• 関連の記事

「求人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「求人」に関する情報が集まったページです。

在宅勤務はもはや希少
「テレワーク社員」の募集が消える――その“根深い理由”
テレワークやハイブリッドワークはパンデミックを経て一般的な働き方となったが、それを前提とした求人が減少傾向にあるという。テレワークやハイブリッドワークの求人が減少している要因とは。(2024/7/24)

開発者のための「在宅ワーク詐欺対策ガイド」【前編】
フルリモート求人にだまされるな エンジニアを狙う「在宅ワーク詐欺」の実態
フルリモートで働きたいエンジニアを狙う詐欺の被害が広がっている。好条件のオファーを受け取っても、まずは落ち着いて“信頼できる話なのかどうか”を確認しよう。(2024/7/22)

バイトの遅刻・欠勤時の連絡方法 最も連絡しやすいと思う方法は?
エン・ジャパン(東京都新宿区)は、運営する求人サイト「エンバイト」のユーザーを対象に「遅刻・欠勤の伝え方」に関するアンケートを実施した。その結果、遅刻や欠勤の理由では「体調不良」が最も多く、遅刻・欠勤時に連絡しやすいと思う方法の1位は「電話」であることが分かった。(2024/7/19)

KADOKAWAグループ、セキュリティエンジニア募集中 最大年収800万円 「0→1を経験」
6月に受けたサイバー攻撃がネット上でさまざまな反響を呼んでいるKADOKAWAグループは7月3日現在、セキュリティエンジニア職の求人を求人サイトに掲載している。最大年収は800万円という。(2024/7/3)

ちょっとしたJavaの質問を深く考察する【前編】
「Java」の一見簡単そうな質問の“本当の答え”とは?
「Java」エンジニアが求人面接でJavaや「Eclipse IDE」に関する質問をされたとき、それまでの経験や知識だけで乗り切ることが正しい選択ではない場合がある。ある“奥深い問題”を例に考えてみよう。(2024/6/21)

AI:
生成AIで建設業向け求人原稿を自動作成 助太刀の新サービス
助太刀は、建設業に特化した求人サービス「助太刀社員」で、生成AIを用いた自動で求人原稿を作成する機能を導入した。4項目についての文章を自動生成するもので、追記や修正も可能となっている。(2024/6/19)

働き方をデザインする:
求人への応募は3倍に 愛知県の運輸会社が「年間1000万円」かける“本気の健康経営”
今年から始まった残業時間の規制により、ますます人手不足が深刻化する運輸業界。厳しい状況が続く中、愛知県瀬戸市の大橋運輸では県外からも求人に応募があり、6年連続で新卒も入社しているという。同社が選ばれる理由はどこにあるのか……。(2024/6/6)

デジタルマーケティング変革を人材で支える:
プリンシプル、デジタルマーケティング人材の採用支援サービスを開始
デジタルマーケティングを支援するプリンシプルは、デジタルマーケティング職の求人を実施している企業を対象に、人材採用を支援するサービスを開始した。(2024/6/5)

キャリアニュース:
転勤は「退職を考えるきっかけになる」と69%が回答
求人サイト「エンゲージ」が「転勤」についてのアンケート調査結果を発表した。転勤は退職を考えるきっかけになると69%が回答し、転勤の辞令を受けた人のうち、31%が退職を経験していた。(2024/5/16)

リクルート、スポットワークに特化した求人サービスを展開 2024年秋から提供開始へ
リクルートは5月13日、スポットワークに特化した求人サイトサービス「タウンワーク スキマ (仮称)」を2024年秋に開始すると発表した。求職者は日付や時間指定をすることで、スポットワークに特化した求人の閲覧・検索・応募ができる。(2024/5/14)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
求人票より低い給与提示はNG? 「やる気はあるがスキルが足りない人」を中途採用したいが……
「求人票に記載した給与よりも低い金額を提示するのは違法ですか?」──採用の過程で、やる気はあるがスキルがないという人からエントリーを受けることもある。給与を調整するのは問題なのか? 社労士が解説。(2024/5/13)

就活生25万人が利用:
逆求人の「OfferBox」はなぜ伸びているのか 人気の秘密は反「数打ちゃ当たる理論」
就職活動の日々を送る大学生も多いだろうが、学生はどのようなサービスを利用しているのか。その昔、学生が企業にエントリーして内定を得るという流れが多かったが、いまは違うようで……。(2024/5/13)

大学生の2割弱「SNSで怪しい求人勧誘受けた」 バイト選びに親が関与する割合も増加
SNSを通じてアルバイトを探した際に怪しい求人の勧誘を受けた大学生が16.6%いることが、就職やアルバイト情報の支援サービス事業などを行う「マイナビ」による「大学生アルバイト調査(2024年)」で分かった。(2024/5/5)

キャリアニュース:
物流企画関連求人が2014年比で17.49倍に増加、異職種からの転職も7倍に
リクルートが「物流業界の生産性向上」に関する求人と転職の動向調査の結果を発表した。2014年を1とすると、2023年の「物流企画関連求人」の数はで17.49倍に増加し、「異職種からの転職者」は7.60倍に増加していた。(2024/5/2)

タイミー、「アルムナイ機能」を実装 OB・OG向けの限定求人公開が可能に 働き手と事業者のメリットとは?
スキマバイトサービス「タイミー」を提供するタイミー(東京都港区)は4月23日、「アルムナイ機能」を新たに実装した。同機能により、対象の事業者で働いたことがあるOB・OGをグループ化し、限定の求人公開が可能となる。(2024/4/25)

「コンサルティングや人材サービスの不足感が続く」:
12業種中7業種の求人数が増加 パーソルキャリアが2024年3月の転職求人倍率レポートを公開
パーソルキャリアは「doda転職求人倍率」を発表した。2024年3月の転職求人倍率をまとめたもの。「コンサルティング」や「人材サービス」の求人倍率は8倍超えており、不足感が続いている状況だ。(2024/4/22)

スポットワークの「メルカリハロ」全国展開スタート 登録者の3人に1人が「会社員」
メルカリ(東京都港区)は4月16日、スポットワーク検索サービス「メルカリ ハロ」の全国展開を開始した。メルカリ ハロは3月6日から1都3県の求人掲載を開始し、1カ月で登録者数が250万人を突破した。(2024/4/18)

CIO Dive:
生成AIスキルの有無で稼ぎにどのくらい差が出る? AI時代の求人事情
2023年1月以降、生成AI関連のキーワードを含む求人が急増している。生成AIに対する企業の投資が増加する中、求職者は求める給与に応じたスキルセットを習得する必要がある。(2024/4/18)

2024年問題:
「建設テック求人は2018年比7.80倍と急増」リクルートが建設業界のIT人材動向調査
リクルートは、建設業界のデジタル化に関する求人や転職の動向について調査した。調査結果によると、2023年の建設業界のデジタル化関連求人は、2018年比で5.52倍に達した。(2024/4/8)

若手ほど高い意向:
参加したい社内イベント 「季節行事」「親睦会」を上回る1位は?
求人に応募した人のうち、勤め先で開催されるイベントに「参加してみたい」とした人は全体の59.6%に上ったことが、アイデム(新宿区新宿)による調査で明らかとなった。求人応募者が参加してみたい社内イベントの1位とは。(2024/4/8)

キャリアニュース:
2023年度の転職市場動向は「GX人材ニーズの多様化」「人材要件の詳細化」
リクルートは「2023年度 転職市場の動向」についての調査結果を発表した。GX人材へのニーズが多様化していること、求人の詳細化や明確化が人材採用に有効であることが分かった。(2024/3/22)

パーソルクロステクノロジー株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:ITエンジニアの採用を成功に導く鍵、「職種」と「スキル」の正しい基礎知識
深刻な人材不足が続いており、中でもITエンジニアの採用は、極めて困難な状況となっている。自社のニーズに合うITエンジニアの採用を成功に導くためには、その職種とスキルを正しく理解し、求人票作成などに生かす必要がある。(2024/3/21)

フリーランス向け求人が増えている職種 3位「データサイエンティスト」、2位「Webディレクター」、1位は?
フリーランス向けの求人が増えている職種は何か。また、その職種の平均年収はいくらか。CAMELORSが調査結果を発表した。(2024/2/16)

株式会社ジンジブ提供ホワイトペーパー:
PR:中途・大卒ではなく高卒採用に注力するあの企業、その採用戦略の理由は?
高卒人材に注目する企業は近年、急速に増えてきた。コロナ禍の直前までの7年間では、求人件数が約2倍になったほどだ。このように高卒採用が大きく注目されている理由はどこにあるのか、大卒や中途の人材採用と比較しつつ、その利点を解説する。(2024/2/2)

物流2024年問題、ドライバー職の求人件数増加 重要課題は「人材確保」
リクルートは「2024年問題」を抱える物流業界における求人件数と賃金の推移を発表した。2019年と比較するとドライバー職の求人件数は伸長しており、賃金も上昇傾向がみられた。(2024/2/1)

正社員「初年度の平均年収」はいくら?
マイナビは、2023年の「正社員の平均初年度年収推移レポート」と「正社員求人件数・応募数推移レポート」について総評を発表した。正社員の平均初年度年収は456.6万円で、2022年平均と比べ2.4万円増加した。(2024/1/30)

世界的に長期化する採用活動
だから良い人材を雇えない――採用活動が終わらない企業の特徴は?
企業が求人募集を開始してから候補者が入職するまでの期間が、世界的に長期化の傾向を示している。その原因は何か。採用プロセスにおいて改善すべき点はあるのか。(2024/1/26)

キャリアニュース:
リバウンド需要やDX拡大を背景に2024年上半期の転職市場は求人数が増加
転職サービス「doda」が「転職市場予測2024上半期」を発表した。2024年上半期は、求人数がコロナ禍の水準を上回る「リバウンド需要」を背景に、多くの分野で求人が増加すると見込まれる。(2024/1/18)

CFO Dive:
白熱するAI人材争奪戦 約5000万円の給与を支払う求人例も
AIスキルを持つ人材の雇用は多くの企業にとって優先事項だが、その大半は適切な候補者を見つけるのに苦労している。(2024/1/12)

バイトル、「闇バイトチェックAI」開発 サイト内に相談窓口も
「バイトル」などの求人情報サイトを運営するディップは10日、生成AIを活用した闇バイト検知ツール「闇バイトチェックAI」を発表した。(2024/1/10)

平均年収の高い「プログラミング言語」 3位「Scala」、2位「TypeScript」、1位は?
 転職時、求人票上で平均年収が高かったプログラミング言語は何か。paizaの調査によると「Go言語」の平均年収が710.5万円と最も高いことが分かった。(2023/12/28)

キャリアニュース:
「ゆるブラック企業」からの転職を76%が肯定
総合求人サイト「エン転職」が、「ブラック企業、ゆるブラック企業」についてのアンケート調査結果を発表した。仕事は楽だが成長できない「ゆるブラック企業」からの転職を76%が肯定した。(2023/12/28)

採用活動における健全な生成AI利用【前編】
「生成AIでズルする求職者」が採用の懸念材料に 企業は見抜けるのか
企業の求人に対して求職者が送ってきた履歴書や職務経歴書の内容に、「生成AIを使っているかのような不信感」があった場合、企業はどのような対処をすればよいのか。専門家の見解は。(2023/12/25)

副業でも「人が集まらない」とき、見直すべき求人のポイント
労働力不足を解消するために、企業が副業人材を受け入れるケースは増えていくと考えられる。一方で、副業求人への応募をためらう副業意向者の意識も見られる。企業は今後、どのような点に注意して副業求人を募集すればよいだろうか。(2023/12/22)

ITエンジニアら2000人に調査:
Python、Ruby、Java……人手が足りない言語スキルは?
アクサス(東京都新宿区)が、ITエンジニアの理想の転職と採用支援担当者が保有している実際の求人について比較調査を実施した。(2023/12/15)

キャリアニュース:
半導体関連エンジニア求人は10年で12.8倍に――異業種×異職種転職は33.6%
リクルートは、「半導体関連エンジニア」に関する求人と転職の動向についての調査結果を発表した。半導体関連エンジニア求人はこの10年で12.8倍に増加し、2022年度は「異業種×異職種」からの越境転職が33.6%となった。(2023/12/14)

X(旧Twitter)、日本でWebとモバイルのエンジニアを募る 日本に開発拠点を設ける計画も
米X(旧Twitter)は日本で求人を募集する。求人ページではWebとモバイルのエンジニアを募集している。すでに募集の詳細が開示されている。(2023/12/8)

Xが日本に開発拠点 エンジニア募集スタート
米Xが東京に開発拠点を設立するようだ。同社の求人サイトで、Webエンジニアとモバイルエンジニアの募集が始まっている。(2023/12/8)

23年度上半期、営業職に人気だった求人1位は「アマゾンジャパン」 ITエンジニアの1位は?
営業・ITエンジニアが2023年度上半期によく求人情報を閲覧した企業はどこか。オープンワークが調査結果を発表した。(2023/11/20)

求人求職サイトの「DevJobsScanner」が発表:
米国で開発者の給与が高いプログラミング言語トップ10 2位はRust、1位は?
開発者向け求人求職サイトのDevJobsScannerは、過去1年間にスクレイピングしたソフトウェア開発者向け求人情報を分析し、米国で開発者の給与が高いプログラミング言語のランキングを発表した。(2023/11/17)

ITエンジニアがよく見る企業の求人は? 2位「アマゾンジャパン」 1位は? OpenWork調べ
ITエンジニア職経験者がよく見る求人は何か。就職・転職口コミサイト「OpenWork」を運営するオープンワークが調査結果を発表した。(2023/11/16)

フリーランス人事の平均年収は? 1000万円以上が1割
フリーランス人事の平均年収は? フリーランスの求人マッチングサービスを運営するCAMELORSが調査したところ……。(2023/10/31)

今日のリサーチ:
求人CMの放送回数、2022年度は過去最多に――CM総合研究所調査
コロナ禍で半減した求人CMですが、2022年度に放送回数が過去最高を記録したことが分かりました。(2023/10/28)

CFO Dive:
テレワーク求人の減少は“オトナの事情”? 再検討されるオフィス勤務の価値
米国での調査によると、技術職の求人広告に占めるテレワークの割合は、パンデミック後にピークを迎えた2022年8月の24%から、2023年5月には18.6%に減少した。(2023/10/12)

人間関係が原因の転職理由 2位「上司と合わない」、1位は?
職場での人間関係は、どれくらい転職活動に影響するのか。求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)が調査を実施した。(2023/10/10)

お金が貯まらない理由 3位「計画性がない」、2位「必要な支出が多い」、1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、貯蓄に関する調査を実施した。「十分に貯蓄できている」と回答した人は12.4%だった。(2023/10/4)

転職経験者521人に聞く:
転職時の企業研究 3位「ネット検索」、2位「口コミ」、1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、転職経験者521人を対象に転職活動時の企業研究に関する調査を実施した。(2023/9/28)

「男性育休」求人で言及している職種 3位「看護」、2位「ドライバー」、1位は?
政府は、男性の育児休業取得率を2025年度までに50%、2030年度までに85%に引き上げることを目標に掲げている。男性の育児休業に注目が集まる中、Indeed Japan(東京都港区)が「男性育休」に言及した求人の動向を調査した。(2023/9/26)

仕事中のイライラが態度に出る瞬間 3位「余裕がない」、2位「予定通り進まない」、1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、仕事中のイライラに関する調査を実施した。仕事中にイライラが態度に出てしまうことがある人は77.2%だった。(2023/9/12)

平均は?:
転職活動にかかる費用、「10万円以上」1.5% 「想定以上の出費」の声も
仕事・転職・求人情報サイトを運営するビズヒッツは、転職経験者を対象に「転職活動にかかった費用に関する意識調査」を実施した。(2023/9/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。