ニュース
» 2022年09月28日 09時00分 公開

ヤマ発がFRP成形技術と設計力を生かし、次世代型カプセルホテルの実現に貢献デザインの力

ヤマハ発動機は、ナインアワーズと共同でカプセルホテル用「FRP製カプセルユニット」を新たに開発し、ナインアワーズが運営する都市型カプセルホテル「9h 大手町店」に第1期として8床を納入したことを発表した。

[八木沢篤MONOist]

 ヤマハ発動機は2022年9月21日、ナインアワーズと共同でカプセルホテル用「FRP製カプセルユニット」を新たに開発し、ナインアワーズが運営する都市型カプセルホテル「9h(ナインアワーズ) 大手町店」に第1期として8床を納入したことを発表した。今後、9hの新店舗を中心に、FRP製カプセルユニットを順次展開していくという。

 FRP製カプセルユニットは、次世代型カプセルの実現を目指すナインアワーズと、FRP(繊維強化プラスチック)成形技術と設計提案力を有するヤマハ発動機とのコラボレーションにより実現したもので、スタイリッシュでありながら、最高品質の睡眠を提供する上で欠かせない優れた密閉性と防音性を備える。

モックアップ(1)モックアップ(2) 開発時に3Dプリンタで製作した8分の1サイズのモックアップ[クリックで拡大] 出所:ヤマハ発動機、ナインアワーズ

 一般的なカプセルホテルでは、カプセルの出入口にロールアップ式カーテンなどを用いているが、9hで展開するFRP製カプセルユニットの出入口には、防音性能に優れた新規設計の扉を配置している。さらに、快適な室内空間を実現するために意匠性の高いデザインを採用する他、肌触りに優れた美しい表面仕上げが施されている。

 また、9hでは最高品質の睡眠を高めるための施策として、睡眠状態のセンシングなど新たな機能を付加することも計画しており、施工後の配線追加などにも柔軟に対応できる拡張性も備えているという。

 ヤマハ発動機は、プール製造やボートの艇体製造で培った設計提案力とFRP成形技術を活用し、4分割の主要部品(従来の一般的なカプセルは6分割)で構成される高精度カプセルの量産を可能にするとともに、部品点数の削減により、コスト削減や生産効率化を実現した。

FRP製カプセルユニット(1)FRP製カプセルユニット(2) FRP製カプセルユニットの開発には、プール製造やボートの艇体製造で培ったヤマハ発動機の設計提案力とFRP成形技術が生かされている[クリックで拡大] 出所:ヤマハ発動機、ナインアワーズ

 意匠性の高い複雑な形状の構成部品を高精度で量産するために、プール製造などで豊富な経験を持つヤマハ発動機のクラフトマン(職人)が、吹き付けやハンドレイアップによる積層工程を担当。利用者が直接触れるカプセル内部の表面処理や仕上げには、プール製造の技術が生かされているという。

動画 YAMAHA FRP成形技術【カプセルホテル制作事例】 出所:ヤマハ発動機公式チャンネル

⇒ 「デザインの力」のバックナンバーはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.