ニュース
» 2023年12月20日 14時00分 公開

60GHzミリ波無線通信モジュールのローカル5Gバックホールとしての有効性を実証組み込み開発ニュース

フジクラは、国土交通省主催の「遠隔施工等実演会」で、60GHzミリ波無線通信モジュール搭載の屋外評価キットをエイビットに提供した。高信頼ローカル5G通信システムのバックホールとしての有効性を実証している。

[MONOist]

 フジクラは2023年12月7日、国土交通省主催「遠隔施工等実演会(施工DXチャレンジ2023)」のデモンストレーションで、60GHzミリ波無線通信モジュールが高信頼ローカル5G通信システムのバックホールとしての有効性を実証したと発表した。

キャプション デモンストレーションの概要[クリックで拡大] 出所:フジクラ

 同モジュールは、高利得フェーズドアレーアンテナを搭載した装置組み込み型のモジュールとなる。自動ビームフォーミング、通信距離500mで1Gbps以上のスループット、遅延時間はミリ秒オーダーという性能を備える。

 デモンストレーションでは、同モジュールを搭載した屋外評価キットをエイビットに提供。ローカル5G基地局と基幹ネットワークをつなぐ無線バックホールとして使用され、高信頼かつ低遅延の切れない無線環境を構築した。これらを介した映像伝送により、建設機器のスムーズな操作をリモートで実施した。

キャプション デモンストレーションの様子 出所:フジクラ

 ローカル5G通信システムの構築には、バックホール用に光ファイバー回線の敷設工事などが必要となる。無線接続を採用することで、それらの工事などが不要になるため、コストを大幅に削減できる。

 なお同モジュールは、認証機関による技術基準適合証明(技適証明)を取得した状態で出荷される。これにより、短期間かつ低コストで、60GHz帯利用の通信機器開発に対応可能になる。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.