VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2022年02月14日 06時30分 公開

スマホで手軽に物理空間を3Dキャプチャーできる「Matterport Axis」VR/AR/MRニュース

Matterportは、スマートフォン端末を装着してあらゆる物理空間の3Dデジタルツインを、高速かつ高精度に、一貫性をもってキャプチャーできるモーター駆動式の自動回転雲台「Matterport Axis」を発表した。

[八木沢篤,MONOist]
スマートフォン端末で高精度3Dキャプチャーを可能にするモーター駆動式の自動回転雲台「Matterport Axis」 スマートフォン端末で高精度3Dキャプチャーを可能にする「Matterport Axis」[クリックで拡大] 出所:Matterport

 Matterport(マーターポート)は2022年2月8日(米国時間)、スマートフォン端末を装着してあらゆる物理空間の3Dデジタルツインを、高速かつ高精度に、一貫性をもってキャプチャーできるモーター駆動式の自動回転雲台「Matterport Axis(マーターポートアクシス)」(以下、Axis)を発表した。

 Axisは、スマートフォン端末で誰でも手軽に3Dキャプチャーを実現できる手段をもたらす製品で、ハンズフリーで使い勝手も良く、ボタンをクリックするだけで、忠実度の高い空間データの生成が可能である。住宅やオフィス、ホテル、店舗、工場など、あらゆる種類の空間を高精度でデジタル化することで、建築物のデジタルトランスフォーメーション(DX)の加速を支援する。

 実際に、Axisを用いて物理空間を3Dキャプチャーするには、iOSおよびAndroid OS向けに提供されている専用アプリケーション「Matterport Capture」をスマートフォン端末にインストールする必要がある。

AppleのApp Storeに公開されている専用アプリケーション「Matterport Capture」 AppleのApp Storeに公開されている専用アプリケーション「Matterport Capture」[クリックで拡大] 出所:Apple/Matterport

 Axisに搭載された調節可能なアームにより、あらゆるスマートフォン端末で正確な位置調整が行え、電動マウントによってスムーズかつスピーディーなスキャンを実現する。

 既にさまざまな業界でMatterportの製品やテクノロジーが活用されているが、Axisを使用することにより、世界中の企業やユーザーは、高品質、高解像度の3Dデジタルツインを、複数の場所で同時に低コストでキャプチャーする取り組みを拡大できるという。また、複数拠点から作業を行う関係者やユーザーは、スマートフォン端末を介して信頼性の高い一貫した空間データを取得/共有することが可能である。

⇒ その他の「VR/AR/MR」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.