サステナブルなモノづくりの実現
ニュース
» 2023年02月02日 06時30分 公開

エアバスがゼロエミッション航空機開発に高速メッシュレス構造解析ツールを採用CAEニュース

エアバスのゼロエミッション民間航空機開発構想「ZEROe」プロジェクトに、アルテアの高速メッシュレス構造解析ツール「SimSolid」が採用された。

[八木沢篤MONOist]

 Altair Engineering(以下、アルテア)は2023年2月1日、Airbus Commercial(以下、エアバス)が手掛けるゼロエミッション民間航空機開発構想「ZEROe」プロジェクトに、高速メッシュレス構造解析ツール「Altair SimSolid」(以下、SimSolid)が採用されたことを発表した。

エアバスのゼロエミッション民間航空機開発構想「ZEROe」プロジェクトに「Altair SimSolid」が採用された エアバスのゼロエミッション民間航空機開発構想「ZEROe」プロジェクトに「Altair SimSolid」が採用された[クリックで拡大] 出所:Airbus

部品解析の納期を数日から数分に短縮

 SimSolidは、形状が簡略化されていないCADアセンブリでも数分間で構造解析を完了できるCAEツールで、従来の構造解析で手間や時間のかかっていたジオメトリの簡略化やメッシング作業が不要となり、開発リードタイムの短縮やコスト削減に貢献する。

 世界初となる水素推進エンジン搭載の民間航空機の実現を目指すZEROeプロジェクトに、アルテアのSimSolidを採用した理由について、エアバスは「初歩的な部品解析の納期を数日から数分に短縮し、複雑なアセンブリの納期を数カ月から場合によっては1週間未満に短縮できることを示したからだ」(プレスリリースより)と説明する。さらに、SimSolidの直感的で導入しやすい操作とインタフェースにより、事前に形状のクリーンアップやモデルの準備をすることなく解析作業を進めることができる点も採用の決め手となった。

世界初となる水素推進エンジン搭載の民間航空機の実現を目指すZEROeプロジェクト 世界初となる水素推進エンジン搭載の民間航空機の実現を目指すZEROeプロジェクト[クリックで拡大] 出所:Airbus

 SimSolidの採用によって、エアバスの設計/エンジニアリングチームは、短期間でより多くの設計案を検討できるようになり、プロジェクトの迅速化と持続可能な革新技術の早期実現に貢献するとしている。

⇒ その他の「CAE」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.