ニュース
» 2021年12月22日 08時00分 公開

独自IoT無線搭載のNFCリーダー、ユニアデックスの「NAVIトレース」が採用組み込み採用事例

ソナスの工程管理デバイスが、ユニアデックスの工程管理ソリューション「NAVIトレース」に採用された。ソナス独自のIoT無線「UNISONet」を搭載したNFCリーダー端末は、端末ごとの通信設定が不要で、ロスのない安定した通信が可能だ。

[MONOist]

 ソナスは2021年12月8日、同社が開発した工程管理デバイスが、ユニアデックスの工程管理ソリューション「NAVIトレース」に採用されたと発表した。

 NAVIトレースは、小ロットを生産する中小規模工場の作業進捗状況をリアルタイムで可視化し、業務効率化につなげるソリューションだ。

 製品の識別情報を書き込んだICカードをNFCリーダー端末にかざすことで、製品ごとの作業工程の開始および終了時刻が記録される。当該データはクラウドに自動アップロードされるため、管理者は作業状況を遠隔からリアルタイムで把握できる。

キャプション 工程管理ソリューション「NAVIトレース」 出所:ソナス

 NAVIトレースに採用されたのは、ソナス独自のIoT無線「UNISONet」のうち、920MHz帯の「UNISONet Leap」を搭載するNFCリーダー端末だ。UNISONetは、従来の無線技術と異なる「同時送信フラッディング」という転送方式を用いており、ロスのない通信を特徴とする。また、端末ごとの通信設定が不要で、設置するだけで利用できる。今回の正式採用までに二度の実証実験を実施し、改良を重ねた。

 UNISONet Leap搭載のNFCリーダー端末を採用したことで、NAVIトレースは、工場内に点在する端末間にメッシュネットワークを構築して安定した通信が可能になる。通信設定が不要で利用しやすいため、小規模な製造企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)を導入するのに適している。

キャプション 「NAVIトレース」システム構成図 出所:ソナス

⇒その他の「組み込み採用事例」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.