デジタルツインを実現するCAEの真価

AI活用のサロゲートモデリングツールとクラウド型コラボ基盤の最新版を発売CAEニュース

サイバネットシステムは、AIを活用したサロゲートモデリングツール「nvision」と、クラウド型コラボレーティブエンジニアリングプラットフォームの最新版「id8 2024.1」を発売した。

» 2024年05月17日 09時00分 公開
[MONOist]

 サイバネットシステムは2024年4月26日、AI(人工知能)を活用したサロゲートモデリングツール「nvision」と、クラウド型コラボレーティブエンジニアリングプラットフォームの最新版「id8 2024.1」を発売した。AI技術とプラットフォーム環境が連携することで、組織内のユーザーが容易にシミュレーションを活用できる。

 nvisionは解析ソルバーに依存せず、AIを用いてサロゲートモデルを構築できる。サロゲートモデルは、過去のシミュレーションデータを再利用して解析結果をAI予測するためのもので、設計時間の短縮につながる。

 パラメーター調整や条件検討をリアルタイムに実施する「what-if」スタディにより、設計時間を大幅に短縮。また、複合領域にわたる設計をサポートする。

「nvision」のインタフェース 「nvision」のインタフェース[クリックで拡大] 出所:サイバネットシステム

 id8は、シミュレーションの自動実行や設計最適化、解析結果の分析、解析データをクラウド環境で共有できる。CAE専任者が構築した設計ワークフローを統合、自動化し、構想設計段階での情報共有や理解を促進する。エンジニアの誰もが、ML(機械学習)とAIの技術を活用し、高品質なデータを生成できるようサポートする。

 最新版では、新しいWebアプリケーション構築技術に対応。シミュレーションワークフローに、組織内の幅広いユーザーがアクセスしやすくなっている。

「id8」のデータ分析画面 「id8」のデータ分析画面[クリックで拡大] 出所:サイバネットシステム

 両製品は、同社のグループ会社ノエシスが開発、提供する最適設計支援ツール「Optimus」を拡張する製品だ。両製品の利用により、Optimusで手軽にシミュレーションを活用可能になり、基本設計段階で性能や製造のパラメーター調整ができる。

ノエシスのソリューション ノエシスのソリューション 出所:サイバネットシステム

⇒ その他の「CAE」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.