ニュース
» 2022年06月27日 06時00分 公開

スズキとトヨタがインドでの協業拡大、トヨタが生産する新型SUVはHEVとMHEV電動化

トヨタ自動車とスズキは2022年6月24日、スズキが開発した新型SUVをトヨタ自動車のインドの生産拠点で製造すると発表した。8月からトヨタ・キルロスカ・モーターで生産を開始し、両社の販売店で取り扱う。アフリカなどへの輸出も計画している。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ自動車とスズキは2022年6月24日、スズキが開発した新型SUVをトヨタ自動車のインドの生産拠点で製造すると発表した。8月からトヨタ・キルロスカ・モーターで生産を開始し、両社の販売店で取り扱う。アフリカなどへの輸出も計画している。

 新型SUVには、マイルドハイブリッドシステムとストロングハイブリッドシステムが搭載される。スズキとトヨタが開発したそれぞれの技術を持ち寄ることで、ユーザーにさまざまな電動車の選択肢を提供する。インドでの電動化推進とカーボンニュートラル実現につなげる。

 トヨタとスズキは、インドでの協業拡大への投資などインド政府の製造業振興策「Make in India」を支援するとともに、2070年までに温室効果ガス排出の実質ゼロ達成に貢献していく。なお、2021年に開催されたCOP26(国連気候変動枠組条約 第26回締約国会議)では、インドは2035年以降、ゼロエミッションの乗用車とバンのみを登録する方針を発表している。

2019年3月時点での協業の検討項目[クリックで拡大] 出所:トヨタ自動車

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.