ニュース
» 2022年07月21日 06時00分 公開

ENEOSと自動車メーカー4社でバイオエタノール、原料栽培から燃料製造まで共同研究材料技術

ENEOS、スズキ、SUBARU(スバル)、ダイハツ工業、トヨタ自動車、豊田通商の6社は2022年7月20日、「次世代グリーンCO2燃料技術研究組合」を設立したと発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 ENEOS、スズキ、SUBARU(スバル)、ダイハツ工業、トヨタ自動車、豊田通商の6社は2022年7月20日、「次世代グリーンCO2燃料技術研究組合」を設立したと発表した。同組合の理事長は、トヨタ自動車 CN開発部 部長の中田浩一氏が務める。本部は福島県大熊町にある「福島県大熊町インキュベーションセンター」に置く。

 カーボンニュートラル社会の実現に向けて、バイオマスの利用や、生産時の水素、酸素、CO2を最適に循環させて効率的に自動車用バイオエタノール燃料を製造する技術を研究する。

 具体的には、食料と競合しない原料によるバイオエタノール燃料の製造技術を向上するため、生産設備を実際に設計、設置、運転し、生産面での課題を明らかにする。その解決方法を研究するとともに、生産システムの効率改善を検討する。また、水素製造時に副生成物として発生する高濃度酸素や、バイオエタノール燃料製造時に発生するCO2の活用方法についても検討する。

 さらに、実際に生産したバイオエタノール燃料を自動車などに使用した際の課題を洗い出し、解決方法を研究する。原料の生産量から製造される燃料の量までを予測できるモデル式も検討する。加えて、バイオエタノール燃料の原料確保のため、収穫量の最大化と作物の成分最適化を目指して、最適な栽培方法を提案するシステムを開発する。土壌の成分調査などを通じて、収穫量の予測精度の向上を目指す。

次世代グリーンCO2燃料技術研究組合での研究領域[クリックで拡大] 出所:トヨタ自動車

→その他の「材料技術」関連記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.