特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2019年04月24日 06時30分 公開

通信以外の価値も提供するKDDI、東芝とグローバル展開を見据えたIoT事業で協業製造業IoT(2/2 ページ)

[八木沢篤,MONOist]
前のページへ 1|2       

両社の強みを生かし、世界規模でリカーリングビジネスを推進

 IoT世界基盤は、統合管理機能などを内包する「グローバル通信プラットフォーム」を中核とし、その上でKDDIのIoTプラットフォームだけではなく、パートナー企業のIoTプラットフォーム(前述した日立製作所のLumadaなど)を動かすことが可能だ。

KDDIの「IoT世界基盤」の構成 KDDIの「IoT世界基盤」の構成 ※出典:KDDI

 この度の協業では、東芝のエンタープライズIoTサービスであるSPINEXをIoT世界基盤と連携させることで、グローバルでのリカーリングビジネスの加速を狙う。東芝 執行役専務 兼 東芝デジタルソリューションズ 取締役 社長の錦織弘信氏は、東芝グループが展開するIoTサービスの事例として、東芝が長年培ってきた遠隔監視のノウハウを活用し、対象機器の見える化を実現する「見える化・遠隔監視サービス IoTスタンダードパック」などについて紹介し、「こうした遠隔監視サービスなどをグローバルで展開しようとすると、多数の課題を解決しなければならない。東芝として、そうした課題への対応に取り組む必要があり、5Gへの対応にも注力しているKDDIのIoT世界基盤の活用を決めた」(錦織氏)という。

 また今回の協業第1弾の取り組みとして、2019年5月から東芝エレベータの各海外拠点におけるエレベーターの遠隔監視サービスの実現において、“IoT世界基盤×SPINEX”による新たなサービス基盤の導入検討を開始する計画が併せて発表された。

協業第1弾の取り組みとして、東芝エレベータによる海外拠点におけるエレベーター遠隔監視サービスの導入検討開始が発表された 協業第1弾の取り組みとして、東芝エレベータによる海外拠点におけるエレベーター遠隔監視サービスの導入検討開始が発表された ※出典:KDDI
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.