特集
» 2021年10月08日 06時00分 公開

自律運航船の遠隔監視・操船を担う「フリートオペレーションセンター」に潜入!船も「CASE」(2/3 ページ)

[長浜和也,MONOist]

 この他、壁面ディスプレイでは位置情報や船舶のサイズ、気象の観測データなどからシステムが算出した錨泊(びょうはく)や係留の安全性、岸壁との衝突リスク、燃料消費量履歴データから割り出した航海の経済性評価などを把握できる。

壁面ディスプレイの左側には錨泊(上)と係留(下)それぞれの安全性評価結果を時系列で表示する(写真左)。壁面ディスプレイの右側では燃料消費量などの航海の経済性評価結果(上)と岸壁衝突リスクを把握できる(写真右)[クリックで拡大]

 出港する港と目的港を指定すると最適な航路を算出して航海計画を立案することも可能だ。このとき、航海で優先したい項目(最短時間なのか定刻到着なのか最小燃費なのか、などなど)を指定すると、航路の輻輳(ふくそう)状況や最新の水路情報、海象予報データを反映するだけでなく、フリートオペレーションセンターで航海計画を手動で変更した場合に、新しい航路の安全性と妥当性をチェックしてその評価結果を提示する機能も備えている。

中央のディスプレイでは航海計画の立案と表示も可能だ(左)。航海計画の立案では定刻到着や短時間での到着、燃料消費量の最小化、機関回転数一定など優先項目を指定できる(中央)。
航海計画を変更した場合はシステム側で新しい航路の安全性を評価してフィードバックしてくれる。ただし、提案航路の採用は人間側で判断する(右)[クリックで拡大]

 机上ディスプレイでは、オペレーター(現在の想定ではオペレーターとして有資格者の船長と機関長が常駐する)が陸側から所属船舶の状態を監視するコンソール用2画面と自律運航状況をシステムが判断した結果を表示する「CIM」(Central Information Management)画面、船舶の動力系統と電力系統、ネットワークの状態を監視する「IAS」(Integrated Automation System)画面、機関室に設置した監視カメラ映像画面、機関筒圧力と電子MO(機関室計器を船橋でも表示するシステム)表示画面を備えて、船舶ごとの詳細な監視も可能にしている。

机上ディスプレイ群の左から2画面は操作用コンソール、その右がCIM表示用。操作コンソールでは左画面にあるメニューから表示する情報を選択する(左)。
壁面ディスプレイと机上ディスプレイにはWebカメラを用意している。統合表示ブロック全体やオペレーターを映してビデオ会議ができるだけでなく、オペレーターの「眼」を読み取って居眠りしていないかを監視することも可能だ(右)[クリックで拡大]
CIM画面では、DFFASプロジェクトで開発した自律運航サブシステム(サブシステムを組み合わせて1つの自律運航システムとして運用している)の状況を評価し、評価したシステムの状態に合わせて完全な自律運航から遠隔操船、船舶側での操船と制御を切り替えていく(左)。
IAS画面では、船舶ごとに動力系統、電力系統、ネットワークなどの状況を陸上から遠隔で監視できる。この画面はネットワークの確立状況を表示中だ(右)[クリックで拡大]
同様に、こちらのIAS画面では冷却水系統の状況を遠隔で監視している(左)。機関室監視画面では、機関室各所に設置した監視カメラの映像を確認できる(中央)。
機関筒圧力と電子MO表示画面では、機関室で収集しているデータ履歴から近い将来に発生する可能性の高い異常を予知して警告することも可能だ(右)[クリックで拡大]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.