VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2021年10月26日 13時00分 公開

AR/MR見える化ソリューションに「BIM 360」連携機能のβ版を搭載VRニュース

SB C&Sとホロラボは、AR/MR見える化ソリューション「mixpace」に、施工管理クラウドサービス「Autodesk BIM 360」との連携機能のβ版を搭載した。BIMデータをシームレスにAR、MRで活用できる。

[MONOist]

 SB C&Sとホロラボは2021年10月13日、3D CAD、BIM、3D CGファイルのAR(拡張現実)、MR(複合現実)見える化ソリューション「mixpace(ミクスペース)」に、オートデスクの建設業向け施工管理クラウドサービス「Autodesk BIM 360(BIM 360)」との連携機能のβ版を追加搭載し、提供を開始した。連携機能の利用には、mixpaceのStandard+Rプランの契約が必要で、正式リリースは2021年内を予定する。

 BIM 360は、プロジェクトの納品、施工管理用のクラウドプラットフォーム。mixpaceは、3D CADやBIMで作成したデータを手軽にAR、MR対応デバイスで確認可能な3Dモデルに変換できる。

「BIM 360」との連携機能β版の概要 「BIM 360」との連携機能β版の概要[クリックで拡大] 出所:SB C&S

 連携機能により、BIM 360にパブリッシュされているデータをmixpaceに直接取り込め、BIM 360で管理されているBIMデータをシームレスにAR、MRで活用可能になる。

 また、マイクロソフトの「HoloLens 2」で超重量級3Dモデルを表示できる「mixpace Remote Rendering」オプションを併用すると、数千万から1億ポリゴンクラスの3D モデルもBIM 360から直接データを取り込み、変換してAR、MR表示できる。

「BIM 360」との連携機能β版のイメージ 「BIM 360」との連携機能β版のイメージ[クリックで拡大] 出所:SB C&S

⇒ その他の「VR/AR/MR」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.