特集
» 2020年02月28日 10時00分 公開

機能をとことんそぎ落とした“キヤノンらしくない”デジカメ「iNSPiC REC」デザインの力(3/4 ページ)

[小林由美,MONOist]

不安の声を吹き飛ばし、プロジェクトを成功に導いた転機

 iNSPiC RECの製品化までの道のりは、チャレンジそのものだった。加藤氏らはコンセプトの初期段階、モックアップを用いて社内の反応を探った。結果は、当然と言えば当然だが、これまでのターゲット層とは大きく異なる新規製品であるため、社内の評価はさまざまだった。デジカメ市場が転換期にあるからこそ、社内で新しい挑戦が必要とされながらも、「『本当に、大丈夫なのか?』という声も少なからずありました」と加藤氏は振り返る。

プロジェクト初期のモックアップ(1)プロジェクト初期のモックアップ(2) プロジェクト初期のモックアップ [クリックで拡大]

 だが、そうしたネガティブな反応よりも、「どんどんやっていこう!」とプロジェクトを後押ししてくれる声の方が大きく、企画を前に進めることができたという。

 転機が訪れたのは、企画開始から約1年後のこと。2018年6月に米国のYouTuber向けイベントに出展し、iNSPiC RECのモックアップを披露したのだ。狙いは米国のYouTuberたち。米国では日本以上にYouTuberがスター扱いされているため、彼らを若者&女性の代表としてターゲットに設定し、iNSPiC RECに対する反応を得ようとした。その結果、YouTuberたちの評価は非常に高く、コンセプトに対する反応も上々だったという。このイベント出展を機に、自分たちの狙いが間違っていなかったことに確信を持ち、その後プロジェクトの勢いは増していく。

プロジェクト中期のモックアップ(1)プロジェクト中期のモックアップ(2) プロジェクト中期のモックアップ [クリックで拡大]

 商品化に向けては、社内の各部門から若手を中心にメンバーを招集。そのほとんどのメンバーが他のプロジェクトとの兼務で、製品検討を進めていた。

キヤノンマーケティングジャパン コンスーマビジネスユニット コンスーマ商品企画本部 浅葉森氏 キヤノンマーケティングジャパン コンスーマビジネスユニット コンスーマ商品企画本部 浅葉森氏

 新たな試みだったのが、クラウドファンディング「Makuake」の利用だ。キヤノンとして新製品のプロモーションにクラウドファンディングを活用したのは初めてのことで、マーケティングチームも女性社員を中心に構成。2019年10月にMakuakeのページで情報の告知を開始した。その後、すぐにWebのニュース記事や口コミでiNSPiC RECの話題が広まり、「予想を超える勢いで支援が集まりました」とキヤノンマーケティングジャパン コンスーマビジネスユニット コンスーマ商品企画本部 浅葉森氏は述べる。

 実際、告知開始から約12時間で、予約販売台数1000台が完売となった。Makuakeの告知ページには「頑張れ、キヤノン」「こういう気軽なカメラを待っていた」「早く使いたい」「子供に持たせたい」などといった応援コメントが多数寄せられた。先行予約という意味合いでもこの結果は大成功といえるだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.