特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2019年02月04日 09時00分 公開

NECが協働ロボットのインテグレーターに、「匠」によるライン設計が違いを生む協働ロボット(3/3 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

価格は1200万円から、2021年度までに150億円の売上高を見込む

 NECはロボット導入トータルサポート“パッケージ”と呼んでいるものの、自身が協働ロボットのメーカーでない中で、協働ロボットメーカーと連携して協働ロボットの導入を進めて行くということは、実質的に協働ロボットのインテグレーターになると言っていいだろう。松下氏は「状況によっては、他のロボットインテグレーターに協力を仰ぐ場合もあるが、基本的にはNECがロボットインテグレーターとして事業を進めることになる」と説明する。

「ロボット導入トータルサポートパッケージ」のサンプルイメージ 「ロボット導入トータルサポートパッケージ」のサンプルイメージ。実際には顧客の要望に合わせてさまざまな構成をとることになる(クリックで拡大) 出典:NEC

 同パッケージの価格は1200万円から。2019〜2021年度まで3年間のNEC DX Factoryの事業目標1500億円のうち10%を占める、150億円の売上高を見込む。中堅以上の組み立て製造業を対象に、顧客の目標社数は100社となる。

 組み立て製造業の生産ラインにおけるロボット導入には、ライン設計などを含めて一般的に約6カ月かかるといわれている。「この6カ月のうちライン設計などに4カ月ほどかかる。今回のパッケージを使うことで、この4カ月分の作業が不要になるという導入効果が得られるだろう」(松下氏)。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.