ニュース
» 2022年01月21日 13時00分 公開

自動設計など機能を強化した3次元ソリューションの最新版を発表CADニュース

Siemens Digital Industries Softwareは、3次元ソリューションの最新版「Solid Edge 2022」を発表した。自動設計やパーツ設計、コラボレーション機能などを強化している。

[MONOist]

 Siemens Digital Industries Software(シーメンス)は2021年10月6日(現地時間)、3次元ソリューションの最新版「Solid Edge 2022」を発表した。自動設計やパーツ設計、コラボレーション機能などを強化しており、最新の製品開発や製造プロセスをサポートする。

 最新版には、ルールベースの設計自動化ソフトウェア「Solid Edge Design Configurator」を新たに搭載。設計パラメーターとルールに基づき、製品のカスタマイズを高速化して設計時間を短縮できる。

 また、「CAM Pro 2.5 Axisミリング」を統合しており、設計データとの整合性を維持しつつ、ツールパスの自動作成とマシニングシミュレーションが可能になった。この機能は、「Solid Edge Classic」「Solid Edge Foundation」「Solid Edge Premium」の保守契約が有効なユーザーに提供する。

 新搭載の3D設計機能「CAD Direct」は、相互の関連を維持したまま、サードパーティー形式のデータを変換なして挿入できる。同一モデル内にB-Repとメッシュ形状を変換なしで混在可能で、メッシュデータの利便性が向上。データは3D設計のアセンブリファイルに保管され、データの重複を防止する。

 アセンブリは、フルカラーのポイントクラウドデータ(点群データ)により可視化できる。設計した機器をポイントクラウドのコンテキスト内に配置できるため、実際の環境に合わせて位置や設計が可能だ。

 アセンブリモデリングの機能も強化。読み込むデータ量を抑えるプレビューモードにより、アセンブリの高速読み込みに対応した。新たなモデリング環境の「マルチボディ・アセンブリ・モデリング・モード」では、モデル内部のコンポーネントを1ファイルにまとめている。他に、見つけにくいパーツを容易に特定する「コンポーネント・ファインダー」、直感的な検索が可能なオートコンプリートの提案型フィルターも備える。

 配管系の流量や熱流を解析する「Simcenter Flomaster for Solid Edge」も追加している。3Dモデルからシステムレベルのモデルが抽出可能で、準備時間を最大90%短縮する。初心者にも対応するウィザードガイドや、力学現象、圧力上昇のシミュレーションなど熟練者向けの高度な機能も用意する。

 Solid Edge 2022は、シーメンスの「Xcelerator as a Service」を通じて提供。3Dおよび2D CADビュー、マークアップなどの各種機能、拡張現実、「Xcelerator Share」など、同社のクラウドベースソリューションもXcelerator as a Serviceを介してアクセスできる。

⇒ その他の「CAD」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.