ニュース
» 2022年01月14日 08時00分 公開

マルチゾーンdToFモジュール3製品を発表組み込み開発ニュース

ams OSRAMは、マルチゾーンdToFモジュール「TMF8820」「TMF8821」「TMF8828」を発表した。視野を個別検出ゾーンに分割することで、障害物の位置を1〜5mの範囲で特定できる。

[MONOist]

 ams OSRAMは2021年12月17日、マルチゾーンdToF(direct Time-of-Flight)モジュール「TMF8820」「TMF8821」「TMF8828」を発表した。スマートフォンのLDAF(レーザー検出オートフォーカス)やPCのユーザー存在検出、産業や家庭、ビジネス向け自動化システムでのLiDARセンシングといった用途に適する。

キャプション 「TMF8820」「TMF8821」「TMF8828」 出所:ams OSRAM

 いずれも940nmのVCSEL(垂直共振器面発光レーザー)およびマルチレンズ光学素子を搭載したSPAD(単一光子アバランシェダイオード)検出器アレイ、ヒストグラム処理用オンチップマイクロコントローラーを備える。

 検出領域を複数のゾーンに分割し、より高品質で多数の情報を収集するため、自動ロボットはより多くの「感覚的認識」を得て、潜在的な障害物を早期に検知できる。

 サイズは2.0×4.6×1.4mmで、TMF8820はFoV(視野)を3×3、TMF8821は4×4、TMF8828は8×8の個別検出ゾーンに分割し、センサーのFoV内にある障害物の位置を特定する。FoVは最大63度まで動的に調整でき、用途に応じて狭いFoVと広いFoVを選択可能だ。検出範囲は1〜5mまでとなっている。

キャプション 使用イメージ 出所:ams OSRAM

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.