ニュース
» 2022年05月25日 09時00分 公開

インストール後365日間、サポート込みで使用できる2D CADの年間ライセンス版CADニュース

フォトロンは、同社の2D CADソフトウェア「図脳RAPIDPRO」を1年間使用できる期間ライセンス製品「図脳RAPIDPRO21 年間ライセンス版」を2022年5月30日から販売開始することを発表した。販売価格(税込み)は5万5000円。

[八木沢篤,MONOist]

 フォトロンは2022年5月23日、同社の2D CADソフトウェア「図脳RAPIDPRO」を1年間使用できる期間ライセンス製品「図脳RAPIDPRO21 年間ライセンス版」を同年5月30日から販売開始することを発表した。販売価格(税込み)は5万5000円。

「図脳RAPIDPRO21 年間ライセンス版」の運用期間について 「図脳RAPIDPRO21 年間ライセンス版」の運用期間について[クリックで拡大] 出所:フォトロン

 2021年10月に「図脳RAPIDPRO21」の永久ライセンス版の販売を開始した同社は、「プロジェクト期間中だけCADを使いたい」「まずは低コストで『図脳RAPIDPRO』を導入してみたい」「テレワークや在宅勤務など、社外で図面を描ける環境を作りたい」といった顧客要求に応えるべく、図脳RAPIDPRO21 年間ライセンス版の販売を決定したという。

用途や環境に応じた柔軟な2D CAD運用が可能に

「図脳RAPIDPRO21 年間ライセンス版」のパッケージ 「図脳RAPIDPRO21 年間ライセンス版」のパッケージ[クリックで拡大] 出所:フォトロン

 図脳RAPIDPRO21 年間ライセンス版は、インストール後1年間、機能制限なく使用できる期間ライセンス製品。他のライセンス版では有償提供となる電子メール/Webサイトを通じたサポートサービスの利用権も含まれており、通常の永久ライセンス版よりも少ない初期投資で図脳RAPIDPRO21を利用できる。

 同社では、年間ライセンス版、永久ライセンス版の他、複数人でライセンスを共有できるネットワークライセンス版、1つの企業でまとめて法人契約を行う企業向け一括ライセンス版も取りそろえており、顧客の用途や環境に合わせた柔軟な2D CAD運用が可能となる。

⇒ その他の「CAD」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.