• 関連の記事

「デジタルネイティブ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デジタルネイティブ」に関する情報が集まったページです。

Weekly Memo:
富士通のDXコンサルティング事業トップが指摘する『イケてない閉塞感』――なぜ日本企業はDXに取り組むべきなのか
企業がDXを進める上での“肝”は何か。日本企業はDXにどう取り組むべきか。富士通でDXコンサルティング事業の陣頭指揮を執る大西俊介氏に聞いた。(2022/6/27)

CIO Dive:
「絶対に売れるものを作るAI」を手に入れる条件
「絶対にウケる新作」をAIで企画するNetflixのように、クリエイティブ領域にAIを生かす手法が注目を浴びだした。レガシー企業でもAIを活用する動きがあるが、そこには一定の条件がある。(2022/6/23)

Z世代に刺さるマーケ:
浜辺美波を新ミューズに起用 資生堂「エリクシール」が20代にエイジングケアを訴求する狙い
資生堂は「エリクシール ファースト エイジングケア」シリーズの新ミューズに、NHKの朝ドラにも出演が決まった人気若手女優、浜辺美波を起用した。若いうちからエイジングケアをする習慣を広く浸透させようとしている。(2022/6/17)

今求められる組織づくり:
PR:デジタル化×パンデミックによる“大退職時代” 従業員エンゲージメントを高め「変化に強い」組織をつくるには
(2022/6/20)

即戦力人材に育てる:
どうすれば新人営業は成果を出せるのか? まず上司がやるべきこととは
新入社員が入社して3カ月目に入る。4、5月は慣らし期間だが、6月にはそろそろ何か営業職として成果を出してほしいと思うものだ。成果を出してもらうために上司はどのようなコミュニケーションを取るべきか、自発的に営業という仕事に取り組んでもらうためにはどうすればいいか、その方法を解説する。(2022/6/7)

スマホ専業の「みんなの銀行」1周年 100万DL突破で次の一手は?
福岡の地銀グループ、ふくおかフィナンシャルグループ傘下の「みんなの銀行」が5月28日に、サービス開始一周年を迎えた。スマホ専業として、デジタルネイティブをターゲットとした結果はどうだったのか。(2022/5/31)

“不動産テック”を阻む諸課題とその対応策(後編):
【特別寄稿:後編】改正宅建法が施行!不動産業界のデジタルシフトは実現するか?
本連載では、アドビが独自に実施した調査データを踏まえ、不動産業界での業務のデジタル化に立ちはだかる現状の課題を整理し、宅建法改正を受けて業務がどのように変わっていくのかを、アドビ デジタルメディア ビジネスマーケティング執行役員が前後編に分けて解説します。(2022/5/30)

三陽工業とダイキンに取材:
白髪のおじさんがキュートに踊る? 企業がTikTokをやってみて、分かってきたこと
TikTokで採用活動を行うのはアリなのか、本当に効果があるのか。大手空調メーカーのダイキンと、「おじさん」TikTokを運営する三陽工業に話を聞いた。採用広報のニュースタンダードを考える。(2022/5/27)

Marketing Dive:
メタバースネイティブとしての「α世代」 攻略の鍵は?
「α世代」は結局のところ「Z世代」以前の世代とはどう違うのか。ブランドはなぜこのコホート(世代)を理解する必要があるのか。α世代攻略が生死を分ける3つの産業を例に解説する(2022/5/12)

スマート水産業で「取りすぎない」漁業に 水産資源 情報通信技術で守る
「海の豊かさを守ろう」。この項目がSDGsのひとつに掲げられている背景には水産資源の減少が背景にある。持続可能な水産業を実現するには、水産資源の実態把握や効率的な養殖などが求められる。近年、注目を集めているのがスマート水産業だ。(2022/5/11)

Marketing Dive:
「α世代」の“親の財布”を狙え
「α世代」の将来的な購買力はもちろん気になるところだが、同時に彼らの存在が家庭内の購買行動にもたらす影響を正しく知る必要がある。(2022/5/11)

房野麻子の「モバイルチェック」:
ドコモのahamoに「大盛り」 競合対抗の小盛りを用意しなかったワケ
NTTドコモのオンライン専用プラン「ahamo」が、オプション利用で月額4950円で100Gバイトまで使える「ahamo大盛り」を6月から開始する。(2022/5/10)

Marketing Dive:
Z世代の次、史上最大の消費力を持つ「α世代」とは?
「α世代」とは誰か。今までの世代とはどう違うのか。ブランドはなぜこの世代を理解する必要があるのか。識者が考察する(本稿は3回シリーズの第1弾)。(2022/5/9)

「収支計画のExcelバケツリレー」廃止へ J-POWER 電源開発の「Anaplan」採用の狙い
発電・小売事業者のJ-POWER 電源開発は、収支計画、管理システムにSaaS型プラン二ングプラットフォーム「Anaplan」を採用した。データ集約と分析にかかる作業コストを低減する。(2022/4/22)

根性論はもう古い:
「営業配属だけはイヤだ」 新卒は、なぜ営業職にアレルギーを持つのか?
「企業の人材不足」に関する調査によると、「営業職」の人員不足が最も高いことが分かった。「営業はキツい」「新規営業をやっている女の子が泣いていた」などSNS上では営業職に関するネガティブなエピソードも見られる。しかし、総合職の約7割が営業職に配属される時代だ。企業側は苦手意識を持つ新卒をどのようにマネジメントすべきか?(2022/4/22)

Jリーグと「TikTok」が提携 Z世代への魅力発信強化
TikTok JapanはJリーグと「サポーティングカンパニー契約」を締結したと発表した。SNSを通じて、Z世代向けに各クラブの魅力発信を強化する狙いがある。(2022/4/14)

スマホなどで視聴可能に:
民放テレビ局10社、地上波番組をネット同時配信 きょうから「TVer」で
民放10局が地上波で放送するテレビ番組をネットで同時配信する「地上波リアルタイム配信」を解禁する。4月11日午後7時以降に放送する番組が対象で、民放公式テレビ配信サービス「TVer」で視聴できるようにする。(2022/4/11)

「会議とかでありがたい」「イベントのメモにも良い」とTwitterで話題に ぺんてるの静音ボールペンの仕組みを聞いてみた
使ってみたい……!(2022/4/6)

「仕事のAI」は日本企業のDXをどう変えるか:
PR:DX推進に活用すべき企業の“遊休資産”とは? リコーがAIビジネスに取り組む理由
複合機などOA機器のイメージも強いリコーが、AIを活用したDX支援サービスの提供を開始した。その名も「仕事のAI」。20年前から研究開発をしていたというAI領域で、同社が有する強みとは。そして“仕事のAI”は遅れがちな日本企業のDXをどう変革するのか。(2022/3/31)

特集:コロナ/大災害時代のデータ保護大全(2):
クラウドネイティブな環境の災害対策とは? みんなの銀行に聞く「運用コストゼロ、運用負荷ゼロの究極のシステム」
若い世代に向けて新しい形の銀行サービスを提供しているみんなの銀行。同行のサービスはクラウドネイティブなシステム構成を取っているのが大きな特徴だ。CIOの宮本昌明氏に、クラウドネイティブ時代の災害対策について聞いた。(2022/3/31)

DXリーダーに聞く エネルギー×DX:
エネルギー業界のDX、デジタルネイティブ企業はどう見る? 「エネルギーの無価値化」に取り組むデジタルグリッド【後編】
エネルギー業界で進むDXを追う本連載に初のベンチャー企業が登場する。デジタルネイティブ企業であるデジタルグリッドはエネルギー業界のDXをどう見るのか。そして、同社が取り組む「エネルギーの無価値化」とは何か。(2022/3/23)

「DXリーダーに聞く」 エネルギー×DX:
エネルギー業界のDX、デジタルネイティブ企業はどう見る? 「エネルギーの無価値化」に取り組むデジタルグリッド
エネルギー業界で進むDXを追う本連載に初のベンチャー企業が登場する。デジタルネイティブ企業でもあるデジタルグリッドはエネルギー業界のDXをどう見るのか。そして、同社が取り組む「エネルギーの無価値化」とは何か。(2022/3/16)

Alexa使いこなしすぎやろ! 子どもに「お風呂入るからゲームやめて」と言ったらまさかの行動に
デジタルネイティブ世代ならでは、ですね。(2022/3/2)

研究開発の最前線:
進まない研究のデジタル化、オリンパスはワークフローにフォーカスする
さまざまな産業でデジタル化の推進が求められている中、最も進展が遅いと指摘されることも多いのが「研究」である。科学機器大手のオリンパスが2021年10月に提供を開始したクラウドサービスの「OLSC」は、ライフサイエンス研究を行う大学や研究所における研究者のワークフローの支援にフォーカスすることで課題解決を目指している。(2022/2/28)

異色の日本人社長が見た米国モノづくり最前線(5):
【総括】日本のモノづくり再浮上のために――目指せ、製造業発のクールジャパン
オランダに育ち、日本ではソニーやフィリップスを経て、現在はデジタル加工サービスを提供する米プロトラブズの日本法人社長を務める今井歩氏。同氏が見る世界の製造業の現在とは? 今回は最終回として、これまでの連載内容を総括する。(2022/2/18)

データ分析戦略を支える、クラウド基盤の生かし方(3):
データが保険の売り方を変えた DX生かした新商品が好調、三井住友海上を支えるクラウド戦略
「データ分析導入でROIが取れるのか」。かつて高額なデータ分析の仕組み導入で辛酸をなめ、社内でもこんな言葉を投げかけられた担当者は、失敗を糧にした「無駄のないクラウド基盤戦略」で大規模なデータ分析を可能にし、販売手法の変革やヒット商品につなげた。その方法とは。(2022/2/17)

デジタルネイティブのためのユーザー体験(モビリティ編):
トヨタの超小型2人乗りEV「C+Pod」でさいたま〜東京を往復してみた 「FOMM ONE」とどう違う?
モビリティーシェアリングサービスを使い、話題の超小型EVに乗ってみた。(2022/2/16)

専用アプリ不要で「通話料が安い」「かけ放題対応」格安SIMは? おすすめ6サービス
よく通話するユーザーなら、MVNOへ乗り換える場合に通話品質以外にも「かけ放題はあるか」「標準の通話アプリ以外を使う必要はあるか」など、気に掛ける点が多いだろう。実際に通話料の安い事業者やかけ放題が安い事業者をまとめた。(2022/2/3)

中国バイドゥが調査:
Z世代が選ぶ「好きなチョコレート」 3位「ポッキー」、2位「きのこの山」、1位は?
中国の検索エンジン大手「百度」(バイドゥ)を運営するバイドゥの日本法人が、Z世代を対象に「好きなチョコレート」に関するアンケート調査を行った。その結果、最も人気があったのは「たけのこの里」(明治)だと分かった。(2022/2/1)

「KOKUYO ME(コクヨミー)」シリーズ:
コクヨ、“未来感”がテーマの文具5アイテムを新展開 ミレニアル・ゼニアル世代をターゲットに
コクヨは、次世代感をテーマとした4色のパステルカラーをまとった5アイテムを新たに展開。全国のロフト・東急ハンズにて2月2日から先行販売すると発表した。(2022/2/1)

1杯450円:
無人なのに高級コーヒーが飲める AIカフェロボット「root C」の革新性
近年、人気を集める「非接触」のサービス。JR新橋駅前や東京ソラマチなどに設置されているAIカフェロボット「root C」も、そのひとつ。同サービスを運営するNew Innovationsの中尾渓人CEOに、ビジネスモデルと反響を聞いた。(2022/1/30)

今日のリサーチ:
デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。(2022/1/26)

今日のリサーチ:
Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。(2022/1/25)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
よく分かる「デジタルネイティブ」入門(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「デジタルネイティブ」です。(2022/1/19)

小寺信良のIT大作戦:
出身地ガチャが生み出すGIGAスクール格差 高校の1人1台端末導入はどうなる?
(2022/1/19)

アプリは431万ダウンロードを突破:
りそなホールディングス南昌宏社長が語る コロナ禍でも業績好調の理由
りそなホールディングスは2022年3月期の中間決算を発表。銀行本来の業務からの利益である「資金利益」「フィー収益」「その他業務利益」の合計である業務粗利益は、前年同期比58億円増の3231億円で、親会社株式に帰属する中間純利益は同244億円増の808億円だった。同社の南昌宏社長にコロナ禍でも好業績の理由や今後の戦略を聞いた。(2022/1/8)

なぜITツールを入れても成果が出ないのか:
PR:デジタルワークプレースを「形」だけで終わらせない秘訣
オフィスとテレワークを柔軟に使い分けるハイブリッドワークの導入を目指す企業が増える中、一連のデジタルツールでコミュニケーション効率を高めるデジタルワークプレースに注目が集まっている。これを実現するための要件とは何か。(2022/1/5)

MVNOに聞く:
20GB+専用帯域で勝負 NUROモバイルはなぜ“格安”じゃないプランを導入するのか
NUROモバイルが矢継ぎ早に新料金、新サービスを打ち出している。20GBのデータ通信と特定サービスのデータフリーを打ち出す「NEOプラン」を11月に開始。低容量を軸にしたバリュープラスも、8GBプランを10GBに増量するなど、攻めの姿勢を打ち出している。(2021/12/20)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 “百貨店の未来”編:
LINEミニアプリにスカウター? パルコ・H2OリテイリングのDXリーダーが語る、物があふれた時代の百貨店
元メルカリCIO長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、パルコ執行役員の林直孝氏と、エイチ・ツー・オー リテイリング執行役員の小山徹氏。DXを率いるリーダーとして、両者が今考える「百貨店の未来」とは──。(2021/12/1)

エネルギー×DXの将来像:
遅れている? エネルギー業界のDX推進を阻む「壁」を乗り越えるには
近年、大変革が起きているエネルギー業界でDXはどう進んでいくのか。DX推進を阻むエネルギー業界特有の壁は存在するのだろうか?(2021/11/19)

NUROモバイルが「NEOプラン」提供 月額2699円で20GB、専用帯域で「MNO並みの品質」
ソニーネットワークコミュニケーションズが、11月1日からNUROモバイルで「NEOプラン」を提供する。月額2699円で20GBのデータ通信を利用でき、対象SNSはデータ通信量を消費しない。専用帯域を用いることで、MNOと同等の品質を目指すという。(2021/10/29)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
オリジナルデザインのウイスキーを妻に贈る 結婚の歳月を刻むラベル、どのフォントで表現するか
10年前に結婚記念として仕込まれた木樽を指輪の代わりに購入した夫婦。彼らのためにウイスキーのラベルをデザインした。(2021/10/29)

デジタル変革の旗手たち:
デジタルで20世紀型の産業構造を変革する――ラクスル 松本恭攝氏
伝統的な産業にデジタルテクノロジーを持ち込むことで、20世紀型のアナログな産業構造を変革し続けるラクスル。より適切なテクノロジーを導入し、顧客の課題に向き合い解決することで顧客のDXを着実に推進している。ITmedia エグゼクティブ エグゼクティブプロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2021/10/28)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
アイデアとソフトウェアが世界を変えるデジタルの時代こそIT部門が活躍すべきとき――IIBA日本支部代表理事 寺嶋一郎氏
コロナ禍でアフターデジタル時代を迎えようとしているいま、全社を俯瞰でき、ITという武器を持つIT部門こそが全社のDXを推進する先導役になるべきだ。そのためにやるべき7つのこととは。(2021/10/27)

ミレニアル世代の社会人に調査 「遊び」と「仕事」、どっちが優先?
ミレニアル世代(20〜30代)の社会人552人を対象にした、「遊び」に関する調査。(2021/10/19)

研究開発の最前線:
ラボの分析機器にもDXを、CBMによる予防保全とAR活用リモートサポートを提供
アジレント・テクノロジーが同社の分析機器向けに提供しているデジタルツールについて説明。ダウンタイムの短縮や修理コストの削減などにつながる予防保全のための「Smart Alerts」や、AR技術を用いたリモートサポートアプリ「CrossLab Virtual Assist」などの展開を2021年から推進しており、分析機器を活用するラボにおけるDXを支援する。(2021/10/15)

石野純也のMobile Eye:
大幅リニューアルした「povo2.0」のインパクト 楽天モバイルにも影響あり?
auのオンライン専用ブランド「povo」が、その内容を大幅に変え、「povo2.0」に生まれ変わる。使いたいときだけ必要なデータ容量をトッピングする仕組みは定着するのか。povo2.0の料金の仕組みを解説しながら、KDDIの狙いや業界に与えたインパクトを読み解いていきたい。(2021/9/25)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン[特別版]:
新1万円札の肖像、7年前に記念硬貨になっていた お札の博物館でお金の歴史をひもとく
新紙幣のデザインについて議論が活発だ。だが、見本画像だけでジャッジすることに違和感を覚えた筆者が行った先は。(2021/9/22)

パンデミックで変わる湾岸諸国の教育【後編】
コロナ禍が示した「教育IT」の可能性を“台無し”にしないためには?
湾岸諸国の教員はパンデミックにおいて、ITが教育に果たす役割をいや応なしに実感することとなった。ただしITを導入しただけではメリットを享受できない。鍵は教員一人一人がどう考え、どう動くかだ。(2021/9/15)

「全てをユーザー自身に組み合わせてもらう形に」──KDDIがオンライン専用ブランド「povo」を基本料0円にしたワケ
KDDIが発表したオンライン契約専用プラン「povo2.0」。月額基本料金を0円にし、通話料金やデータ容量を自由に組み合わせるプランに刷新した。料金体系を大きく変えた背景について、KDDI子会社の秋山敏郎社長は「全てをトッピングにしてユーザー自身に組み合わせてもらう形にした」と狙いを話した。(2021/9/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。