2023国際ロボット展 特集
ニュース
» 2023年12月05日 08時00分 公開

知能ロボットがコンテナ荷降ろしを自動化、混載通い箱のパレタイジングにも対応2023国際ロボット展

Mujinは、「2023国際ロボット展」において、デバンニング作業を自動化する「TruckBot(トラックボット)」を日本初公開した。

[長沢正博MONOist]

 Mujinは、「2023国際ロボット展」(2023年11月29日〜12月2日、東京ビッグサイト)において、デバンニング作業を自動化する「TruckBot(トラックボット)」を日本初公開した。

「TruckBot」のデモンストレーション[クリックで再生]

 Mujinは今回、コア製品である知能ロボット統合制御プラットフォーム「Mujin コントローラー」を軸に、6つの自動化ソリューションを展示した。同社が開発したMujinMI(Machine Intelligence、機械知能)を採用したソフトウェアを搭載している「Mujin コントローラー」は、産業用ロボットやAGV、コンベヤーなどの自動化設備に接続することで、これらの認識や動作などを高度に制御し、“知能化”することができる。

コア製品の「Mujin コントローラー」と3Dビジョン、操作ペンダント[クリックで拡大]

 コンテナから積み荷を降ろすデバンニング作業は、重量物も含まれる中で作業スピードが求められるなど作業者への負荷が高い作業として知られている。さらに夏場、コンテナ内は高温になる。人手不足も深刻化しており、デバンニング作業の自動化のニーズが高まっている。

 TruckBotは、4つの3Dビジョンと可動可伸縮コンベヤー、コンベヤーと連携する吸着パッド付き特殊ハンドをMujinコントローラーで制御することで、最も効率的な経路と動作を自律的に計算して荷降ろしを行う。1時間当たり最大1000ケースの混載積み荷の荷降ろしでき、最大22kgの荷物を1度に取り扱うことができる。コンテナ内は15m奥まで到達する。既に米国で先行販売しており、導入が決まっている企業もあるという。

1時間で最大1000個の荷降ろしが可能なTruckBot[クリックで拡大]

 Mujinコントローラーを活用したロボットとAGVによる混載通い箱のパレタイズ/デパレタイズのデモも行った。Mujin独自の自動把持調整機能付きロボットハンドにより、最大50種類まで異なる種類の通い箱に対応する。AGVと連携させることで、最適なタイミングで通い箱の補充も可能になる。汎用のロボットとAGVを組み合わせることで、生産ラインの変更などにも柔軟に対応する。

パレタイジングのデモンストレーション[クリックで再生]

 それぞれの種類の通い箱をいくつパレットに載せるかを設定すれば、ロボット側が積んでいく順番などは自動で判断する。これまで難しかった混載やまたぎ、高さ合わせ、かんばん向き指定などの複雑な積み付けも行うことができる。通い箱を重ねる時に作業者が行う、上の箱と下の箱をはめ合わせる動作もロボットで再現しており、デモでは中身がなく軽量ではめ合わせにくい通い箱も着実にはめ合わせていく様子を見せた。

上から吊り下げられた3Dカメラと独自ロボットハンド[クリックで拡大]

 AGVとロボットによる組み立て工程の自動化デモも披露した。変種変量の組み立てラインを想定し、異なる品種間での共用の治具と3Dカメラにより位置決めを活用している。

組み立て工程の自動化デモンストレーション[クリックで再生]

⇒その他の「FAニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.