カーボンニュートラルへの挑戦

CO2を原料とするSAF合成技術の開発に向け小型の製造試験装置を設置脱炭素

IHIは、シンガポールの研究機関であるISCEとともに、水素とCO2からSAFの原料となる液体炭化水素を合成する一連のプロセスを検証するための小型製造試験装置を設置し、両者が開発した触媒の性能を検証する。

» 2024年06月25日 06時30分 公開
[遠藤和宏MONOist]

 IHIは2024年6月24日、持続可能な航空燃料(SAF)の合成技術の開発に共同で取り組むシンガポール科学技術研究庁傘下の研究機関であるInstitute of Sustainability for Chemicals、Energy and Environment(ISCE)とともに、水素とCO2からSAFの原料となる液体炭化水素を合成する一連のプロセスを検証するための小型製造試験装置を設置すると発表した。同年9月までにISCE敷地内に幅5.7×奥行き3.5×高さ4.4mの小型製造試験装置を設置し、1日当たり100kgのCO2を注入する小型スケールでの試験を年内に開始する予定だ。

今回の試験装置の設置イメージ 今回の試験装置の設置イメージ[クリックで拡大] 出所:IHI

SAF合成技術の開発背景

 国際民間航空機関(ICAO)は、2050年までに航空機のCO2排出量を実質ゼロにする長期目標を掲げており、従来の化石由来の航空燃料はその多くがSAFに置き換わることが想定されている。こういった状況を踏まえてIHIは、CO2と水素から直接SAFを製造するための触媒開発と効率の良いプロセスの構築に取り組んでいる。

 IHIとISCEは、2022年にSAF合成の新触媒を開発し、この触媒の性能をラボ試験で確認している。新たに設置する小型製造試験装置で、触媒の性能や耐久性評価を行う。さらに、合成プラントの運転条件の最適化や反応器データの取得なども実施し、プロセス全体の検証を進めていく。

IHIが提案するSAF構想 IHIが提案するSAF構想[クリックで拡大] 出所:IHI

⇒その他の「脱炭素」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.