ニュース
» 2022年02月22日 11時30分 公開

スマホアプリで遠隔操縦できる、2m無人帆船型ドローンのトライアル販売開始ドローン

エバーブルーテクノロジーズは、無人調査、小型貨物運搬の遠隔操作と自動航行が可能な、全長2mの無人帆船型ドローン「everblue AST-201」を開発した。衝突予防安全装置と専用アプリで、安全、簡単に自動操縦できる。

[MONOist]

 エバーブルーテクノロジーズは2022年2月2日、無人調査、小型貨物運搬の遠隔操作と自動航行が可能な、全長2mの無人帆船型ドローン「everblue AST-201」を発表した。市場導入に向けた試験運用と合わせて、新宿伊勢丹メンズ館「bouncy Store」にて、期間限定の先行トライアル販売を開始する。販売希望価格は500万円(税別)。

 everblue AST-201は、復元力と安定性の高い無人の単胴船(モノハル)だ。「衝突予防安全装置」を装備し、専用のiPhoneアプリケーション「eb-CONNECT」を利用して、誰でも簡単に目的地までの自動操縦ができる。通信エリアは4G/LTEサービスエリア内で、沿岸部を推奨している。

キャプション 無人帆船型ドローン「everblue AST-201」の2分の1スケール木製サンプルイメージ 出所:エバーブルーテクノロジーズ

 活用例として、防水カメラでの水上、水中の撮影、魚群探知機を載せてポイントまで自動帆走するなどが挙げられる。無人での遠隔操縦に対応し、低コストかつ安全に夜間の見廻りや密漁船、不審船を発見できる。長時間にわたる捜索救難活動も可能だ。夜間は帆をライトアップすることで被視認性を上げ、時速5kmと低速で航行するため、他船との安全性も確保している。

 全高は2.2mで、船体重量は32kg、装備重量は40kg、最大積載量は18kg。基本は風力による帆走で、セール航行時間は10時間、補助動力のモーターによる航行時間は30分となる。

 同社は過去に、無人調査用「Type-Aプロトタイプ」、貨物積載100kg以上の無人貨物運搬用「Type-Xプロトタイプ」を開発している。AST-201は、これまでの知見を生かした実用モデルとしての位置付けだ。今後、大容量バッテリーや太陽光発電を利用して、24時間以上の稼働時間を目指す。

キャプション 無人調査用帆船型ドローン「Type-Aプロトタイプ」[クリックで拡大] 出所:エバーブルーテクノロジーズ

⇒その他の「ドローン」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.