
NEXERは、運営するアンケートサイト「ボイスノート」の会員を対象に、「プログラミング言語に関するアンケート調査」実施した。その結果、初心者におすすめのプログラミング言語の第1位は「Java」であり、求人数の多さなどがおすすめの理由として挙がっていることが分かった。(2022/5/6)

また使いたい:
不採用で履歴書が返ってこない 「返して」の声
会社の求人に応募したものの、不採用になってしまった。このとき履歴書が返ってこないことがあるが、このことにどのように感じている人が多いのだろうか。(2022/4/27)

キャリアニュース:
「コロナ禍のテレワーク」調査、テレワーク経験者は2019年の約10倍に
総合求人サイト「エン転職」が「コロナ禍のテレワーク」についての調査結果を発表。「テレワーク経験者」は31%で、新型コロナウイルス感染症拡大前の2019年と比べて約10倍に増加した。テレワークのメリット1位は「通勤ストレスがない」だった。(2022/4/21)

就活に有効だと思える「ガクチカ」 2位は「インターンでの経験」、1位は?
大学生向けSNS「Dtto(ディット)」を運営するDttoは、長期インターンシップ求人サイト「ユアターン」を運営する東晶貿易と共同で「長期インターンシップと就職活動」に関するアンケート調査を実施した。就活に有効だと思えるガクチカは?(2022/4/8)

沖縄県内の小規模事業所で:
「無料」と聞いていたのに、利用規約に小さな文字 悪質な求人広告の“罠" 再び増加
インターネット上に無料で求人広告を出すと勧誘され、一定期間を過ぎると高額な料金を請求されるケースが沖縄県内の小規模事業所で相次いでいる。(2022/4/5)

妥協できない条件:
「派遣の求人が改善した」6割、具体的には?
エン・ジャパンは、「派遣の求人状況」に関するアンケート調査を実施した。派遣情報サイトを利用しているユーザーに聞いたところ……。(2022/3/23)

「omochi」で学んだこと:
「検索しない若者」のための求人サービス パーソルグループが挑んだユーザー視点の新規事業創造とは?
8種類のかわいいキャラクターを使った診断で自分に合ったアルバイトを探せるユニークな求人サービス「omochi」。若い世代のインサイトを起点にしたサービス創造の背景について、事業責任者に聞いた。(2022/3/11)

疲れた:
仕事のやる気がでないときは? 働く20代に聞いた
求人情報サイトを運営するビズヒッツは、働く20代を対象に「仕事のやる気が出ないときに関する意識調査」を実施sした。その結果……。(2022/3/6)

右肩上がり:
3年間で求人数が“12倍” なぜ今「インサイドセールス・カスタマーサクセス」が人気なのか
インサイドセールスやカスタマーサクセスの求人が、3年間で約12倍に増加している──パーソルキャリア(千代田区)が行った調査で、このような結果が出た。(2022/3/3)

今日のリサーチ:
「インサイドセールス」「カスタマーサクセス」 テレワーク可能な求人が3年で約4倍に――パーソルキャリア調査
COVID-19の影響もあって営業のスタイルはこの3年間で大きく変わったようです。(2022/3/2)

精神的なゆとり:
働きながら転職活動するメリットの1位は「収入が途切れない」、デメリットは?
求人情報サイトを運営するビズヒッツは、働きながら転職活動をしたことがある人を対象に「働きながらの転職活動に関する意識調査」を実施した。その結果……。(2022/2/25)

約7割が「転職後に後悔」:
求人情報で「怪しい」と感じたワード 3位「ノルマなし」、2位と1位は?
従業員向け研修などを展開する識学が、「中途採用に関する調査」を行った結果、転職後に「こんなはずではなかった」と感じている人が約7割いることが分かった。(2022/2/21)

500人に聞いた:
「人見知り」に向いてると思う仕事ランキング 2位は「データ入力」、1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツは、人見知りだと感じている男女に、「人見知りに向いてる仕事に関する意識調査」を実施した。人見知りな人に向いていると思う仕事の1位は「工場・製造」だった。(2022/2/17)

キャリアニュース:
50代対象の求人は増加傾向、「70歳雇用確保努力義務」は半数が対応進まず
「ミドルの転職」が「定年延長によるミドル・シニアの活用」についての調査結果を発表した。50代対象の求人が「増えている」と転職コンサルタントの43%が感じていたが、「70歳雇用確保努力義務」には、53%が「対応が進んでいない」と回答した。(2022/2/10)

「モバイルファースト」時代の人材不足解消術【後編】
“スマホ拒否企業”は有能人材を逃す? 「ギグワーカー採用はモバイル応募9割」の意味
業種によっては、求人者の9割近くがモバイルデバイス経由で応募するという。求人ページを「モバイルファースト」でデザインすることは人材不足の解決策になるのだろうか。(2022/2/10)

ITエンジニアの求人倍率は対前月比で17.8倍:
「Python」の求人倍率は53.1倍 レバテックが「正社員転職・フリーランス市場動向 2021年12月」を発表
レバテックは「正社員転職・フリーランス市場動向 2021年12月」を発表した。それによるとITエンジニアやクリエイターの正社員の求人倍率は対前月比で17.8倍となっており、特にPythonの求人倍率は53.1倍と高いことが分かった。(2022/2/2)

2年連続の悪化:
「観光業への就職をためらう動き」沖縄の求人倍率、21年平均は0.80倍で最下位
沖縄労働局は1日、2021年平均の県内の有効求人倍率は前年より0.10ポイント減となる0.80倍で、全国最下位だったと発表した。(2022/2/1)

転職コンサルタントに聞く:
50代の求人が増えている、その理由は?
エン・ジャパンは「定年延長によるミドル・シニアの活用」に関する調査を実施した。その結果、50代を対象とした求人は……。(2022/1/31)

「うちの会社には無理」と諦める前に:
DX人材獲得には「2つのコツ」が必要 ハイクラス人材が「ジョインしたくなる求人」とは?
「大企業で働いているようなハイレベルな人に、事業を手伝ってもらいたい」「自社にDX人材が欲しい」──副業人材市場は活発化している。しかしどうすれば、ハイレベルな副業人材を獲得できるのか?(2022/1/27)

就職人気から占う今後のIT業界:
2022年の転職市場、IT業界は採用再開の動き 「SIerなどで未経験者の採用枠も増加傾向」
2022年上半期の転職市場は転職者に追い風──。転職サービス「doda」を手掛けるパーソルキャリアが転職予測を発表。特にIT業界などではさまざまな領域で求人増が期待できるという。(2022/1/21)

離職した時期:
高卒者の退職理由は? 入社1年以内に辞めた人は45.9%
高校生向けの求人情報サイトを運営するジンジブは、高校卒業後に正社員として働いた人を対象に、早期離職とその後の再就職に関する調査を実施した。(2022/1/21)

調査で判明:
女性の「転職求人倍率」コロナ前の104.1%まで回復 求人数が右肩上がりの職種は?
キャリアデザインセンター(東京都港区)が女性の転職市場を調査したところ、転職求人倍率は21年12月時点でコロナ前(19年)の104.1%にまで回復していることが分かった。(2022/1/19)

月800万通のメールを削減
ディップの事例に学ぶSlack コネクト活用術 社内外コラボレーションの新たな形
求人情報サイト運営のディップは「Slack コネクト」を導入し、社内外のチームメンバーが集まって意見交換をするための場をオンラインに移行。導入までの道のりは。そして、どれだけの成果が得られたのか。(2022/1/11)

10の予測:
デジタルマーケターの求人ニーズはなお高い ヘイズが2022年の転職市場におけるトレンドを発表
外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが2022年の転職市場における10の求人トレンドを発表。(2021/12/23)

約200人に聞いた:
介護職から異職種への転職理由 「収入アップのため」を抑えて1位になったのは?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、介護職から転職した経験のある191人を対象として、転職理由に関する意識調査を実施した。転職理由の1位になったのは?(2021/12/4)

202人に聞いた:
看護師が転職した理由 3位は「夜勤がツライ」、2位と1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、転職経験のある看護師202人を対象に「転職理由に関する意識調査」を実施した。転職理由の上位にきたのは?(2021/12/3)

501人に聞いた:
「あったらうれしい福利厚生」ランキング 3位「旅行・レジャーの優待」、2位「特別休暇」、1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、働く男女501人を対象に「あったらうれしい福利厚生に関する意識調査」を実施した。1位になったのは?(2021/11/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。