エッジコンピューティングの逆襲 特集
ニュース
» 2023年02月08日 07時00分 公開

「控えめに言って性能はラズパイの100倍」IdeinとアイシンがAIカメラを開発人工知能ニュース

エッジAIスタートアップのIdeinは、新製品となるAIカメラ「AI Cast」を発表した。ハードウェアの開発と製造はアイシンが担当し、2.5Wの低消費電力ながら26TOPSのAI処理性能を持つAIチップを搭載している。

[朴尚洙MONOist]
Ideinの中村晃一氏 Ideinの中村晃一氏。手に持っているのが「AI Cast」だ

 エッジAI(人工知能)スタートアップのIdeinは2023年2月7日、オンラインで会見を開き、新製品となるAIカメラ「AI Cast(アイキャスト)」を発表した。国内市場で約1万5000台の出荷実績を持つIdeinのエッジAIプラットフォーム「Actcast」によってAIモデルを含めたソフトウェアの運用を容易に行える。加えて、ハードウェアの開発と製造は大手自動車部品メーカーのアイシンが担当することで高い品質を確保している。搭載するAIチップは、イスラエルのHailoが開発した「Hailo-8」で、2.5Wの低消費電力ながら26TOPS(1秒当たり26兆回の四則演算が可能)ものAI処理性能を実現している。価格は非公開で要問い合わせとなっており、量産出荷は2023年4月を予定している。Idein CEOの中村晃一氏は「2020年1月から2年間で約1万5000台を出荷したActcastに匹敵するレベルを目指したい」と意気込む。

 AI Castは外径寸法が幅76×奥行き58.5×高さ130mm、重量が約180g。手のひらに載るサイズであり、さまざまな場所に設置しやすくなっている。カメラの画素数はフルHD(1920×1080)で、画角は水平62.2度、垂直48.8度。通信インタフェースは100base-Tのイーサネットの他、Wi-Fi(2.4G/5GHz)、Bluetooth 5.0 BLEに対応しており、DC(最大5V/4A)もしくはPoE(Power over Ethernet)による電源供給が可能だ。USB Type-Aインタフェースも1チャネル備えており、本体に搭載してないマイクやスピーカーなどの接続に活用できる。動作環境は温度が−10〜40℃、湿度が20〜80%となっている。

「AI Cast」の外観 「AI Cast」の外観[クリックで拡大] 出所:Idein

 AI Castの開発を担当したアイシン 先進開発部の徳山現氏は「Actcastのメインユーザーである小売りの店舗や施設などの環境になじむデザインと小ささにこだわって設計した。また、アイシンが長年培ってきた車載技術をベースに開発や評価を行っているので安心して利用していただけると考えている。まずは屋内向けの仕様から展開するが、防水や防塵(じん)への対応、動作温度の拡張などを進めて、セキュリティ用途や屋外利用などに向けた展開も広げていきたい」と語る。

 AIチップのHailo-8は、AIモデルの推論処理で広く利用されているGPUとは異なる「構造定義型データフロー(Structure-defined dataflow)アーキテクチャ」を採用することで、26TOPSという高いAI処理性能と、定格で2.5Wという低い消費電力を両立している。また、Hailo-8のパッケージサイズは17mm角と小さく、メモリをチップ内に混載しているため外付けメモリが不要である。AI Castが手のひらサイズを実現できたのは、Hailo-8を用いた電子回路のフットプリントが小さく抑えられることも貢献している。「今回のAI Castだけでなく、アイシンの車載製品にもHailo-8を使っていきたいと考えている」(徳山氏)という。

 Hailo-8の26TOPSという処理性能は理論値だが、Ideinは画像分類や物体検出、インスタンスセグメンテーションなどのAIモデルを用いた実測値も確認している。ResNet-v1 50を用いた画像分類は実行性能が9.3TOPS/1秒間に勝利できる画像の枚数が1327枚、YOLOv5mを用いた物体検出は同8.2TOPS/154枚、YOLOv5l segを用いたインスタンスセグメンテーションは同9.5TOPS/64枚だった。

 IdeinがActcastの展開を広げていく中で強みになっていたのは、エッジコンピューティングデバイスとして世界で最も利用されている「Raspberry Pi(ラズパイ)」をハードウェアとして活用することだった。中村氏は「AI Castの実測値ベースのAI性能は、控えめに言ってもラズパイ単体の100倍以上だ。これだけの性能があれば、AIカメラの高解像度化、処理の高速化や高精度化、複雑なタスクのAIモデルの実行、複数のAIモデルの同時実行が可能になる」と強調する。

 例えば、Ideinの技術を活用してAI処理の高速化を図ったラズパイ単体の場合には、192×192画素の解像度で、検出可能な物体は1種類、検出方法は位置と大きさとなっている。一方、AI Castでは、解像度が640×640画素、検出可能な物体は80種類、検出方法は位置と大きさに形状も加わるなど、大幅な性能と機能の向上を実現できている。

⇒その他の「人工知能ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.