ニュース
» 2022年05月27日 10時00分 公開

目視と比較して解析時間を約6割削減、人の視覚を代替する画像解析AIサービス製造現場向けAI技術

SOLIZEは、製造業における目視判断を代替する画像解析AIサービス「Alt Viz」の提供を開始する。製造業の上流工程から下流工程まで、人間の単純な視覚による判断をAIで代替する。

[MONOist]

 SOLIZEは2022年5月11日、製造業における目視判断を代替する画像解析AI(人工知能)サービス「Alt Viz」の提供開始を発表した。製造業の上流工程から下流工程まで、人間の単純な視覚による判断をAIで代替する。

 製造業では、図面の変更箇所の確認から製品外観、形状の不良検出、危険エリアへの侵入監視など、目視によるさまざまな判断作業がある。これらは作業員への負荷となっており、また人が判断することで、その結果にばらつきが生じる。

 Alt Vizは、製造現場の環境やニーズ、予算などに合わせた最適な画像解析AIを提供することで、目視判断作業をAIに代替させる。画像処理技術とディープラーニングなどの機械学習技術を組み合わせ、スマートファクトリー化を支援する。

 例えば「図面比較ツール」では、効率よく図面を比較でき、検図作業を省力化する。他に、仮想空間上で製品形状を確認できる「デジタルツインソリューション」、不良品を効率良く検出する「製品異常検知ソリューション」、設備の稼働状況を監視して異常時に通知する「設備予知保全ソリューション」など、用途に合わせた環境やシステムを構築できる。

 同社が実際の工場現場で省力化を検討したところ、一連の作業の流れをグラフで可視化できた。目視で分析する場合と比較すると、解析作業時間の61%を軽減できる見込みだとしている。

⇒その他の「製造現場向けAI技術」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.