ニュース
» 2022年07月27日 10時00分 公開

YE DIGITALとMujin、倉庫自動化システムとAGVを連携する取り組みを開始物流のスマート化

YE DIGITALは、同社の倉庫自動化システム「MMLogiStation」とMujinのAGVを連携する取り組みを開始した。連携により、MujinのAGVをMMLogiStationのプラグインで迅速にユーザーの倉庫に導入し、工程間の搬送を自動化できる。

[MONOist]

 YE DIGITALは2022年7月8日、同社の倉庫自動化システム「MMLogiStation」と、MujinのAGV(無人搬送車)を連携する取り組みを開始したと発表した。保管やピッキング、仕分け作業など、倉庫業務の統括制御を可能にすることで、物流倉庫の自動化を支援する。

キャプション MujinのAGVとパレタイズロボット(提供:Mujin)[クリックで拡大] 出所:YE DIGITAL

 今回の連携により、MujinのAGVをMMLogiStationのプラグインで迅速にユーザーの倉庫に導入し、工程間の搬送を自動化できる。また、MujinのAGVで棚搬送することで、物流センターでロボットが作業場所や棚入れ場所まで運び、作業者が定位置でピッキングする、GTPシステムの構築が可能になる。

 さらに、MMLogiStationにより、Mujinが提供するロボットパレタイズソリューションや他社の自動倉庫などの保管設備、仕分け設備をつなぐ工程間搬送を、より短期間に構築できる。

 プラグインは同年8月に提供を開始する予定。保管設備や仕分け設備についても、同年内のリリースに向けて準備を進めている。

⇒その他の「物流のスマート化」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.