ニュース
» 2024年01月24日 13時00分 公開

コンテックが第7世代インテルCore i5プロセッサ搭載タッチパネルPCの受注開始FAニュース

コンテックは、第7世代インテルCore i5プロセッサ搭載のタッチパネルPC「XPT-T1010」シリーズの受注を開始した。BTO方式により、最適なスペックで製品を選べる。

[MONOist]

 コンテックは2023年12月26日、第7世代インテルCore i5プロセッサ(Kaby Lake U)搭載のタッチパネルPC「XPT-T1010」シリーズの受注を開始した。BTO(注文後組み立て)方式により、用途や予算に合わせて最適なストレージやRAID、OSなどを選べる。

キャプション タッチパネルPC「XPT-T1010」シリーズ 出所:コンテック

 同製品は、従来品「XPT-T1000」シリーズからCPUとタッチパネルLCDを変更。タッチパネルLCDは、動作寿命3600万回の耐久性に優れた5線式抵抗膜タッチパネルを採用している。パネルサイズは12.1インチで、同社の「PT-955LXC」シリーズとパネル取り付け寸法に互換性がある。

 10.8〜31.2VDCのワイドレンジ電源に対応し、別売のACアダプターにより100〜240VACの電源環境でも使用できる。電源障害からのデータ保護とストレージへの書き込みを禁止する電断プロテクト機能も備えた。

 また、ファンレス設計のため、ホコリや異物の侵入がない。経年劣化する部品の使用も極力抑えることで、保守点検業務の負担を軽減している。

⇒その他の「FAニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.