ニュース
» 2022年09月29日 14時00分 公開

荷振れを抑制するクレーンの自動化技術を開発、強化学習を応用人工知能ニュース

DeepXとタダノは、AI技術を活用し、荷振れを抑制するクレーンの自動化技術を開発した。強化学習を応用したアプローチを用いて、荷振れの制御アルゴリズムを構築している。

[MONOist]

 DeepXとタダノは2022年9月5日、AI(人工知能)技術を活用し、荷振れを抑制するクレーンの自動化技術を開発したと発表した。

キャプション 自動化検証に用いた移動式クレーン 出所:DeepX

 クレーンで荷物を吊りながらブームを旋回し、目的地の真上で停止した場合、振り子の原理による吊り荷が振れる「荷振れ」が生じる。両社は、強化学習を応用したアプローチを用いて荷振れの制御アルゴリズムを構築した。

 シミュレーションデータや実機の設計値を基に、制御アルゴリズムを学習させて最適化することで、荷揺れを抑えながら吊り荷を正確に移動可能になる。

キャプション 無人のオペレーター席の様子 出所:DeepX

 実際の現場では、周囲の作業員の安全を確保するため、荷振れを迅速に止める必要がある。しかし、経験豊富なオペレーターでも、素早く停止させるのは難しいとされていた。

 今回の取り組みでは、クレーンの旋回や起伏、ウインチ操作を用いた吊り荷搬送の荷振れを一定程度軽減した。両社は今後、より複雑なクレーン操作の自動化に向けたさらなる技術開発や、さまざまな産業におけるクレーンへの社会実装を目指す。

キャプション 技術的アプローチの概要図 出所:DeepX

⇒その他の「人工知能ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.