ニュース
» 2021年10月18日 15時00分 公開

医療用リアルタイム画像鮮明化装置を発売、医療機器分野へ本格参入医療機器ニュース

ロジック・アンド・デザインは、同社初の医療機器となる、医療用リアルタイム画像鮮明化装置「MIEr」を発売する。今後、独自技術の高精細画像鮮明化アルゴリズムを活用し、医療機器分野へ本格参入する。

[MONOist]

 ロジック・アンド・デザインは2021年9月28日、同社初の医療機器となる、医療用リアルタイム画像鮮明化装置「MIEr(ミエル:Medical Image Enhancer)」を同年10月に発売すると発表した。

キャプション 「MIEr」外装[クリックで拡大] 出所:ロジック・アンド・デザイン
キャプション 背面[クリックで拡大] 出所:ロジック・アンド・デザイン

 MIErは、同社の高精細画像鮮明化アルゴリズム「LISr(ロジカル・イメージ・センシタイザー)」を搭載した画像鮮明化装置「LISr-101」を医療機器とした製品となる。LISrが画像改善フィルターとして機能し、約4m秒というリアルタイムで高画質な画像を鮮明化する。カメラとモニターの間につなぐだけで設置でき、操作も容易だ。

 ロジック・アンド・デザインは、独自の高精細画像鮮明化アルゴリズムを生かし、医療機器分野への本格参入を表明している。既に、高度管理医療機器貸与・販売業、医療機器製造販売業の認可を得ており、MIErについても医療機器Class Iの届け出を済ませている。

 参入初年度となる2021年は、MIErを中心に画像鮮明化の需要が高い眼科領域に注力する。現在は、「内視鏡・手術用顕微鏡対応AI復元鮮明化装置」「遠隔診療向けオンライン画像鮮明化アプリ」「鮮明化処理画像AI解析装置」を開発中で、次年度以降は消化器内科や脳外科など他診療科に対する製品も販売していく予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.