「Java」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

クラスベースのオブジェクト指向プログラミング言語の1つ、またはJavaプログラミング言語の開発環境および実行環境。特に、実行環境は「Javaプラットフォーム」「JVM(Java Virtual Machine)」と呼称することが一般的である。
Java − @ITリッチクライアント用語辞典
-こちらもご覧ください-
Java Solution − @IT
Java入門 − @IT-こちらもご覧ください-
改訂版:EclipseではじめるJavaプログラミング - @IT
質問!Java→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でJava関連の質問をチェック

上位4言語はレーティング上昇:
Pythonの人気はどこから来るのか 開発言語ランキングから分かること
TIOBE Softwareはプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2022年8月版を発表した。「Python」「C」「Java」「C++」という上位4言語のレーティングが、2021年8月比で大きく上昇した。(2022/8/12)

現役エンジニア100人に聞く:
平均年収が高いプログラミング言語 3位「Java」、2位「Python」、1位は?
プログラミングスクール「SAMURAI ENGINEER」を運営するSAMURAI(東京都千代田区)は、「エンジニアの年収実態調査」の結果を発表した。現役エンジニアの平均年収は「400万円以上」(29%)が最多となった。プログラミング言語別でみると、1位は「Swift」(469万円)。以下、2位「Python」(438万円)、3位「Java」(430万円)と続く。(2022/8/4)

現役エンジニア100人に聞いた:
将来性が高いプログラミング言語 2位「Java」、1位は?
プログラミングスクール「SAMURAI ENGINEER」を運営するSAMURAIは、現役エンジニア100人を対象に「プログラミング言語に関するアンケート」を実施した。「未経験者におすすめのプログラミング言語」の1位は「Python」だった。(2022/7/29)

Oracleが7月のクリティカルパッチアップデートを公開 「Oracle Java」など複数製品が対象
Oracleは2022年7月のクリティカルパッチアップデートを公開した。Oracle Javaを含めた多くの製品がアップデートの対象となっている。内容を確認するとともに迅速にアップデートを適用してほしい。(2022/7/22)

Javaライブラリ選択時の7大ポイント【第5回】
「サポート」が悪いJavaライブラリを選んではいけない“当然の理由”
Javaアプリケーションの開発において、利用するライブラリを選ぶ際の評価軸は複数ある。サポートの観点、ライブラリのサイズという観点では、何に着目すべきなのか。(2022/7/20)

Javaライブラリ選択時の7大ポイント【第4回】
“使えないJavaライブラリ”はそもそも選び方が駄目だった?
Javaアプリケーション開発で特定の機能が必要になった場合、開発者はライブラリを使用するか、自分で機能を実装するかを選択できる。自分のニーズに合った方法を選ぶには何を重視すべきなのか。(2022/7/14)

この頃、セキュリティ界隈で:
悪用続く「Log4Shell」 対応放置の企業はランサムウェア感染など二次被害 「パッチ適用を怠れば、コストは増大」
Javaのログ出力ライブラリ「Apache Log4j」に存在する深刻な脆弱性「Log4Shell」が、いまだに悪用され続け、情報流出などの被害を発生させている。被害組織の中には複数の集団に侵入されたり、ランサムウェア感染の二次被害が発生したりするケースもある。(2022/7/12)

TypeScriptのTypeあれこれシリーズ(10):
TypeScriptのインタフェースにまつわるあれこれ
altJS、すなわち、JavaScriptの代わりとなる言語の筆頭であるTypeScript。そのTypeScriptは、言語名が示す通り、JavaScriptにType、つまり、型の概念を持ち込んだものです。本連載では、このTypeScriptのType(型)に関して、さまざまな方向から紹介していきます。前回は、既存のデータ型を組み合わせて新たなデータ型を定義できる型エイリアスを紹介しました。今回は、データ型を定義できるもうひとつの仕組みとして、インタフェースについてあれこれ紹介していきます。(2022/7/14)

Javaライブラリ選択時の7大ポイント【第3回】
「Javaライブラリを使うのが常に正解」だと勘違いしていないか?
Javaアプリケーションの開発では、必要な機能を得るためにライブラリの活用が視野に入る。ライブラリを使うべきか、自身で機能を実装すべきか、見極めるラインはどこにあるのか。(2022/7/7)

Javaのよくある5つのランタイムエラー【第4回】
Javaアプリをおかしくする「外部システム」の厄介な問題とは? 対策は
Javaのランタイムエラーは、アプリケーションとやりとりする外部システムに起因する場合がある。こうしたランタイムエラーの対処方法を紹介しよう。(2022/7/6)

Javaライブラリ選択時の7大ポイント【第2回】
“使えないJavaライブラリ”かどうかは「ドキュメント」で分かる
Javaアプリケーションの開発において、自社の開発プロジェクトに合うライブラリを選ぶには何に気を付ければよいのか。ドキュメントやライセンスのどこに着目すべきかを解説する。(2022/6/30)

Javaのよくあるランタイムエラーの5大原因【第3回】
“ぬるぽ”だけじゃない Javaで起きやすい主な「ランタイム例外」と原因は?
Javaには注意が必要なランタイム例外が幾つかある。アプリケーションを安定的に動作させるためには、こうしたランタイム例外をどう処理するかが重要だ。主なランタイム例外の種類と原因を解説する。(2022/6/28)

Javaライブラリ選択時の7大ポイント【第1回】
“駄目なJavaライブラリ”ほど名前負けしている?
Javaアプリケーションの開発において、ライブラリはさまざまな場面で効果を発揮する。採用を検討しているライブラリが、プロジェクトの要件に合う機能を提供するかどうかは、どう判断すればよいのか。(2022/6/24)

Javaのよくあるランタイムエラーの5大原因【第2回】
Javaエンジニアがうんざりする「リソース不足」問題と対処法
「Java」アプリケーションで発生するランタイムエラーが発生する原因は、開発者のミスだけではない。主な原因のうち「リソース不足」を取り上げ、その対策を紹介する。(2022/6/21)

首位は「Python」:
「C++」が大幅に上昇し「Java」に迫る、プログラミング言語ランキング「TIOBEインデックス」で分かること
TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2022年6月版では、「C++」のレーティングが2021年同月比で大きく上昇した。首位は「Python」だった。(2022/6/16)

Javaのよくあるランタイムエラーの5大原因【第1回】
Javaアプリの異常を招く“不適切な入力値”とは? 対策は
起こりがちなJavaの「ランタイムエラー」とその回避方法を把握しておくことは重要だ。特に頻出する、入力値に基づくランタイムエラーとその解決策を紹介する。(2022/6/13)

特選プレミアムコンテンツガイド
Javaがいまだに愛される端的な理由
「Java」はさまざまなアプリケーションを開発する際のプログラミング言語として重宝されてきた。なぜJavaは長きにわたって人気を維持できているのか。理由を説明する。(2022/6/9)

「初心者におすすめのプログラミング言語」ランキング 1位は「Java」 他言語の順位は?
NEXERは、運営するアンケートサイト「ボイスノート」の会員を対象に、「プログラミング言語に関するアンケート調査」実施した。その結果、初心者におすすめのプログラミング言語の第1位は「Java」であり、求人数の多さなどがおすすめの理由として挙がっていることが分かった。(2022/5/6)

新卒採用担当者を対象:
新卒エンジニアに入社するまでに学んでほしいプログラミング言語 1位は「Java」
レバテックは新卒エンジニアを採用する企業の新卒採用担当者に、新卒エンジニアに入社するまでに学んでほしいプログラミング言語を聞いた。その結果、1位は「Java」が選ばれた。(2022/5/2)

Javaに認証なしで不正操作できる脆弱性 影響範囲広く「早急に修正プログラム適用を」
情報処理推進機構が、Javaの基本的な実行環境「Java SE」に重大な脆弱性があるとして注意喚起した。活用範囲が広く攻撃された場合の影響が大きいため、早急に修正プログラムを適用するよう呼び掛けている。(2022/4/21)

Java言語および開発、マイクロサービスなどのトレンドを網羅:
年次Java開発者調査結果、Perforceが発表
Perforce Softwareは、Java開発者を対象とした年次調査結果をまとめた報告書「2022 Java Developer Productivity Report」を発表した。(2022/4/19)

DartがRustに並ぶ:
プログラミング言語の人気ランキング、順位変動は縮小傾向にある――RedMonkが調査
RedMonkが発表した2022年第1四半期のプログラミング言語ランキングによると、JavaScript、Python、Javaがトップ3を占めた。KotlinやRustの勢いにDartが追随していることも分かった。(2022/4/13)

「Java」が人気言語であり続ける5つの理由【後編】
「Java」こそが“クラウドネイティブ言語”である理由
「Java」は企業のアプリケーション開発を支え続けており、今後も有力な選択肢になり続けると考えられる。「クラウドネイティブ開発」「機能強化」「互換性」の3つの観点から、その理由を説明しよう。(2022/4/8)

「Java」が人気言語であり続ける5つの理由【前編】
「Java」がいまだに使われ続ける“端的な理由”
開発者からの支持を集め続けるプログラミング言語「Java」。根強く利用される背景には何があるのか。Javaの主なメリットを整理する。(2022/4/1)

「Java 18」正式リリース デフォルトのCharsetが「UTF-8」に、シンプルWebサーバ搭載など新機能
Javaの新バージョン「Java 18」の正式版がリリース。Charsetがデフォルトで「UTF-8」になる他、シンプルなWebサーバがJDKに組み込まれる「JEP 408」などの新機能も搭載している。(2022/3/25)

ECMAScriptで学ぶ正規表現(3):
文字列の「置換」を便利にする正規表現と「キャプチャグループ」
正規表現の基本と、ECMAScript(JavaScript)における利用方法を紹介する連載。今回は、キャプチャグループの指定方法と参照方法、マッチした部分の置換について。(2022/3/18)

TypeScriptのTypeあれこれシリーズ(6):
クラスの型にまつわるあれこれ(2)〜クラスの継承とクラス間の型の関係について〜
altJS、すなわちJavaScriptの代わりとなる言語の筆頭である「TypeScript」。TypeScriptという言語名が示す通り、JavaScriptに「Type」、つまり型の概念を持ち込んだものです。本連載では、このTypeScriptの型に関して、さまざまな方向から紹介していきます。前回は、オブジェクトのひな型となるクラスに関して、基本的な内容を紹介しました。今回はその続きとして、クラスの継承やクラスをnewしたオブジェクトそのものの型について紹介します。(2022/3/10)

TypeScriptのTypeあれこれシリーズ(5):
クラスの型にまつわるあれこれ(1)〜クラス構文そのものについてのあれこれ〜
altJS、すなわちJavaScriptの代わりとなる言語の筆頭である「TypeScript」。TypeScriptという言語名が示す通り、JavaScriptに「Type」、つまり型の概念を持ち込んだものです。本連載では、このTypeScriptの型に関して、さまざまな方向から紹介していきます。前回は関数の型に関して、型ガードやオーバーロードなどを紹介しました。今回から3回にわたって、オブジェクトのひな型となるクラスに関して、あれこれ紹介していきます。今回は、そのうちクラス構文そのものについてのあれこれを紹介していきます。(2022/2/10)

ペネトレーションテストのためのPython【後編】
「Python」だけじゃなく「JavaScript」「Go」「Ruby」を学ぶべき理由
「Python」はペネトレーションテスト担当者が学ぶのに適したプログラミング言語だと専門家は主張する。Python以外にも目を向けるべきコンピュータ言語や、学習を継続させるために重要なこととは。(2022/2/9)

「Application Transformer for VMware Tanzu」:
vSphereのJavaアプリケーションをコンテナに自動変換 VMwareがツールを提供開始
VMwareは、「VMware vSphere」で稼働するJavaアプリケーションをコンテナに変換するツール「Application Transformer for VMware Tanzu」の出荷を開始した。「VMware Tanzu」や「VMware Cloud on AWS」のユーザーは無償で利用できる。(2022/2/8)

元・Java専門記者がLog4j 2脆弱性に見た「複雑性と魔神のかけら」 Javaの歴史とバザールの矛盾
Log4j 2で問題となった脆弱性は、プログラミングやコンピュータの知識が少しあれば「なぜこんな危険な実装がされていたのか」と疑問に思う内容だ。歴史の歯車が別の方向に噛み合っていれば、こうはならなかったかもしれない。Javaを専門に取材してきた筆者が、この悲劇の背景をひも解いていく。(2022/1/31)

使用サイトの年間増加数を調査:
2021年に躍進したWeb技術は?
Q-SuccessはさまざまなカテゴリーのWeb技術について、2022年1月1日と2021年1月1日の使用Webサイト数を比較し、最も増加数が大きかった上位3つの技術を「Web Technologies of the Year 2021」として発表した。コンテンツ管理システムやサーバサイドプログラミング言語、JavaScriptライブラリなど17種類の技術が対象だ。(2022/1/27)

「Log4j」2.17.0にもリモートコード実行の脆弱性 修正バージョン公開
ゼロデイ脆弱性が問題になったJava向けロギングライブラリ「Apache Log4j」に、また脆弱性が見つかった。提供元の米The Apache Software Foundation(ASF)は、脆弱性を修正したバージョンへのアップデートを呼び掛けている。(2021/12/29)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
当時は“世界最先端”だった――日本の「ケータイアプリ」の歴史を開発目線で振り返る
昔のケータイ(フィーチャーフォン)は、「Java」または「BREW」で構築したアプリを楽しむことができました。かつて「ケータイ向けWebブラウザ」に携わっていた筆者が、かつてのケータイ向けアプリを開発目線で振り返っていきます。(2021/12/28)

「Log4j」に新たな脆弱性、深刻度は「High」 バージョン2.17.0へのアップデートを呼び掛け
The Apache Software Foundation(ASF)がJava環境向けのログ出力ライブラリ「Log4j 2」のバージョン2.17.0の配布を始めた。新たに見つかったDoS攻撃を引き起こす脆弱性「CVE-2021-45105」を修正する。(2021/12/20)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「Apache Log4j」の脆弱性が話題だけど、そもそもApacheとかJavaの語源って知ってる?
Log4jのjはJava。そしてApache。これらはどういう由来なのか、調べてみた。(2021/12/17)

Log4j、バージョン2.16.0が登場 問題の機能を削除やデフォルト無効に
米Apacheソフトウェア財団は、Java向けログ出力ライブラリ「Apache Log4j」のバージョン2.16.0をリリースした。変更点は、JNDI機能をデフォルトで無効化したことと、Massage Lookup機能を削除したことの2点で、問題となっていた脆弱性に対応した形になる。(2021/12/14)

半径300メートルのIT:
Log4jのゼロデイ脆弱性から学ぶ “ヤバい”ニュースを見落とさない組織になるコツ
Javaのロギングライブラリ「Apache Log4j」で外部環境から任意のコード実行が可能になる脆弱性(CVE-2021-44228)が大きな注目を集めています。こうした深刻な脆弱性が発見されたとき、迅速に対応できる組織になるにはどうすればいいのでしょうか。(2021/12/14)

世界のWebサーバの3分の1に影響? Javaライブラリ「Log4j」の脆弱性、JPCERTらが仕組みと対策を解説
JavaライブラリApache Log4jで見つかった脆弱性について、JPCERT/CCが攻撃の仕組みと対策方法を公開し注意を促した。(2021/12/13)

“Log4j用ワクチン”登場 脆弱性を利用して修正プログラムを実行
Javaライブラリ「Apache Log4j」で見つかった、任意のコードを実行できる脆弱性を巡り、米Cybereasonが脆弱性を修正するプログラムを公開した。“ワクチン”のように脆弱性を活用して問題を修正できる。(2021/12/13)

Apache Log4jにCVSSスコア「10.0」の脆弱性 国内で悪用を試みる通信も確認
Apache Log4jに任意コード実行の脆弱性が明らかになった。利用されているJavaシステムが多いことから影響範囲の広さが懸念されている。現状ではまだ不明点が多いが、すでに脆弱性を狙ったハッキングが確認されており、継続的な情報収集と対応が求められる。(2021/12/13)

「やばすぎる」 Javaライブラリ「Log4j」にゼロデイ脆弱性、任意のリモートコードを実行可能 iCloudやSteam、Minecraftなど広範囲のJava製品に影響か
Javaで使われるログ出力ライブラリ「Apache Log4j」に特定の文字列を送ることで、任意のリモートコードを実行できるようになる(Remote Code Execution, RCE)、ゼロデイ脆弱性があることが分かった。Java開発製品の広範囲に影響するとみられる。(2021/12/10)

TypeScriptのTypeあれこれシリーズ(2):
JavaScriptにはないTypeScript独自の型あれこれ
altJS、すなわち、JavaScriptの代わりとなる言語の筆頭である「TypeScript」。TypeScriptという言語名が示す通り、JavaScriptに「Type」、つまり、型の概念を持ち込んだものです。本連載では、このTypeScriptの型に関して、さまざまな方向から紹介していきます。連載1回目の前回は、基本中の基本に当たる、型指定にまつわるあれこれを紹介しました。今回はJavaScriptにはない、TypeScript独自の型のあれこれを紹介します。(2021/11/22)

「Java 17」注目機能5選【後編】
「Java 17」の「NullPointerException例外処理分析」に役立つ機能は?
「Java 17」で利用可能な機能の中には、アプリケーション開発を支援するさまざまな機能がある。例外処理、switch文、継承に関する機能を解説する。(2021/11/16)

TypeScriptのTypeあれこれシリーズ(1):
「型」から学ぶTypeScript、JavaScriptとは何が違うのか
altJS、すなわち、JavaScriptの代わりとなる言語の筆頭である「TypeScript」。TypeScriptという言語名が示す通り、JavaScriptに「Type」、つまり、型の概念を持ち込んだものです。本連載では、このTypeScriptの型に関して、さまざまな方向から紹介していきます。連載1回目の今回は基本中の基本に当たる、型指定のあれこれを紹介します。(2021/11/12)

「Java 17」注目機能5選【前編】
「Java 17」のうれしい機能「Recordクラス」「テキストブロック」は何が便利?
JavaのLTS(長期サポート版)「Java 17」には、どのような機能があるのか。注目すべき機能のうち「Recordクラス」「テキストブロック」を取り上げる。(2021/11/9)

ソースコードに脆弱性を潜ませられるUnicode悪用攻撃法「Trojan Source」を研究者が発表
英ケンブリッジ大学コンピュータ研究所が、「Trojan Source」と名付けた攻撃法を発表した。Unicodeの脆弱性を悪用するもので、C、C++、C#、JavaScript、Java、Rust、Go、Pythonに対して機能した。「他のほとんどの言語に対しても機能すると思われる」としている。(2021/11/2)

AutoML OSS入門(5):
ノーコードでAutoMLを実現、Javaアプリと簡単に連携できる「H2O」
AutoML OSSを紹介する本連載第5回は、ノーコードでAutoMLが実行できるOSS「H2O」を解説します。H2Oは、最小限の時間で最適なモデルの構築を目指すだけでなく、分散処理フレームワークを活用した大規模なデータセットの高速処理や、Python以外の手法による機械学習の実現など、さまざまなニーズを満たす機能が実装されています。(2021/10/29)

Javaが愛され続ける5つの理由【後編】
「Java」はなぜ、今も昔も開発者に愛されるのか
「Java」はさまざまなアプリケーション開発に活用できるプログラミング言語だ。Javaが開発者からの支持を得続けている理由を説明する。(2021/10/28)

Java用エコシステムを拡張
AtomicJar、Testcontainersで誰でも使える統合テスト環境を提供
Testcontainersの開発者によって創設されたAtomicJarは、Java用の統合テスト環境の構築を目指している。(2021/10/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。