ニュース
» 2022年08月17日 10時00分 公開

三菱電機が自動車機器事業の販売子会社2社を経営統合【訂正あり】製造マネジメントニュース

三菱電機は、自動車機器事業の販売子会社2社を「メルコモビリティーソリューションズ」に経営統合すると発表した。統合により、大きな変革期を迎える自動車業界において、迅速な意思決定ができる販売体制を再編する。

[MONOist]

 三菱電機は2022年7月25日、自動車機器事業の販売子会社2社を「メルコモビリティーソリューションズ」に経営統合すると発表した。

【訂正】記事の初出時に「新会社設立」と記載しましたが、メルコモビリティーソリューションズはすでに設立されており、誤りであるため修正を行いました。

 経営統合するのは、メルコオートモーティブソリューションと菱和だ。三菱電機によると、自動車業界を取り巻く環境は大きな変革期を迎えており、顧客ニーズの多様化、高度化に対応した営業活動、顧客との接点強化が必須となっている。

 販売子会社の統合により、市場環境の変化に対応し、迅速な意思決定ができる販売体制を再編する。さらに、自動運転社会に向けて、新たなモビリティソリューション事業への取り組みも加速させる。

 統合後の名称はメルコモビリティーソリューションズで、所在地は大阪府大阪市福島区福島。資本金は5億円で従業員数は約360人となる。事業内容は自動車、二輪車、船舶用の電装品やカーエレクトロニクス製品の販売、保守、サービスの提供、各種モビリティーに関するソリューション事業となる。同社は2022年10月1日から営業を開始する。

⇒その他の「製造マネジメントニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.