「Java」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

クラスベースのオブジェクト指向プログラミング言語の1つ、またはJavaプログラミング言語の開発環境および実行環境。特に、実行環境は「Javaプラットフォーム」「JVM(Java Virtual Machine)」と呼称することが一般的である。
Java − @ITリッチクライアント用語辞典
-こちらもご覧ください-
Java Solution − @IT
Java入門 − @IT-こちらもご覧ください-
改訂版:EclipseではじめるJavaプログラミング - @IT
質問!Java→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でJava関連の質問をチェック

「Log4j」2.17.0にもリモートコード実行の脆弱性 修正バージョン公開
ゼロデイ脆弱性が問題になったJava向けロギングライブラリ「Apache Log4j」に、また脆弱性が見つかった。提供元の米The Apache Software Foundation(ASF)は、脆弱性を修正したバージョンへのアップデートを呼び掛けている。(2021/12/29)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
当時は“世界最先端”だった――日本の「ケータイアプリ」の歴史を開発目線で振り返る
昔のケータイ(フィーチャーフォン)は、「Java」または「BREW」で構築したアプリを楽しむことができました。かつて「ケータイ向けWebブラウザ」に携わっていた筆者が、かつてのケータイ向けアプリを開発目線で振り返っていきます。(2021/12/28)

「Log4j」に新たな脆弱性、深刻度は「High」 バージョン2.17.0へのアップデートを呼び掛け
The Apache Software Foundation(ASF)がJava環境向けのログ出力ライブラリ「Log4j 2」のバージョン2.17.0の配布を始めた。新たに見つかったDoS攻撃を引き起こす脆弱性「CVE-2021-45105」を修正する。(2021/12/20)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「Apache Log4j」の脆弱性が話題だけど、そもそもApacheとかJavaの語源って知ってる?
Log4jのjはJava。そしてApache。これらはどういう由来なのか、調べてみた。(2021/12/17)

Log4j、バージョン2.16.0が登場 問題の機能を削除やデフォルト無効に
米Apacheソフトウェア財団は、Java向けログ出力ライブラリ「Apache Log4j」のバージョン2.16.0をリリースした。変更点は、JNDI機能をデフォルトで無効化したことと、Massage Lookup機能を削除したことの2点で、問題となっていた脆弱性に対応した形になる。(2021/12/14)

半径300メートルのIT:
Log4jのゼロデイ脆弱性から学ぶ “ヤバい”ニュースを見落とさない組織になるコツ
Javaのロギングライブラリ「Apache Log4j」で外部環境から任意のコード実行が可能になる脆弱性(CVE-2021-44228)が大きな注目を集めています。こうした深刻な脆弱性が発見されたとき、迅速に対応できる組織になるにはどうすればいいのでしょうか。(2021/12/14)

世界のWebサーバの3分の1に影響? Javaライブラリ「Log4j」の脆弱性、JPCERTらが仕組みと対策を解説
JavaライブラリApache Log4jで見つかった脆弱性について、JPCERT/CCが攻撃の仕組みと対策方法を公開し注意を促した。(2021/12/13)

“Log4j用ワクチン”登場 脆弱性を利用して修正プログラムを実行
Javaライブラリ「Apache Log4j」で見つかった、任意のコードを実行できる脆弱性を巡り、米Cybereasonが脆弱性を修正するプログラムを公開した。“ワクチン”のように脆弱性を活用して問題を修正できる。(2021/12/13)

Apache Log4jにCVSSスコア「10.0」の脆弱性 国内で悪用を試みる通信も確認
Apache Log4jに任意コード実行の脆弱性が明らかになった。利用されているJavaシステムが多いことから影響範囲の広さが懸念されている。現状ではまだ不明点が多いが、すでに脆弱性を狙ったハッキングが確認されており、継続的な情報収集と対応が求められる。(2021/12/13)

「やばすぎる」 Javaライブラリ「Log4j」にゼロデイ脆弱性、任意のリモートコードを実行可能 iCloudやSteam、Minecraftなど広範囲のJava製品に影響か
Javaで使われるログ出力ライブラリ「Apache Log4j」に特定の文字列を送ることで、任意のリモートコードを実行できるようになる(Remote Code Execution, RCE)、ゼロデイ脆弱性があることが分かった。Java開発製品の広範囲に影響するとみられる。(2021/12/10)

TypeScriptのTypeあれこれシリーズ(2):
JavaScriptにはないTypeScript独自の型あれこれ
altJS、すなわち、JavaScriptの代わりとなる言語の筆頭である「TypeScript」。TypeScriptという言語名が示す通り、JavaScriptに「Type」、つまり、型の概念を持ち込んだものです。本連載では、このTypeScriptの型に関して、さまざまな方向から紹介していきます。連載1回目の前回は、基本中の基本に当たる、型指定にまつわるあれこれを紹介しました。今回はJavaScriptにはない、TypeScript独自の型のあれこれを紹介します。(2021/11/22)

「Java 17」注目機能5選【後編】
「Java 17」の「NullPointerException例外処理分析」に役立つ機能は?
「Java 17」で利用可能な機能の中には、アプリケーション開発を支援するさまざまな機能がある。例外処理、switch文、継承に関する機能を解説する。(2021/11/16)

TypeScriptのTypeあれこれシリーズ(1):
「型」から学ぶTypeScript、JavaScriptとは何が違うのか
altJS、すなわち、JavaScriptの代わりとなる言語の筆頭である「TypeScript」。TypeScriptという言語名が示す通り、JavaScriptに「Type」、つまり、型の概念を持ち込んだものです。本連載では、このTypeScriptの型に関して、さまざまな方向から紹介していきます。連載1回目の今回は基本中の基本に当たる、型指定のあれこれを紹介します。(2021/11/12)

「Java 17」注目機能5選【前編】
「Java 17」のうれしい機能「Recordクラス」「テキストブロック」は何が便利?
JavaのLTS(長期サポート版)「Java 17」には、どのような機能があるのか。注目すべき機能のうち「Recordクラス」「テキストブロック」を取り上げる。(2021/11/9)

ソースコードに脆弱性を潜ませられるUnicode悪用攻撃法「Trojan Source」を研究者が発表
英ケンブリッジ大学コンピュータ研究所が、「Trojan Source」と名付けた攻撃法を発表した。Unicodeの脆弱性を悪用するもので、C、C++、C#、JavaScript、Java、Rust、Go、Pythonに対して機能した。「他のほとんどの言語に対しても機能すると思われる」としている。(2021/11/2)

AutoML OSS入門(5):
ノーコードでAutoMLを実現、Javaアプリと簡単に連携できる「H2O」
AutoML OSSを紹介する本連載第5回は、ノーコードでAutoMLが実行できるOSS「H2O」を解説します。H2Oは、最小限の時間で最適なモデルの構築を目指すだけでなく、分散処理フレームワークを活用した大規模なデータセットの高速処理や、Python以外の手法による機械学習の実現など、さまざまなニーズを満たす機能が実装されています。(2021/10/29)

Javaが愛され続ける5つの理由【後編】
「Java」はなぜ、今も昔も開発者に愛されるのか
「Java」はさまざまなアプリケーション開発に活用できるプログラミング言語だ。Javaが開発者からの支持を得続けている理由を説明する。(2021/10/28)

Java用エコシステムを拡張
AtomicJar、Testcontainersで誰でも使える統合テスト環境を提供
Testcontainersの開発者によって創設されたAtomicJarは、Java用の統合テスト環境の構築を目指している。(2021/10/25)

Javaが愛され続ける5つの理由【前編】
「Java」を学びたくなるシンプルな理由
「Java」はモバイルアプリケーションからサーバサイドアプリケーションまで、さまざまな開発に利用できるプログラミング言語だ。開発者が支持する理由を解説する。(2021/10/21)

最新の長期サポート版:
Oracle、「Java 17」をリリース
Oracleはプログラミング言語と開発プラットフォームである「Java」の最新版「Java 17」と、Java開発キット「Oracle JDK 17」の一般提供を開始した。ライセンス条件の変更により、企業はOracle JDKを少なくとも3年間、無料で利用できるようになった。(2021/9/16)

Oracle、「Oracle JDK」を再び無料提供へ 本番環境でも利用可
米Oracleは、同社が提供している企業向けのJavaディストリビューションであるOracle JDKのライセンスを変更し、無料で本番環境などでの利用を可能にした。(2021/9/15)

「Java 17」正式版がリリース M1 Macをサポート
Javaの新バージョン「Java 17」が正式にリリースされた。Java 17は、Java 11以来3年ぶりの長期サポート対象となるJavaのバージョン。(2021/9/15)

大規模プロジェクトでのコード品質を確保する
「Javaで脱COBOL」に挑む損保ジャパン 成功のために選んだ手段とは
損保ジャパンの基幹システム刷新は、複数ベンダーが携わる大規模な開発プロジェクトだ。開発者の技術レベルが異なり、プログラミング言語が「COBOL」から「Java」へと変わる中、ソースコードの品質をどうやって確保したのか。(2021/8/31)

Javaで従うべき命名規則【後編】
Javaで「ケバブケース」はなぜ駄目? 「参照型変数」「パッケージ」の命名規則
Javaで扱う参照型変数やパッケージの命名時に従う標準的な命名規則とは、どのようなものか。Javaでの命名規則に「ケバブケース」を使うべきではない理由と併せて解説する。(2021/8/14)

Dartが初の20位入り:
プログラミング言語の人気ランキング、首位はJavaScript、RedMonk調べ
RedMonkが発表したプログラミング言語の人気度ランキングでは、JavaScriptが首位、PythonとJavaが2位を占めた。GoとKotlin、Rustは互いに順位を争っているようだという。(2021/8/10)

Javaで従うべき命名規則【前編】
Javaの「変数」「メソッド」「定数」名の“ひんしゅくを買わない”付け方
「Java」のソースコードを書く上で、標準的な命名規則に従うことは重要だ。変数、メソッド、定数を定義する際に従うべき命名規則をまとめた。(2021/8/7)

「Green Project」から始まった歴史を振り返る
「Java」が「Windows」でも「macOS」でも動く“歴史的理由”と“技術的理由”
「Java」プログラムはOSに関係なく動作する。開発元のSun Microsystemsは何を意図して、Javaをこうした設計のプログラミング言語にしたのか。その理由と仕組みを解説する。(2021/7/24)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2021年度第1四半期)
サーバ停止時の謝り方からJavaプロが「COBOL」を学ぶ訳まで 新規会員の注目は
「経営とIT」や「システム開発」「データ分析」などに関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2021年度第1四半期に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2021/6/26)

Windows 11イベントで“新しいMicrosoft Store”も発表 条件によっては開発者収益100%に
Microsoftは「Windows 11」発表イベントで、Windowsのアプリストア「Microsoft Store」も新しくすると発表した。あらゆるアプリ(Win32、.NET、UWP、Xamarin、Electron、React Native、Java、PWA)を受け入れる。独自決済プラットフォームを利用する開発者の収益は100%になる。(2021/6/25)

「Dart」「Kotlin」「Julia」「Rust」「TypeScript」「Elixir」が有望:
「Python」がわずかな差で2位に、プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」
TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2021年6月版では、Pythonが近いうちに「C」を抜き、首位に迫る様子が見られた。1〜5位は「C」「Python」「Java」「C++」「C#」だった。(2021/6/9)

Red Hat、JavaアプリケーションサーバをAzureのネイティブサービスとして提供
Red Hatは、Javaアプリケーションサーバ「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform」をAzureのネイティブサービスとして提供する「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform on Microsoft Azure」を発表した。(2021/6/7)

「Pepper」だった可能性も
「Java」は昔、「Oak」だった――改名の理由と“幻の改名候補”
「Java」は登場当初から「Java」だったわけではない。元の名前は別であり、ある理由で改名を余儀なくされた。なぜ改名が必要だったのか。Java以外にはどのような候補があったのか。(2021/5/30)

「API」に著作権はあるのか【後編】
Googleの「Java」訴訟勝訴は本当に「開発者の自由」を意味するのか?
「Java」のAPIの著作権を争いGoogleとOracleが繰り広げた法廷闘争とその結末は、さまざまな意見を呼んだ。この判決はソフトウェア開発者にとってどのような意味を持つのか。(2021/5/24)

「API」に著作権はあるのか【中編】
「API流用」は全て合法なのか? Google対OracleのJava訴訟判決で残る謎
Googleによる「Java」のAPIソースコード引用について、米最高裁は判決で合法との判断を示した。開発者にとっては朗報との見方がある一方、「判決には疑問の余地がある」と考える専門家がいる。どういうことなのか。(2021/5/17)

「API」に著作権はあるのか【前編】
JavaのAPI流用は合法――「Java著作権訴訟」でGoogleがOracleに勝訴の影響は?
「Java」のAPIに関する著作権を巡る米最高裁判所での訴訟で、GoogleがOracleに勝訴した。その要因とは何か。今回の結果がJavaに与える影響とは。専門家の意見から探る。(2021/5/11)

ITエンジニアが一番得意だと思う開発言語はJava 開発言語別の平均年収は?
ITエンジニアが一番得意だと思う開発言語はJava――。開発言語に関する調査で判明した。(2021/4/27)

Go AbekawaのGo Global!〜Amy Dang編(後):
将来は、マシンラーニングを駆使してハーブの効能を突き止めたい
フロントエンドだ、Javaエンジニアだ、なんてタイトルはいらない。男女の区別もいらない。やりたいこと、楽しいことに向き合う、ただそれだけでいい。(2021/4/27)

「データサイエンス向き」の根拠は
Java使いでも「R」「Python」を学びたくなる“納得の理由”
Javaエンジニアがデータサイエンスに取り組むなら、別のプログラミング言語を検討することも視野に入る。有力な候補となるのが「R」「Python」だ。それはなぜなのか。R、Pythonそれぞれの基本的な特徴を見ていこう。(2021/4/24)

レッドハット伊藤氏とマイクロソフト寺田氏が語るクラウドネイティブ(3):
「Javaはクラウドネイティブに向いてない」は誤解? 設計や実装の注意点
レッドハットでソリューションアーキテクトを務める伊藤智博氏とMicrosoftでクラウドアドボケイトを務める寺田佳央氏が第3回にわたってクラウドネイティブを語る本連載。最終回はJavaとクラウドネイティブの関係について。(2021/4/19)

最も得意なプログラミング言語は「Java」:
「企業が求める言語とエンジニアが得意な言語に乖離が起きている」 paizaのプログラミング言語に関する調査結果
paizaが実施した「プログラミング言語に関する調査」によると、最も得意なプログラミング言語のトップはJava、最も学びたい言語のトップはPythonだった。一方、求人が最も多い言語はJavaScriptで、企業が求める言語とエンジニアが得意な言語に乖離が起きていることが分かった。(2021/4/16)

メモリ安全ではないバグを予防:
Androidの開発へ「Rust」を導入、なぜなのか
GoogleはAndroidオープンソースプロジェクト(AOSP)が、「Android」の開発へ「Rust」導入を進めている。従来のようなC/C++とJavaを組み合わせた開発にはどのような問題があるのだろうか。(2021/4/15)

無料の長期サポート版Javaディストリビューション:
Microsoft、Java 11ベースの「Microsoft Build of OpenJDK」プレビュー版を公開
MicrosoftはOpenJDKの長期サポート(LTS)ディストリビューション「Microsoft Build of OpenJDK」のプレビュー版を公開した。併せて今後のOpenJDKのロードマップも示した。(2021/4/8)

MicrosoftがAzureへのJavaアプリ移行を支援、長期サポート版OpenJDLのリリースは間近か
MicrosoftがOpenJDK長期サポート版を提供する。Microsoft AzureでOpenJDKを使用する企業ユーザーを支援する狙いがあるとみられる。(2021/4/8)

Javaにわずかな差で迫るPython:
人気ランキング「TIOBEインデックス」で「Objective-C」が20位圏外に
TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2021年4月版では、常連の「C」「Java」「Python」「C++」「C#」が1〜5位を占め、10年前に隆盛を誇った「Objective-C」が20位から転落した。(2021/4/7)

GoogleがOracleとの10年越しの裁判で勝訴 最高裁はJava著作権侵害せずの判断
Oracleが、GoogleによるAndroidでのJavaのコード使用は著作権侵害だと2010年に提訴した裁判で、Googleが勝訴した。米連邦最高裁は、Googleの行為は「フェアユース」の範囲だと判断した。(2021/4/6)

プログラミングを変えた「Java」の歴史【後編】
「Java」を“偉大な言語”にした3つの画期的要素
「Java」の進化はアプリケーション開発に大きな影響を与えてきた。Javaの企業向け仕様群「Java EE」の豊富な要素のうち、特に画期的だった3つの要素を振り返る。(2021/4/4)

特選プレミアムコンテンツガイド
Javaのプロが「Kotlin」「COBOL」を学びたくなる理由
「Java」エンジニアの間で、次に習得すべきプログラミング言語の候補として「Kotlin」「COBOL」を検討する動きがある。その背景には何があるのか。JavaエンジニアがKotlinおよびCOBOLを習得する意義とは。(2021/3/25)

幻の「Oracle Database 20c」向け機能を搭載
JavaScriptの実行やOptaneの利用が可能に 「Oracle Database 21c」の注目機能
「Oracle Database」の新バージョン「Oracle Database 21c」はさまざまな新機能を搭載している。その中から確認しておきたい新機能を紹介しよう。(2021/3/9)

プログラミングを変えた「Java」の歴史【前編】
「Java」はなぜ人気言語になったのか? 成功の歴史を振り返る
新しいプログラミング言語が生まれ続ける中、いまだに広く使われているのが「Java」だ。Javaはどのようにして人気を集めるようになったのか。登場から現在までの変化を整理する。(2021/3/7)

セキュリティ対策に役立つコンピュータ言語5選【中編】
「HTML」「JavaScript」をセキュリティ担当者が学ぶべき納得の理由
「HTML」「JavaScript」の知識を身に付けておくことは、セキュリティ担当者にとって決して損ではないという。それはどういうことなのか。(2021/2/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。