連載
» 2021年06月16日 10時00分 公開

量産部品の設計に必要な知識と品質に関する考え方アイデアを「製品化」する方法、ズバリ教えます!(8)(3/3 ページ)

[小田淳/ロジ,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

量産部品ならではの形状【板金】

 量産部品ならではの形状とはやや違うが、筆者が前職の会社に入社して最初に描いた図面の話である。当時はもちろんドラフターにシャープペンシルの世界だ。部品設計から発注までの流れを勉強するために、ステンレス製の字消し板を設計することになった。字消し板とは、図面上の線を消しゴムできれいに消すためのものだ。筆者は図6のような図面を描き、確認のために係長の所へ持っていった。そのとき、開口一番にいわれたことは「角にはRを付けてね。危ないから」であった。大学で4年間、製図を含めて機械設計を勉強したのに、こんな基本的なことも知らなかったと実感したことを覚えている。これは安全性に関わることであるが、量産部品には基本中の基本の知識である。

「角にはRを付けてね」と指摘された筆者の図面(右はRの付いた図面) 図6 「角にはRを付けてね」と指摘された筆者の図面(右はRの付いた図面) [クリックで拡大]

 板金の曲げの近くに丸穴を作製することはできない。一般的な金型のプレス加工の場合、穴加工の後に曲げ加工がある。この曲げ加工のときに、丸穴の形状が曲げに引っ張られて変形してしまうのだ。よって、丸穴の近くを曲げるときは、曲げ部にスリットを入れる必要がある。具体的な設計方法については「板金 曲げ 穴」でWeb検索してほしい。これらがプレス成形による板金の量産部品に必要な知識だ。

 板金加工は、展開された板金に穴を開け、最後に曲げていく。展開形状や穴位置、曲げ順を頭に入れた設計が必要になってくる。タレパン(タレットパンチプレス)を用いた少量生産の加工の場合はかなり融通が利くが、金型でのプレス加工の場合はこれらの知識を持たずに設計してしまうと、そもそも形状が成り立たなかったり、部品がコストアップしてしまったりする。

量産部品と試作部品の設計の違い

 今回解説した前半部分では、量産部品の設計に際して必要な知識である、製品の製造性と安全性、信頼性に関する内容をお伝えした。品質が良い製品/部品とは、これらがしっかりと考えられた設計のことである。そして、後半部分では、部品の製造性に関してお伝えした。直接、品質には関わらない内容もあるが、部品を金型で量産するためには絶対に必要な知識である。

 試作部品や展示品の作製などでは、ここまで考えた設計は必要ない。もちろん、量産につなげるためには試作段階から、これらの対応をしておくことは大切であるが、展示品ではそもそも必要でなかったり、試作段階ではコストや設計期間の関係から省略したりすることもある。よって、試作部品と量産部品は、設計の段階から形状が違うことになる。

 日本の品質レベルが高いといわれるゆえんは、量産部品の品質レベルが高いということであり、これを維持していくためには、ここまでお伝えした知識を基に設計する必要がある。また、その設計に量産ノウハウをアドバイスしながら部品を製造しているのは、卓越した製造技術を持つ日本の町工場であることも知っておかなければならない。 (次回へ続く)

⇒「連載バックナンバー」はこちら

筆者プロフィール

小田淳

小田淳(おだ あつし)

上智大学 理工学部出身。ソニーに29年間在籍し、メカ設計者としてモニターやプロジェクターを製品化する。モノづくりのベンチャー企業の方とお話する中で、「製品化」という知識がないばかりに、適切でないエンジニアを採用してしまった、売っても損をする、製品が法規制を守っていなかった、などの問題を抱えている企業が多くあることに気付く。素晴らしいアイデアと志を持ちながら、多くの資金と時間を浪費している状況を目の当たりにし、コンサルや研修を始める。製品化のいろはコンサルタント ロジ代表。

ロジ Webサイトhttps://roji.global/

【随時更新】無料セミナー開催情報https://roji.global/muryou-seminar/

著書(新刊)


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.