• 関連の記事

「業務改革」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「業務改革」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

B2B企業のメルマガ成果を調査:
B2B企業のメルマガ開封率は? 配信内容は「商品・サービス情報」が最多
B2B企業のメルマガ開封率やクリック率はどれくらいか? メルマガの成果について調査した。(2024/6/11)

「フルリモートだが、仕事の満足度は低下」 なぜ起こる?
コロナ5類化移行にテレワーク比率が増えた層に対し、フルリモート勤務をしている層の仕事への満足度が低かったことが分かった。なぜ、同じテレワークなのに、満足度に差が出るのか? 調査からそのワケを探っていく。(2024/6/11)

働き方をデザインする:
「完全週休3日制」は職場をどう変えた? 伊予鉄流、働き方改革の進め方
伊予鉄グループが導入した「完全週休3日制」。うらやましく映る制度、実は社員には「レベルの高い要求をしている」という。一体、どういうことなのか。(2024/6/7)

最多は「エクセル・スプレッドシート」:
入退社手続き、4割超が「紙ベース」で管理 「管理できていない」の声も
調査から、4割以上が入退社手続きを「紙ベース」で管理していることが分かった。それにより、どのようなトラブルが頻発しているのか?(2024/6/6)

設計者CAE教育のリデザイン(再設計)(4):
ビジョンなき教育に効果なし……CAE活用のグランドデザインの必要性
連載「設計者CAE教育のリデザイン(再設計)」では、“設計者CAEの教育”に焦点を当て、40年以上CAEに携わってきた筆者の経験に基づく考え方や意見を述べるとともに、改善につながる道筋を提案する。連載第4回では「CAE活用のグランドデザインの必要性」について解説する。(2024/6/6)

給与とメンタルをむしばむ「多重下請け構造」 なぜ法規制しきれないのか?
「多重下請け構造」の問題点は長年指摘されていますが、なぜ法規制しきれないのか? 社会保険労務士がそのワケを解説します。(2024/6/5)

製品動向:
インフラ業界で現地調査時の野帳や施工記録に活用できる「ANDPAD 3Dスキャン」を開発
アンドパッドは、インフラ業界向けに、現地調査時の野帳や施工記録として活用できる新たなプロダクト「ANDPAD 3Dスキャン」の提供を開始した。iPhoneProとiPadProに付随するLiDAR機能を活用し、CADや3Dを使用したことがない人でもスマートフォンやタブレットで簡単にスキャンができる。(2024/5/30)

教えて!あの企業の20代エース社員:
富士通の27歳エース社員、1年目で花形部署に異例のヘッドハント 信条は「3カ月で成果出す」
新卒1年目で富士通のグループ会社に入社した寺島さん。まさかの1カ月で異動希望を提出し、現在は本社の花形部署で働く。新卒4年目の現在までにどのような経験を積んできたのか、取材した。(2024/5/30)

BIMを軸とした建設業の未来像 Vol.2:
建設業の課題解決には「情報とそのマネジメントの成熟度が不可欠」伊藤久晴氏がBSIで講演
BIMの根幹となる“情報マネジメント”は、設計〜製造〜施工〜運用の建設生産プロセスで、あらゆる情報が“つながる”ことを意味する。BIMによる情報マネジメントが可能になれば、単にIT化や業務効率化だけでない業界や産業を超えたDX=変革が実現し、その先には建設からのアプローチによる持続可能(サステナブル)な社会ももたらされる。(2024/5/22)

PwCがサイバーリスクに関する調査結果を発表:
デジタル法規制による自社への影響 CISOに比べてCEOは過小評価する傾向がある
PwC Japanは、サイバーリスクに関する調査「Global Digital Trust Insights」の結果を発表した。増加するデジタル分野の法規制について、日本企業の経営層は「大幅なコンプライアンスコスト増加や業務改革に迫られている」と認識していることが分かった。(2024/5/21)

ビジネスとITを繋ぐビジネスアナリシスを知ろう!:
ビジネスアナリシスの知識体系BABOKガイドとは(後編)
ビジネスアナリシス(BABOK)がいかにビジネスとITを結びつけることができるか、さらにデジタルトランスフォーメーションにも大きく貢献できる知識体系にもなっている。(2024/5/21)

企業姿勢が問われる:
なぜカスハラが増えているのか 2つの要因
カスハラは従業員の精神を蝕む。カスハラを放置すれば企業の存続を脅かすことになる。経営者はしっかりと認識すべきだ。(2024/5/17)

新時代のサプライチェーンマネジメント戦略(1):
変わらねばならない製造業のSCM 「戦略」「組織」「人材」の抜本的見直しを
さまざまな企業課題に対応すべく、サプライチェーンマネジメント(SCM)のカバー領域や求められる機能も変化している。本連載では、経営の意思を反映したSCMを実現する大方針たる「SCM戦略」と、それを企画/推進する「SCM戦略組織」、これらを支える「SCM人材」の要件とその育成の在り方を提案する。(2024/5/10)

SCM改革:
PR:中堅製造業こそSCM改革が必要だ! 予測業務や計画業務のDXを助ける心強い味方
SCM改革に関心はあっても、導入コストや対応できる人材の不足がネックになり二の足を踏んでいる中堅製造業は多い。そんな企業を助けるのがザイオネックスの「PlanNEL」だ。多数のSCM支援のノウハウを詰め込んだソリューションを低コストかつ万全のサポート体制で導入できる。(2024/5/7)

信頼を失う「愚かなやり口」:
「ダークパターン」とは何か 大企業も平気に使っている背景
Webサイトにおけるダークパターンはユーザーを欺くための「短期的には効果的な手法」だが、長期的に見れば当該企業への信頼を失うことにつながる「愚かなやり口」だ。(2024/4/18)

Weekly Memo:
ユーザー企業にとって真の「共創パートナー」とは? Salesforceの新ビジネスから考察
Salesforceが新たなパートナー施策として、SaaSのアウトソーシングによるビジネスモデルを本格的に展開し始めた。キーワードは「BPaaS」だ。果たして、DXに取り組むユーザー企業に受け入れられるだろうか。(2024/4/15)

DXの成功に必要な取り組みについて提言:
日本企業のDXは「顧客への価値提供」ではなく「目前の課題解決」が目的になっている ガートナー
ガートナージャパンは、DXにおける業務改革の重要性についての提言を発表した。同社の川辺氏は「業務改革によって顧客にどのような価値がもたらされるかについて再確認することが重要だ」としている。(2024/4/15)

市場競争力が“失われる”IT投資の特徴は? ガートナーが「2027年までに見直すべきこと」を提言
ガートナーによると、日本企業が進めるDXの多くは、ビジネス価値を高めるものではない。また、「ある特徴」のあるIT投資は死に金になるだけでなく、企業の競争力を失わせるという。「生きた投資」にするために何を見直すべきか。(2024/4/12)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
国内製造業の生成AI活用は「進んでいる」 しかし、一歩リードを生かせるのか
国内製造業がリードし続けられるか、勝負はまだまだこれからです。(2024/4/8)

建設ICTで切り拓く、現場の安全衛生と生産性の向上(6):
ICT活用で施工管理に変革の兆し 重責ある“5大管理”を効率化!【連載第6回】
連載第6回は、4大または5大管理と呼ばれる建設業の施工管理にフォーカス。施工管理を効率化する建設ICTツールとして、施工管理アプリや特殊カメラ、レベル4解禁後でも普及が進まないドローンなど、それぞれのメリットと現状の課題などを踏まえながら解説します。(2024/4/5)

伊藤忠丸紅鉄鋼が進める「泥臭い業務改革」 200個のアプリを内製で開発
デジタル化が遅れる鉄鋼業界で、伊藤忠丸紅鉄鋼がITを利用した業務改革を進めている。草の根的な活動から始め、現在では約200個のアプリを開発した同社の取り組みとは。(2024/3/30)

4つの事例に学ぶ:
PR:ノーコードツールをDXにつなげるための人材育成とガバナンス確保の肝
現場の従業員が自ら業務を改革する手段として、ノーコードツールが普及している。そのための人材をどうやって育てればよいのか、ガバナンスをどうやって確保するのか。ノーコードツールのエキスパートが語った。(2024/3/28)

設計業務のリモート化:
PR:設計のリモート化がもたらしたのは、事業所間のコラボレーションを最大化する環境
日立産機システムは、日立製作所の「3次元仮想デスクトップサービス」を導入した。これによって、設計者は従来のワークステーション利用による作業場所の固定化やセキュリティ面の懸念から解放され、業務のリモート化や事業所間の業務標準化などを達成した。(2024/3/28)

医療ITコンサルタントのためのQ&A【第7回】
政府主導の「医療DX」は成功するのか 医療現場が感じるギャップ
政府は医療DX構想「医療DX令和ビジョン2030」を掲げ、電子カルテの普及や標準化を推進しています。それ自体は望ましいとしても、医療現場はギャップを感じています。なぜでしょうか。(2024/3/26)

キャリアニュース:
2023年度の転職市場動向は「GX人材ニーズの多様化」「人材要件の詳細化」
リクルートは「2023年度 転職市場の動向」についての調査結果を発表した。GX人材へのニーズが多様化していること、求人の詳細化や明確化が人材採用に有効であることが分かった。(2024/3/22)

製造マネジメントインタビュー:
製造DXで現場人材を本気にさせるのに必要なこと 地に足の着いた改革を
国内製造業を取り巻く環境は急速に変化している。この中で製造業が新たな価値を出し続けるには、DXの取り組みが急務だ。だが、業界全体でみるとDXの取り組みはどの程度進んでいるのか。現時点での国内製造業のDXについて、進展度合いや課題点を聞いた。(2024/3/22)

ビジネスとITを繋ぐビジネスアナリシスを知ろう!:
なぜDXにおいてビジネスアナリシスが必要なのか
DXが叫ばれ、多くの企業がDXに取り組んでいるが、もう一つうまくいってないように感じるのはなぜだろう。日本にビジネスアナリシスが普及してないことに起因しているのではないだろうか。(2024/3/19)

野望は、他社の目標となる一流システムの実現:
PR:小さな一流企業が目指す小さな一流システムの内製開発
これまで人手も時間もかかっていた見積もりや生産計画作成の自動化に始まり、ERPのサブシステムも、受注予測も――ローコード開発ツールFileMakerで実現してゆくITによる社内改革。(2024/3/7)

設計者CAE教育のリデザイン(再設計)(1):
これでいいのか!? 設計者のCAE教育
連載「設計者CAE教育のリデザイン(再設計)」では、“設計者CAEの教育”に焦点を当て、40年以上CAEに携わってきた筆者の経験に基づく考え方や意見を述べるとともに、改善につながる道筋を提案する。(2024/3/7)

データ活用は「ボトムアップ」がカギ パナソニック ホームズ、社内日報をデータ化 社員教育などで成果
住宅メーカーのパナソニック ホームズでは2019年から、ビジネスチャットツール「LINE WORKS」を使ったデータ活用に取り組んでいる。社員の活動実績をデータ化し、社員教育などで成果を得ているという。旗振り役を担った担当者に導入までの経緯を聞いた。(2023/3/13)

レガシーなERPシステムからの脱却【前編】
製糖会社の「S/4HANA」移行 “30年来のSAPユーザー”が直面した老朽化問題
製糖会社Florida Crystalsは古くからSAPのERPシステムを運用している。AWSのパブリッククラウドに移行してシステム設計をシンプルにする前、同社のERPシステムはどのような課題を抱えていたのか。(2024/2/21)

クラウドサービス型は今後も拡大見込み:
過半数のベンダーが10%を超える成長 ITRが国内のローコード/ノーコード開発市場を予測
ITRは、国内のローコード/ノーコード開発市場規模の推移と予測を発表した。同社は同市場のCAGR(2022〜2027年度)を14.0%、2025年度には市場規模が1000億円を超えるとみている。(2024/2/20)

マーケティング業務の自社主導へのシフトを支援:
NTTデータグループのクニエが「マーケティングリーダーシップ支援サービス」提供開始
デジタル化の進展に伴うマーケティング業務の高度化をはじめ、マーケティング部門の本来業務を自社主導で行う力(マーケティングリーダーシップ)の強化を支援する。(2024/2/16)

地方銀行事例に学ぶ業務改革
武蔵野銀行が“脱Excel”に成功した報告業務の効率化アプローチ
武蔵野銀行は、「Microsoft Excel」での報告業務の手間に悩んでいた。ある方法で脱Excelを果たし、その工数を削減したという。(2024/2/29)

PR:「RPAが社内スケールしない」問題を解決に導く、稼働の視覚化と現場特化型RPAのススメ
RPAは業務を効率化する強力な手段として普及してきたが、社内へのスケールの際に課題が生じることがある。この課題を解消するためには「視覚化」と「現場利用」が重要なポイントだという。(2024/2/13)

業務のムダ改革:
ベテラン離脱でバックオフィスが窮地に ある物流会社がクラウド化に舵を切った理由
三重県の物流会社が人事労務のクラウド化に舵を切ったのは、あるベテラン社員の退職がきっかけだった。どのようにして業務改革を進めていったのか。(2024/1/25)

BIM:
船場がBIM活用を強化 専門部署設立で業務効率化、新事業創出を推進
商業施設やオフィスの設計・施工などを手掛ける船場は、BIMの新部門「BIM CONNECT本部」を設立した。BIMデータの全社一元管理による生産性向や、新規事業の創出に向け、BIMを基盤としたデジタルプラットフォームを構築する。(2024/1/22)

「紙の断捨離」わずか3年で半減の成果 エプソン子会社に聞くその秘訣
2024年は電子取引のデータ保存が義務化され、これまで二の足を踏んでいた企業にとってもペーパーレスは喫緊の課題といえる。21年度から本格的に取り組みを始め、絶大な効果を生み出しているエプソン販売の事例を基に取り組みのヒントを探る。(2024/1/22)

紙を扱うエプソンが、客にあえて「ペーパーレス」を勧めるワケ 社内では反発も
DXにリモートワークと、着々と社会でペーパーレスが進む。その潮流に逆らうことなく、乗っかっているのがプリンタ大手のエプソンだ。どういう狙いがあるのか。(2024/1/18)

物流のスマート化:
歩かない物流センターで60%の省人化、新開発の予知保全が自動倉庫の保守最適化
エレコムが西日本の物流拠点として開設した“人が歩かない”兵庫物流センター。そこで導入したのが、イトーキのシャトル式立体自動倉庫システムだ。(2023/12/22)

製造IT導入事例:
住友精化が基幹業務システムを「RISE with SAP」に刷新
住友精化は基幹業務システムを「SAP S/4HANA Cloud」を中心としたクラウドオファリング「RISE with SAP」へ刷新した。日本IBMが移行を支援した。(2023/12/20)

PR:AIの活用で、日本企業はもっと強くなる! レノボ・ジャパン檜山社長が「Lenovo Tech World Japan '23」で明かしたAIとの向き合い方
レノボ・ジャパンとレノボ・エンタープライズ・ソリューションズが12月5日、リアルイベント「Lenovo Tech World Japan '23」を開催した。「AI for all」をテーマに行われた本イベントに込めた思いを、レノボ・ジャパンの檜山太郎社長に聞いた。(2023/12/20)

森永乳業がHUEを採用 抱えていた課題と選定理由とは
森永乳業が業務改革の一環でHUEを採用した。採用に至った理由は何だったのだろうか。(2023/12/19)

AIによる業務改革が本格化:
AIセントリックな組織、ナレッジのマルチモーダル化 ITRが「2024年に来る」と予測するIT戦略テーマを発表
ITRは、2024年に企業が注目すべき12のIT戦略テーマ「ITR注目トレンド2024」を発表した。同社は「AI革命が新たなステージに突入したことを認識し、DXを推進することが企業に求められている」としている。(2023/12/1)

購買業務改革:
PR:2年間で654時間を削減 小田急電鉄が推進した購買管理基盤による業務変革
為替を含む物価高騰などの影響を受け、企業を取り巻く購買環境は厳しさを増している。こうした中でより効率的な購買業務の実現に取り組んでいるのが大手私鉄の小田急電鉄だ。同社の取り組みを紹介する。(2023/11/30)

生成AI導入が進む企業、進まない企業【後編】
生成AIが普及しない理由は「単に高いから」なのか
市場における存在感をますます強める生成AIだが、その導入状況については企業間で差がある。企業への生成AI導入を進めるためには、ある視点を忘れてはならない。(2023/11/16)

モノづくり革新のためのPLMと原価企画(6):
PLMでプロダクト単位の損益を見る、設計と経営をつなぐモノづくりの考え方
本連載では“品質”と“コスト”を両立したモノづくりを実現するDX戦略を解説する。第6回は設計と経営をつなぐ上で必要となる考えと、そのためになぜPLMが必要かを解説する。(2023/11/14)

松尾豊東大教授が明かす 日本企業が「ChatGPTでDX」すべき理由
松尾豊東大教授が「生成AIの現状と活用可能性」「国内外の動きと日本のAI戦略」について講演した。(2023/11/10)

ChatGPTの使い方は先進企業に学べ パナソニック コネクトのAI活用戦略から探る
OpenAIの「ChatGPT」をベースにしたAIアシスタントサービス「ConnectAI」を開発し、社内の業務改革を推進するパナソニック コネクト。2023年9月には、AIが自社固有の情報を扱えるようにするための開発・検証作業を新たにスタートさせた。どのような追加開発をしているのだろうか。(2023/11/2)

脱ホワイトボードで得た“一石五鳥” 日本旅行のハイブリッドワーク戦略
旅行大手の日本旅行は、ハイブリッドワークの推進に向け、さまざまな業務改革を進めている。従来はホワイトボードで社員の在席・勤務状況を管理していたが、代わりにITツールを導入することで、副次的な効果も生まれたという。デジタル化で見えてきた、同社のハイブリッドワーク成功の兆しとは――。(2023/11/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。