• 関連の記事

「バイオマス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バイオマス」に関する情報が集まったページです。

プロジェクト:
大分県玖珠郡九重町で低コスト・グリーン水素製造実証プラントが完成、清水建設
清水建設は、大分県玖珠郡九重町で完成した低コスト・グリーン水素製造技術実証プラントの実証運転を2022年8月に開始した。実証運転に先立ち、関係者約30人を招き、2022年7月28日に現地で実証開始式を行った。(2022/8/4)

限定グッズも:
ブルーボトルコーヒー、初のソフトクリーム発売 8月末オープンの神戸の店舗限定で
カフェチェーン「Blue Bottle Coffee」が8月末にオープンする兵庫県神戸市の店舗限定で、ソフトクリームの販売に乗り出す。運営元のブルーボトルコーヒージャパンが明らかにした。同ブランドとしてアイスクリームの販売は国内初。(2022/8/1)

10月に全国拡大:
モス、米からできたスプーンを導入 脱プラ促進へ
モスは米からできたスプーン、フォークを導入する。年間3トンのプラスチック削減を見込む。脱プラ促進へ。(2022/7/27)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
プラスチック問題の解決が求められる消費財メーカー
国連のプラスチック汚染に関する国際条約は、海洋に流出する何百万トンものプラスチックゴミを削減する大きな一歩となりそうです。各国政府が具体的な取り組みを加速する中、フィデリティは消費財メーカーに対して、地球上最も重大な課題の1つに現実的な解決策を提供するよう働きかけています。(2022/7/22)

材料技術:
ENEOSと自動車メーカー4社でバイオエタノール、原料栽培から燃料製造まで共同研究
ENEOS、スズキ、SUBARU(スバル)、ダイハツ工業、トヨタ自動車、豊田通商の6社は2022年7月20日、「次世代グリーンCO2燃料技術研究組合」を設立したと発表した。(2022/7/21)

BEVで勝負:
アウディが仕掛けるEVとSDGs戦略 次世代パワートレインはEVで確定
アウディは2026年以降に全世界で発表するモデルは全て電気自動車で、33年を最終期限として内燃エンジンの生産は段階的に廃止する。岡山県真庭市で実施したツアーの様子と共にEVとSDGs戦略をひもとく。(2022/7/15)

顧客満足度が最も高いコンビニ:
「セコマ」はなぜ、レジ袋無料を続けるのか トップが「これでよかった」と語る背景
レジ袋の有料化が当たり前になった今、無料配布を継続するコンビニがある。北海道No.1のコンビニチェーン、セイコーマートだ。丸谷会長が「これでよかった」と語る背景に迫る。(2022/7/12)

高根英幸 「クルマのミライ」:
クルマが壊れる3つの原因 故障のパターンとこれからの自動車社会に起こる変化
クルマのメンテナンスフリー化が進んでいる。新車から5年はオイル交換のほかは、燃料給油とタイヤの空気圧を管理する程度で走り続けることが可能なくらい、クルマの信頼性が高まっている。けれども機械や電子部品は永久に使い続けられるものではない。(2022/7/11)

相模湾の近くに:
近未来型のデザイン! トレーラーホテルが逗子と三浦に開業
「リビエラ逗子マリーナ」と「リビエラシーボニアマリーナ」を運営するリビエラリゾートは、トレーラーハウスを活用した宿泊施設「SPACE KEY POINT(スペースキーポイント)」をオープンした。(2022/7/10)

Cerebrasのウエハースケールエンジン:
シングルプロセッサで200億パラメーターを持つAIモデルを学習
Cerebras Systems(以下、Cerebras)は、第2世代のウエハースケールエンジンの能力を披露し、単一デバイスでトレーニングしたAI(人工知能)モデルとして最大記録を樹立したと発表した。(2022/7/8)

省エネ機器:
バイオマス発電所の排出CO2をほぼ全て回収可能に、三菱重工の新装置が稼働
三菱重工エンジニアリングがバイオマス発電所に導入したCO2回収装置が本格稼働。発電所が排出するCO2をほぼ全て回収可能だという。(2022/7/5)

カーボンニュートラル:
西松建設が木質バイオマス発電事業に進出、山口県で木質バイオマス発電所を開発
西松建設は、同社の子会社として山陽小野田グリーンエナジーを山口県山陽小野田市で設立し、県内で木質バイオマス発電所を開発することを公表した。(2022/7/5)

エネルギー管理:
2023年度に「長期脱炭素電源オークション」が始動、対象電源と制度設計の詳細は?
「2050年のカーボンニュートラル実現」に向け、新たな低炭素電源のへの投資拡大を目的とした新制度「長期脱炭素電源オークション」が2023年度からスタート。本稿ではその概要について解説する。(2022/6/29)

プロジェクト:
福島県で発電規模1990kWのバイオマス発電設備の運転を開始、奥村組
平田バイオエナジーは、福島県石川郡平田村で開発を進めていたバイオマス発電設備「福島平田村バイオマスパワー1号」の運転を2022年5月29日に開始した。(2022/6/23)

法制度・規制:
省エネ法が抜本改正! 再エネ活用を促す新たな制度も――事業者の対応は何が変わる?【前編】
2022年5月に改正が決まった省エネ法。新たに太陽光などの再エネや、アンモニアなどの「非化石エネルギー」の利用や、デマンドレスポンスなどの需要家側の対策に関する内容が盛り込まれるなど、対象事業者にとっては“抜本的な改正”となりそうだ。本稿では2023年4月の施行に向けて進められている詳細な制度設計の方向性と概要を解説する。(2022/6/16)

ハノーバーメッセ2022:
軽く、安価で、柔軟な「世界初」の空気圧式の協働ロボット
ドイツのFestoは、世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」(2022年5月30〜6月2日)において、「世界初」(同社)とする空気圧式の協働ロボット「Festo Cobot」を公開した。空気圧による動作を実現したことで17kgと軽量かつ、可搬質量3kgの同クラス電動型製品より安価を実現するという。2023年の販売開始を予定している。(2022/6/17)

バンダイ、「ガシャポン」カプセルに史上初の“紙製カプセル”導入スタート 温室効果ガスの排出量を約30%削減
紙パウダーを51%以上含むエコ素材を使用します。(2022/6/7)

脱プラ:
バンダイ、ガシャポンで“紙のカプセル”を導入 可燃ごみとして廃棄可能
バンダイはガシャポンで"紙"のカプセルを導入する。可燃ごみとして廃棄可能で、温室効果ガスの排出量約30%削減を実現した。6月の第4週から全国のガシャポンに導入する。(2022/6/7)

サステナブル設計:
国産巨大3Dプリンタとリサイクルシステムを一体化、「鎌倉発」の最先端ラボ公開
慶應義塾大学SFC研究所 環デザイン&デジタルマニュファクチャリング共創ラボは、科学技術振興機構の「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」において、地域共創分野育成型プロジェクトとして採択された「デジタル駆動超資源循環参加型社会共創拠点」の地域研究活動サテライト拠点として開設する「リサイクリエーション 慶應鎌倉ラボ」の内覧会を開催した。(2022/6/7)

自動車業界の1週間を振り返る:
スクーター、子ども用のカート、ラジコンカー……小さな水素タンクを思い返す
さて、今週末は2022年スーパー耐久シリーズの第2戦となる富士24時間耐久レースが開催されます。バイオディーゼルエンジンや水素エンジンなどが市販車に近い状態で走るので、カーボンニュートラルに向けた各チームの試みが見どころの1つではないでしょうか。(2022/6/4)

都市に眠る木質廃棄物で電力の地産地消 大阪・大東市のバイオマス発電事業者
大阪府大東市の生駒山中で「木質バイオマス発電」を手掛ける新電力会社の取り組みが注目されている。(2022/6/3)

カーボンニュートラル:
大林組がリグニンを添加したコンクリを開発、1キロ当たり約2.4キロのCO2を吸収
大林組は、コンクリートに木質バイオマスを添加することで、コンクリート構造物に長期間CO2を固定する「リグニンクリート」を開発した。今後は、汎用性の高いコンクリート2次製品への適用を進め、コンクリート構造物の施工に使用することでCO2を固定化し、環境負荷の低減に貢献する。(2022/5/30)

脱炭素:
水素由来燃料の採用増えるか、カーボンニュートラル燃料の分野別市場調査
富士経済は、カーボンニュートラル燃料の市場調査結果を発表した。2050年には、液体CN燃料市場は80兆347億円、固体CN燃料市場は11兆4573億円、気体CN燃料市場は34兆8781億円になると予測する。(2022/5/16)

Transport Dive:
ペプシの車両“グリーン化”戦略 なぜ「リスク大」の開発に投資するのか?
食品・飲料の大手のペプシは2030年までに温室効果ガス排出量の75%削減に取り組む。同社の戦略がユニークなのは、そのために必要な機器開発の初期段階から投資していることだ。なぜ大きなリスクをとってまでグリーン化に取り組むのか。(2022/5/16)

プロジェクト:
愛媛県内子町で地域連携型のバイオマス発電所が着工、竹中工務店
竹中工務店は、内藤鋼業やサイプレス・スナダヤ、三洋貿易、大日本コンサルタントとともに、愛媛県内子町で開発を進めていた「内子龍王バイオマス発電所」が2022年5月に着工したことを公表した。今後は、内子龍王バイオマス発電所の事業を通じ、地域の脱炭素化や防災力強化に貢献する木質バイオマス発電事業として、地方自治体や地元企業と連携した「木質バイオマスによる持続可能なまちづくり」の先導モデルとなるように取り組んでいく。(2022/5/16)

カーボンニュートラル:
住宅のライフサイクル全体でCO2収支マイナスに、BF構法を採用した住友林業の「LCCM住宅」
住友林業は、戸建て住宅のライフサイクル全般にわたり、CO2収支をマイナスにする「LCCM住宅」を全国で発売した。年間100棟の受注を目指すLCCM住宅には、オリジナルの木質梁勝ちラーメン構造「BF構法」を採用することで、0.3ヘクタールの杉林が50年間に吸収するCO2量に相当する炭素固定量が実現する。(2022/5/9)

脱原油 ごみ・植物・廃油から化学品、環境負荷を削減 最大手ら技術開発急ぐ
化学大手が、植物をはじめとするバイオマス原料から樹脂などの化学品を作る技術の開発を急いでいる。(2022/4/20)

国内初のグリーンボンド(環境債)発行へ 日本取引所や日立らがブロックチェーンを活用
日本取引所グループと日立製作所、野村證券、BOOSTRYの4社は、公募ホールセール向けグリーンデジタルトラックボンドの発行に向けて協業を開始する。同ボンドで調達した資金は、バイオマス発電や太陽光発電の設備に充当される。(2022/4/19)

熱いぜ! あの「マツダスピード」再来か 「スピードを楽しむ」新ブランド、マツダが開始
また、マツダスピードアクセラみたいなクルマ出してほしいなー♪ 謎の「マツダ製スポーツ自転車」も爆誕、な、何これー!(2022/4/15)

産業動向:
発電容量が20.4MWの陸上風力発電所が青森県六ケ所村で開業、大林組
大林組は、青森県六ケ所村で発電容量が20.4MW(定格出力)の陸上風力発電所「上北小川原風力発電所」が完成したことを公表した。(2022/4/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダのラージPF、CX-60プロトタイプに乗る
長らく話題になってきたマツダのラージプラットフォームの頭出しとして、CX-60が発表になった。さらに、それに先駆けて、山口県美祢のマツダのテストコースで、プロトタイプモデルの試乗会が行われた。諸般の都合で、大事なことをいろいろ置き去りにしつつ、まずはインプレッションから書き始めなければならない。(2022/4/11)

バイオ燃料使用のレーシングカーを初公開 マツダが「オートモビル カウンシル2022」に出展
楽しみすぎる〜!(2022/4/8)

電動化:
大排気量の新開発ディーゼルエンジンで、マツダは「電動化の移行期」に打って出る
マツダは2022年4月7日、新世代ラージ商品群の第1弾となるクロスオーバーSUV「CX-60」の日本仕様を公開した。日本では2022年秋に発売予定だ。価格や販売目標について現時点では公開しなかったが、パワートレインは4種類設定し、既存モデルの「CX-5」の乗り換えから上質さを志向する新規ユーザーまで幅広くカバーする。(2022/4/8)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
「プラスチック新法」に対応したらアメニティーが“ごっそり”盗まれた? 対応に右往左往する現場のリアル
4月1日に施行された通称“プラスチック新法”。「ホテルの客室からアメニティーが無くなる!?」といったうわさがまことしやかに広がったが、実際はどうなのだろうか。ほぼ毎日ホテルに宿泊する筆者が現場を調査したところ……。(2022/4/8)

鉄道の環境戦略:
鉄道会社が使う電力はどうすればよい? 東急や東京メトロなどの取り組み
鉄道会社では近年、再生可能エネルギーへの取り組みに力を入れている。東急電鉄が開始した「再エネ100%で鉄道運行」をはじめ、各社の動向をまとめた。(2022/4/8)

メカ設計メルマガ 編集後記:
進化を続けるCeF成形材料開発、バイオマス度100%への期待
ニュースとしての“派手さ”はないですが、とても大切な取り組みです。(2022/3/29)

アパ、東横イン、帝国ホテルに聞いた:
ホテルのアメニティーはなくなるの? 4月のプラスチック資源循環法施行にむけた各社の取り組み
4月1日にプラスチック資源循環法が施行される。ホテル業界各社はアメニティーを廃止・有料化するのか。アパ・東横イン・帝国ホテルに取材した。(2022/3/28)

産業動向:
発電容量51.5MWの木質バイオマス発電所を茨城県神栖市に開業、大林組
大林組は、茨城県神栖市で、大林グループとして2棟目となる木質バイオマス発電所の営業運転を2022年2月に開始した。(2022/3/23)

材料技術:
パナソニックがバイオマス度90%以上のCeF成形材料開発、バイオPEの弱さを克服
パナソニック マニュファクチャリングイノベーション本部は、セルロースファイバー(CeF)を高濃度に含有した成形材料の開発において、CeFと混錬する樹脂を従来のポリプロピレンから植物由来のバイオポリエチレンに置き換え、標準品として展開する55%高濃度CeF成形材料「kinari」と同等の強度を備えるバイオマス度90%以上のCeF成形材料の開発に成功した。(2022/3/22)

モータースポーツ超入門(13):
F1の2022年シーズンが開幕、技術規則の大幅改定で空力性能が変わる
2022年シーズンから技術規則(テクニカルレギュレーション)が大幅に改訂され、車体底面の空気の流れを利用してダウンフォースを生み出す「グラウンドエフェクト」が復活する。同時に、ホイールサイズが大径化、バイオ燃料も採用されるなど、かつてない大きな変更が加えられる。(2022/3/22)

プロジェクト:
奥村組らが福島県平田村で木質バイオマス発電事業会社を設立、1990kWの発電施設を開発
奥村組、四国電力、岩堀建設工業の3社は、共同出資で、福島県石川郡平田村に木質バイオマス発電事業を行う平田バイオエナジーを設立し、現在、県内で発電所の開発を進めている。(2022/3/18)

「DXリーダーに聞く」 エネルギー×DX:
エネルギー業界のDX、デジタルネイティブ企業はどう見る? 「エネルギーの無価値化」に取り組むデジタルグリッド
エネルギー業界で進むDXを追う本連載に初のベンチャー企業が登場する。デジタルネイティブ企業でもあるデジタルグリッドはエネルギー業界のDXをどう見るのか。そして、同社が取り組む「エネルギーの無価値化」とは何か。(2022/3/16)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ロシアからの石油や天然ガスが途絶えても、米国のシェールオイルがカバーできる?
ロシアによるウクライナ侵攻が続いていることで、原油価格が急上昇している。中東の産油国が集うOPECは、今回のウクライナ危機によって原油の増産を検討し始めているが、それ以外にも原油の供給を増強させようという動きがある。それは米国のシェールオイル業界だ。(2022/3/15)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
ウクライナ侵攻で突然“再発見”された記事
しばらく製造業への影響も注視しなければなりません。(2022/3/8)

車載ソフトウェア:
ボッシュが研究開発拠点を新設、横浜市都筑区にグループの4割以上の人員が集まる
Robert Boschの日本法人ボッシュは2022年2月24日、横浜市都筑区に研究開発施設を新設すると発表した。(2022/2/28)

電子ブックレット(製造マネジメント):
脱炭素×モノづくりの最前線
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、近年注目を集める脱炭素について、製造業を取り巻く最新動向をまとめた「脱炭素ニュースまとめ(2021年9〜12月)」をお送りします。(2022/2/28)

2022年4月から:
日清オイリオ、食用油を再び値上げ バイオ燃料需要の増加や労働力不足が原因
日清は食用油の値上げを発表した。全ての商品で1キロ当たり40円以上の値上げを見込む。バイオ燃料需要の増加や労働力不足が原因。(2022/2/18)

日清オイリオグループが家庭用や業務用、加工用の食用油を値上げ キャノーラ油やサラダ油など1キロあたり40円以上
2021年は4回値上げしていました。(2022/2/17)

製品動向:
アイカ工業がリグニンフェノール樹脂使用のメラミン化粧板を開発、バイオマス度は60%
アイカ工業は、植物由来のフェノール樹脂(リグニンフェノール樹脂)を使用したメラミン化粧板を開発した。今後は、フェノール樹脂を利用したメラミン化粧板のサンプルワークを行いながら、量産化に向けたスケールアップを展開していく。(2022/2/17)

はるやま、ハンガーや棚も“サステナブル”にこだわった「#サスビズプロジェクト」始動 業績回復の一手になるか
はるやまが商事が「サステナブル」に着目した新たな取り組みをスタートさせた。商品だけでなく、販売資材までサステナブル素材を使用した「 TOKYO RUN SASTAINABLE BIZ (#サスビズ)」プロジェクトだ。(2022/2/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。