ニュース
» 2021年02月26日 09時00分 公開

独自の量子ビット間結合技術による量子アニーリングマシン開発に向けて協業製造マネジメントニュース

NECは、量子コンピュータの実現方式の1つである量子アニーリング分野で、Parity Quantum Computingと協業する。両社の技術を組み合わせることで、量子アニーリングマシンの演算能力向上が期待できる。

[MONOist]

 NECは2021年2月10日、量子コンピュータの実現方式の1つである量子アニーリング分野で、Parity Quantum Computing(PQC)と協業することを発表した。

 PQCはオーストリアの量子コンピュータ分野のベンチャー企業で、量子ビット間結合技術に関する特許やノウハウを多数有している。今回の協業では、NECが2023年に実用化を目指す超電導パラメトロン素子を用いた量子アニーリングマシンに、PQC独自の量子ビット間結合技術「ParityQCアーキテクチャ」を実装する。

 この組み合わせにより、理論的には全ての量子ビットが結合する「全結合」の状態を維持したまま、量子ビットの集積度を高めることが可能になる。実現すれば、量子アニーリングマシンの演算能力向上が期待できる。今後両社は、量子アニーリングマシンのプロトタイプ上で、この理論を実証する。

キャプション 「ParityQCアーキテクチャ」をNECの超電導パラメトロン素子へ実装するイメージ 出典:NEC

 NECによると、ParityQCアーキテクチャを量子アニーリングマシンに実装するのは、今回が世界初の試みになるという。この試みによって、金融ポートフォリオの最適化や製造業における生産計画立案など、大規模な組み合わせ最適化問題に対応できる実用的な量子アニーリングマシンの実現を目指す。

キャプション NECが開発中の量子アニーリングマシン 出典:NEC

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.