ニュース
» 2021年07月21日 06時30分 公開

新型コロナ対策で注目のUV-C、エアロシールドが説く「室上部水平照射」の有効性医療機器ニュース(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

COVID-19の3つ目の感染経路は「エアロゾル感染」

 エアロシールドの紫外線照射装置が採用する室上部水平照射式は、COVID-19の感染対策でも大きな効果を発揮する。COVID-19の感染経路としては、接触感染や飛沫感染が広く知られており、接触感染への対策として手指の消毒などが、飛沫感染への対策としてサージカルマスクの装着や密を避けるソーシャルディスタンスなどが行われている。しかし、3つ目の感染経路として「エアロゾル感染」への注目が集まっている。

エアロゾル感染とは エアロゾル感染とは(クリックで拡大) 出典:富士通ゼネラル

 エアロゾルは飛沫がより細かくなったものであり、粒が大きくてすぐに落下する飛沫とは異なり、水蒸気などに付着しばらく漂い、飛沫より長く遠くへ届く。スーパーコンピュータ「富岳」によるシミュレーションでも、エアロゾルが空中にしばらく漂うという結果が示されている。

 ただし現状ではエアロゾル感染には明確な定義がなく、米国のCDC(疾病予防管理センター)はエアロゾル感染による実質的な「空気感染」が感染経路になっているという見解を出すなどしている。

COVID-19の空気感染に関するCDCの見解COVID-19は空中伝播し得る COVID-19の空気感染に関するCDCの見解(左)。木原氏は「COVID-19は空中伝播し得るという全体で対策すべき」と主張する(右)(クリックで拡大) 出典:富士通ゼネラル

 木原氏は「空気感染か飛沫感染かどうかという定義の問題よりも、COVID-19は空中伝播によって拡大し得るという事実が重要だ。この空中伝播への対策としては、陰圧室隔離やN95マスクなどがあるが、一般的な人がいる空間への適用は難しい。そこで有効なのが室上部水平照射式による紫外線照射装置だ」と説明する。実際に、CDCや臨床雑誌のJAMA(Journal of American Medical Association)などでも、COVID-19への対策として室上部水平照射式の紫外線照射装置の利用を推奨しているという。

CDCとJAMAは室上部水平照射式の紫外線照射装置の利用を推奨している CDCとJAMAは室上部水平照射式の紫外線照射装置の利用を推奨している。(クリックで拡大) 出典:富士通ゼネラル

 なお、細菌やウイルスの空中伝播への対策として室内換気が挙げられることも多い。ただし、自然換気は部屋全体で空気を通すことが難しい。また、CDCが感染症患者を隔離する医療施設の機械換気の基準として、新規の建物で毎時12回以上、既存の建物で毎時6回以上といった基準を示しているが、冷暖房との兼ね合いも考えるとこれだけ頻繁な換気は容易ではない。先述のJAMAの論文によれば、室上部水平照射式の紫外線照射装置の使用は毎時24回の換気に相当するという論文を掲載している。この他、医療施設では検査室などのように窓のない部屋もあり、そういった場所での感染症対策としても有効になり得る。

空中伝播への対策としての「換気」室上部水平照射式の紫外線照射装置の使用が毎時24回の換気に相当 空中伝播への対策としての「換気」(左)。JAMAは、室上部水平照射式の紫外線照射装置の使用が毎時24回の換気に相当するという論文を掲載している(右)(クリックで拡大) 出典:富士通ゼネラル

 これらCDCなどの推奨もあって、グローバルで見ても数社しか展開していなかった室上部水平照射式の紫外線照射装置の開発に向けた活動が活発になりつつある。木原氏は「当社には、これまで1000施設に8000台以上を納入してきたフィールドでの実績と、それらの実績から得た多種多様な対策ノウハウやデータがある。このことを強みに、富士通ゼネラルの助けも得て事業を着実に展開していきたい」と述べている。

エアロシールドの導入事例エアロシールドの導入事例 エアロシールドの導入事例。医療施設、介護・福祉施設、幼稚園・保育園、オフィスなど(左)の他に、テレビ局やラジオ局で採用されている(右)。紫外線照射装置は風切り音を出すファンがなく、録画や録音に影響が出ない形で感染対策になることも評価されたという(クリックで拡大) 出典:富士通ゼネラル
富士通ゼネラル川崎本社の会議室もエアロシールドの紫外線照射装置を設置 なお、会見場となった富士通ゼネラル川崎本社の会議室にもエアロシールドの紫外線照射装置が設置されていた(クリックで拡大)

⇒その他の「医療機器ニュース」の記事はこちら

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.