連載
» 2021年11月01日 10時00分 公開

2D図面の“一義性”を考える【その4】断面図を使用した図形の表し方3D CADとJIS製図(6)(3/4 ページ)

[土橋美博/飯沼ゲージ製作所,MONOist]

2−3.部分断面図

 「部分断面図」とは、図形の大部分を外形図とし、必要とする要素の一部分だけを断面図として表した図のことです。

 図面の見たい一部分だけを示す場合に使用します。この例では、横に張り出した一部についてのみをSOLIDWORKSの断面図作成機能で描きました。このとき、破断した部分を破断線として表す必要があります。

部分断面図 図11 部分断面図[クリックで拡大]

2−4.回転図示断面図

 「回転図示断面図」とは、描いた図の投影面に垂直な切断面で描いた切り口を90度回転させて、その投影図に描いた図のことです。

 筆者は使用したことはありませんが、長尺の部品図などの切り口を表す場合に、切り口の場所、または切断線の延長線上に断面図を表します。

回転図示断面図 図12 回転図示断面図(出典:JIS B0012019 機械製図 新日本法規 機械要素JIS要覧)[クリックで拡大]

2−5.角度を利用した断面図

 断面図を使用する場合、切断線は表し方に応じて、角度を変更したり、直交する断面を作成・組み合わせたりして、階段状に表すことができます。SOLIDWORKSでも切断線を「カット線」という名称で用途に応じて選択し、編集することが可能です。また、前述の半断面図の作成についても選択と編集が行えます。

SOLIDWORKS(2D)の切断線(カット線)選択機能のイメージ 図13 SOLIDWORKS(2D)の切断線(カット線)選択機能のイメージ

 以下に「直角断面図」「鋭角断面図」の例を示します。

直角断面図作成と直角断面図 図14 直角断面図作成と直角断面図[クリックで拡大]
鋭角断面図作成と鋭角断面図 図15 鋭角断面図作成と鋭角断面図[クリックで拡大]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.