ニュース
» 2022年02月02日 14時00分 公開

AGVなど一元管理、庫内実行システムとロボットクラウドシステムが連携開始物流のスマート化

プラスオートメーションは、同社の庫内実行システム「+Hub」と、ZMPのロボットクラウドシステム「ROBO-HI」との連携を開始する。この連携により、+Hub経由でプラスオートメーションやZMPのロボットを一元管理できるようになる。

[MONOist]

 プラスオートメーションは2022年1月27日、同社の庫内実行システム「+Hub」と、ZMPのロボットクラウドシステム「ROBO-HI」の連携開始を発表した。

キャプション 「+Hub」と「ROBO-HI」のAPI連携[クリックで拡大] 出所:プラスオートメーション

 プラスオートメーションの独自開発システム+Hubは、AGV(無人搬送車)やAMR(自律走行搬送ロボット)などのさまざまなロボットやデバイス、アプリケーションを効率的に連携できる。

 ZMPのROBO-HIは、ZMPの物流支援ロボット「CarriRo」の複数台制御や遠隔操作、運用の可視化を可能にするシステムで、物流現場の省人化効果を高める。

 プラスオートメーションは、月額定額制でCarriRoやLIBIAO ROBOTICSの仕分けロボット「t-Sort」などを提供している。今回の連携により、プラスオートメーションの顧客は+Hub経由でこれらの複数のロボットに加え、CarriRoの運行、モニタリングが一元管理できるようになる。

⇒その他の「物流のスマート化」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.