「クラウド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クラウド」に関する情報が集まったページです。

「Amazon S3」の利用料金を節約するための基本の「き」【後編】
「Amazon S3」を安く使う賢い方法 「S3 Intelligent-Tiering」「Amazon S3 Storage Lens」を駆使
AWSが用意する機能やオプションなどをうまく使えば、「Amazon S3」の利用料金を抑制できる可能性がある。主な手段を3つ説明する。(2022/1/21)

オープンソース「cURL」の作者、大企業から「24時間以内にこの質問に答えるように」との無礼なメールを受け取る
オープンソース「cURL」の作者に届いた大企業からのメールの内容が無礼だと話題に。cURLの作者は、問題の背景にオープンソースを理解していないユーザーの存在があると指摘している。(2022/1/26)

製造ITニュース:
中小製造業対象の基幹業務システムを用いた実証プロジェクト開始
シャープは、クラウド型基幹業務システムを用いた「基幹業務システムシェアリング」実証プロジェクトを、2022年1月から大阪府枚方市で開始した。基幹業務システムを使い、参画企業の経営効率化や生産性向上への貢献度を確認する。(2022/1/26)

Microsoft、クラウド好調で売上高が初の500億ドル超
Microsoftの2021年10月〜12月期の決算は2桁台の増収増益だった。コロナ禍による在宅勤務の継続で引き続きAzureやTeamsが好調だった。(2022/1/26)

きめ細かなアクセス制御ができる:
IIJがリモートアクセスVPNサービスでゼロトラスト的な機能を強化
IIJが、アクセス制御の機能を追加したクラウド型リモートアクセス VPN サービスを発表した。端末で多様な情報を取得し、可視化とポリシー設定のサイクルを回していくことができる。(2022/1/26)

製造業IoT:
IoT化を低コストで実現、デバイスに可視化サービスなどまとめた新サービス
SB C&Sは2022年1月18日、IoT(モノのインターネット)開発ボードなどを手掛けるobnizと共同で、センサーなどデバイスやサービスをパッケージ化したセンサーソリューション「Sense Connect」を開発したと発表した。(2022/1/26)

日立システムズが岐阜市にAzure Peering Serviceを導入 ICT活用と働き方改革を支援
日立システムズは、Azure Peering Serviceを利用したMicrosoft 365向けサービスを岐阜市に提供した。(2022/1/26)

クラウド型請求書発行サービス「請求QUICK」3月提供開始 中小向け無料利用プランも
SBIビジネス・ソリューションズは1月26日、クラウド型請求書発行サービス「請求QUICK」を3月1日から提供開始すると発表した。請求書の作成、承認、発行、そして入金確認、その後の経費処理まですべてWewb上で完結できる。中小企業向けに、月間50枚までの請求書発行なら無料で利用できるプランを設けた。(2022/1/26)

データの永久保存方法【前編】
データを「永久保存」する方法 ドイツの大学が持つ歴史的に貴重なデータとは?
重要なデータの中には、長期保存ではなく永久保存が必要になるものもある。ドイツのある大学が、貴重なデータを永久保存するための方法を模索している。(2022/1/26)

APIセキュリティへの懸念【第4回】
FacebookやTwitterも被害に 「API攻撃」の危険性と注意点は?
企業のDX推進に伴い、APIを狙う攻撃は広がり続けている。具体的な攻撃とそれによる被害を専門家が解説する。(2022/1/26)

データ復元時が問題:
「クラウド同期」と「クラウドバックアップ」はどこが違うのか
Backblazeはユーザーがクラウド同期とクラウドバックアップを利用してデータを適切に保護できるように、両サービスの違いと類似点を解説した。(2022/1/25)

攻撃力増すランサムウェア ウォレット、ホームネットワーク、衛星インターネットまであらゆる環境が標的に
フォーティネットジャパンによると、2022年はAPT手法の進化などでランサムウェアは破壊力を増しており、エッジ環境や重要インフラ、サプライチェーンにとって大きな問題になることが懸念されるという。(2022/1/25)

スマート工場最前線:
FA難民を救え! サイバーとフィジカルだけじゃないヤマ発のスマート工場【後編】
二輪車大手のヤマハ発動機は、実際にモノづくりを行う現場の人々にとって実利の得られる形で工場をスマート化する取り組みを進めている。前編に続き後編では、同社がスマート工場に向けて開発を進めている4つのキーテクノロジー「自働搬送」「自働検査」「自働作業」「状態監視+トレサビ」について紹介する。(2022/1/25)

NTT東がDX推進のための新会社設立 地方自治体や中小企業をワンストップ支援
NTT東日本は2021年1月24日、新会社「NTT DXパートナー」を設立すると発表した。地方の中小企業や自治体向けにDXコンサルティングやシステム実装などをワンストップで支援する。(2022/1/25)

工場ネットワーク:
PR:加速する工場のリモート化や多拠点管理、課題となるネットワークとセキュリティの問題
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による働き方改革をきっかけに、工場のリモート化や多拠点管理のニーズが顕在化している。その実現には外部とセキュアにつながる環境づくりが必須だ。工場向けネットワークへの取り組み強化を進める日本ヒューレット・パッカード Aruba事業統括本部 ビジネス開発営業本部 本部長の安藤博昭氏と、同第二技術部 部長の天野重敏氏、MONOist編集長の三島一孝が鼎談を行った。(2022/1/26)

ハイブリッドワークで変わるコミュニケーション手段【前編】
Web会議ブームでも「電話」は消えない 「音声通話」と「ビデオ通話」は融合か
Zoom Video Communicationsは「ユーザーにとって音声通話とビデオ通話の境目は薄くなった」とみる。同社は今後のユーザーニーズをどう捉え、どの製品分野を重視するのか。(2022/1/25)

「Teradata Vantage」を使ったリアルタイムデータ活用
逆境のアメリカン航空は「Azure」「Teradata」でチャンスをどうつかむのか?
パンデミックにより大きな打撃を受けたアメリカン航空は、この危機を機にデータの活用方法を変えることで、新たなビジネスチャンスを生み出そうとしている。パンデミックを乗り切るための同社の施策とは。(2022/1/25)

データセンターでレイテンシを減らすには【後編】
通信の遅延を抑えながら「クラウド」や「エッジ」を利用するこつは?
昨今、導入が進んでいるクラウドサービスやエッジコンピューティング。実はこれらがレイテンシを発生させる可能性がある。どういうことなのか。対策も含め紹介する。(2022/1/25)

生産性が大きく変わる
2022年にマネジャーが注目すべきソフトウェア開発3大トレンド
ソフトウェア開発チームを率いるマネジャーは、本稿が紹介する3つのトレンドを無視することは許されない。2022年はこのトレンドを実装できたかどうかで生産性に大差が生じるだろう。(2022/1/25)

PR:脱ハンコ・ペーパーレスが契約の電子化「だけ」では不十分なワケ
(2022/1/12)

声のプロに音声合成AIの品質はどう映る 声優・森川智之さんが語る“技術への向き合い方”
声優の森川智之さんは小学館のプロジェクトでその声をAIとして保存した。声のプロから見たAI音声合成の質について森川さんは「まだまだ問題はある」としながらも技術の発展については好意的だ。(2022/1/24)

freee会計、楽天銀行とのAPI接続停止 契約更新できず
freeeは1月24日、楽天銀行との間で行っていたAPI連携を2月24日夕方をもって停止すると発表した。これにより、freee会計において楽天銀行の口座明細の自動取り込みが行えなくなる。(2022/1/24)

なぜMicrosoftは7.8兆円投じてまでゲーム会社を買うのか 変革期に突入するゲームビジネス
米MicrosoftがActivision Blizzardを約7.8兆円で買収した。ZeniMax Mediaに続く大型買収だが、なぜMicrosoftはゲーム会社を次々に買収するのか。そこにはゲームビジネスが大変化しつつあるためだ。その背景をひもとく。(2022/1/24)

freee、楽天銀行との連携を2月に終了へ 口座の利用明細の自動取り込みが停止に
freeeは、クラウド会計ソフト「freee会計」をはじめとした同社の全サービスと、楽天銀行との連携を2月24日で終了する。これに伴い、楽天銀行の法人口座や個人ビジネス、個人口座の利用明細の自動取り込みを同日に停止する。(2022/1/24)

製造ITニュース:
製造DX支援ソリューションに装置の稼働管理機能を追加
凸版印刷は、クラウド型製造DX支援ソリューション「NAVINECTクラウド」に、製造装置の稼働状況やロス内容の記録を効率化する「稼働管理」サービスを追加した。簡単な画面操作で、装置の稼働予定や実績、イベント、ロス内容などを記録できる。(2022/1/24)

Weekly Memo:
会議リーダーの力量次第? ハイブリッドワークで生産性も安全性も上げるポイント
ニューノーマルの働き方として主流になりそうなハイブリッドワーク。だが実践するには、従業員のストレス増大やセキュリティインシデント発生といった「失敗」を生まないために注意すべきポイントが幾つかありそうだ。日本HPの話を基に考察する。(2022/1/24)

製造ITニュース:
DXを推進するアステラス製薬、「人とデジタルのベストミックス」で差別化図る
アステラス製薬はがDXに向けた取り組みを説明。同社は2021年5月に2021〜2025年度の中期計画「経営計画2021」を発表しているが、DXは達成の要の一つに位置付けられており、注力していく方針だ。(2022/1/24)

第6回 ジャパンビルド−建築の先端技術展−:
ビルメンテナンスのニーズに合わせたセンサーの提供を実現、オムロン
オムロンは、ビルメンテナンス用のセンサーに関して、これまで部品の単体売りをメインに行っていたが、顧客の課題解消にダイレクトにつながるセンサーの販売を目的に、多様なセンサーモジュール、電源モジュール、オプションモジュールを組み合わせて、ニーズに即したセンシングシステムを提供可能な体制を構築した。(2022/1/24)

旗振り役に聞く成功の秘訣:
PR:創業30年、老舗ソフトベンダーの「建設システム」がサブスク化できた3つの理由
静岡県富士市を本拠に建設業向けソフトウェアの開発、販売を手掛ける建設システム。ソフトウェアのサブスク化によるビジネス変革を実現後、急成長を成し遂げている。旗振り役を務めた担当者に変革の裏側、成功の秘訣(ひけつ)を聞いた。(2022/1/24)

「BIT VALLEY 2021 #07」セミナーレポート:
LINE、DeNA、ミクシィに聞く「私たちはこうやってテレワークを実現した」
テレワークが当たり前になり、働き方は大きく変化した。自宅でもオフィスにいるときと同じように働けるようにするため、IT担当者は日々頑張っている。だが、「今やっていることが正しいのかどうか他の企業の事例を知りたい」というIT担当者もいるだろう。そこで本稿は、2021年11月に開催された「BIT VALLEY 2021 #07」のセッションから、著名な企業が実施している「泥臭い作業」の実態を紹介する。(2022/1/25)

製造業DX基礎解説:
IoTを軸に製造業DXを進める4つのステージ、そしてはじめの一歩
製造業でも求められるようになっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。本稿では、IoTを軸とした製造業におけるDXの進め方を4つのステージに分けて解説する。また、製造業DXのはじめの一歩となるIoTで効果を得るための2つのポイントも紹介する。(2022/1/24)

システム運用の個別最適化が引き起こす課題とは
運用業務のサイロ化、属人化を解消するための3つのポイント
ヘルプデスク業務の共通化は進んだが、システムごとに運用作業や管理方法が異なる「サイロ化の問題」によって、運用・保守業務は非効率なままだ。各システムの運用・保守業務を効率良く統合して全体最適化を進める方法がある。(2022/1/24)

製造業DX:
PR:Lumada×5Gが実現する、製造業のレジリエントなビジネス基盤とは
不確実性の増すVUCAの時代を迎える中、複雑かつ曖昧で予測困難な未来への対応力を実現できるレジリエントなビジネス基盤が求められている。日立製作所は、製造業の間でも注目を集めている「ローカル5G」の環境の構築をワンストップで支援するとともに、デジタルイノベーションを加速するソリューション「Lumada」を5Gで強化するLumada×5Gによって、より高度なレジリエントなビジネス基盤の提供をめざしている。(2022/1/24)

これはオンプレミスがベスト
“脱クラウド”するしかない5つの納得の理由
クラウドファーストのうたい文句に踊らされてクラウド移行しても、課題が解決するとは限らない。本記事のどれかに当てはまったら、やるべきことは“脱クラウド”だ。(2022/1/24)

PR:要件緩和の一方で罰則強化も 改正電帳法に「正しく」対応する鍵
(2022/1/13)

本田雅一の時事想々:
ソニーは、“自身の役割“をどこに見つけたのか EV参入に勝ち目がありそうな理由
いよいよソニーグループは、自分自身の役割を見つけたのかもしれない。吉田社長にとって「ソニーが存在する意義」を探し求めることは、就任以来のテーマだった。EV参入はその一つだが、それだけが解答ではない。どういうことかというと……?(2022/1/22)

法人プリペイドカード一体型の経費精算システム「FEEDER Staple」、販売開始
 エムティーアイとクラウドキャストは1月20日、法人プリペイドカード一体型の経費精算システム「FEEDER Staple」の販売を開始した。(2022/1/21)

クラウド:
竹中工務店の「建設デジタルプラットフォーム」をオンプレミスからAWSへ完全移行、ITコスト25%削減
竹中工務店は、営業から、設計、施工、維持保全に至る各プロセスや人事・経理なども網羅したプロジェクトに関わる全データを一元的に蓄積し、AIやIoTなどで高度利活用するための統合基盤として「建設デジタルプラットフォーム」を運用している。しかし、今以上の業務効率化や複数のプロジェクトを横断したデータ活用を進めるために、既存のオンプレミス環境から、AWS Japanのクラウドサービス「AWS」へと完全移行することを決めた。(2022/1/21)

Gartnerが語る「Continuous Product-Centric Services」:
2022年以降のクラウドネイティブ、世界で広がる開発・運用支援サービスとは
クラウドネイティブ時代に、世界で企業向けの開発・運用支援サービスはどう変化していくのか。Gartnerは、開発・運用サービスが「プロジェクト中心」から「プロダクト中心」のモデルに急速に変化していくと予測している。(2022/1/24)

財務のテレワーク支援に:
オフィスの銀行振り込み業務、テレワークで自動化 日本CFO協会らが新サービス
日本CFO協会らは、WinActorを活用し、テレワーク環境下でも銀行振り込み業務や請求書処理を自動化できる「らくらく振込」の提供を開始。「テレワーク導入は2割」という経理・財務部門のDX支援策としてサービス展開を見込む。(2022/1/21)

製造業がサービス業となる日:
株式売却も日立との技術連携深める日立建機、DX基盤の構築で国内営業の革新へ
日立建機と日立製作所は、日立建機がグローバルで展開する事業のDXを加速するための「DX基盤」を構築したと発表。その活用の第1弾となるのが、日立建機傘下で国内の建設機械の販売や部品・サービス事業などを担う日立建機日本の販売、サービス、レンタル、中古車の各担当者を対象に運用を始める「営業支援アプリ」である。(2022/1/21)

FAメルマガ 編集後記:
工場DXに必要な“4つのD”、日本企業の課題は後半の2つ
なぜ進まないのかを切り分けて考えていくと見えることがあるかもしれません。(2022/1/21)

デジタル人材20万人育成へ Modisと日本マイクロソフトが協業開始
日本マイクロソフトとModisは、デジタル人材育成に向けた協業を開始する。DX推進を担うデジタル人材を2025年までに20万人育成することを目標とする。(2022/1/21)

「複雑化する攻撃手法に対応できていない」:
半数が「業務委託先のセキュリティ対策」を把握していない KPMGコンサルティングが「サイバーセキュリティサーベイ2022」を発表
KPMGコンサルティングは、「サイバーセキュリティサーベイ2022」を発表した。「過去1年間にサイバー攻撃あるいは不正な侵入を受けたことがある」企業の割合は30.5%。「情報セキュリティ人材が不足している」企業の割合は79.0%に上った。(2022/1/21)

製造IT導入事例:
溶接機メーカー、受注管理の迅速化に向けてクラウドERPとSCMを採用
日本オラクルの「Oracle Cloud ERP」「Oracle Cloud SCM」製品群を、小池酸素工業が採用した。ソリューション導入により、部門間にわたるデータが一元化され、処理が自動化したことで業務効率が向上した。(2022/1/20)

エッジコンピューティング:
エッジデバイスを遠隔管理するIoT基盤、NTTコムが「SDPF Edge」提供開始
NTTコミュニケーションズは2022年1月18日、データ利活用基盤である「Smart Data Platform」において、新たにエッジコンピューティングサービス「SDPF Edge」を提供開始すると発表した。SDPFのサービスなどをオンプレミス環境で実行可能にする。(2022/1/21)

Cloud Nativeチートシート(12):
不正アクセス、盗聴を防ぐ――マイクロサービスのセキュリティを向上させる4つのIstio機能
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、Istioのセキュリティ機能に焦点を当て、通信の暗号化、認証/認可の機能を紹介する。(2022/1/21)

クラウド時代、オンプレミス仮想化基盤のあるべき姿
専門家に聞く、Nutanixを余すことなく活用していく方法
HCIはITインフラの在り方を考える上で重要な製品の一つだ。代表的な製品といえば「Nutanix」だが、その優れた有用性を活用するには押さえておきたいポイントが幾つかあるという。提案、導入、運用のプロフェッショナル2人に話を聞いた。(2022/1/25)

PR:リモートワーク時代の営業活動を成功に導く絶対条件とは?
(2022/1/14)

Webコンソールでビジュアルに設定:
Dellがマルチクラウドデータサービス、「クラウドベンダーロックインから解放」
Dell Technologiesが、主要クラウドに対応したデータサービス、「APEX Multi-Cloud Data Services」を発表した。クラウド間のデータ転送を回避し、クラウドベンダーロックインから解放するとしている。(2022/1/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。