ニュース
» 2016年07月28日 07時00分 公開

シマンテックがIoTセキュリティに本腰、車載ネットワークの異常検知を実現車載セキュリティ(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

競合と比べてIoTセキュリティでの存在感は……

 シマンテックは、PCやスマートフォン、ITシステム関連のセキュリティベンダーの大手企業である。ただし、今回発表した自動車向けの車載セキュリティ、工場や発電所などに求められる制御セキュリティといったIoTセキュリティについては、少なくとも国内市場ではあまり存在感がなかった。

 車載セキュリティであれば、Robert Bosch(ボッシュ)の孫会社に当たるEscryptなどの専門企業があり、制御セキュリティではIntel Security(国内ではマカフィー)やトレンドマイクロが積極的で、インダストリアルインターネットを推進するGeneral ElectricもIoTセキュリティに向けて2014年5月にWurldTech(ワールドテック)を買収している。

 2015年ごろから注目を浴び始めたIoTトレンドに合わせて、シマンテックも急速にIoTセキュリティのソリューションを拡充させている。2015年8月には、先述したSES:CSPを投入して、IoTデバイスそのもののセキュリティに対応するためのアプローチを始めている。今回発表した、Symantec Anomaly Detection for Automotiveは、その名の通り自動車向けだが、「Anomaly Detection」として産業用ネットワークなどへの適用も可能だとしている。

IoTアーキテクチャとセキュリティ要件 IoTアーキテクチャとセキュリティ要件(クリックで拡大) 出典:シマンテック
IoTセキュリティ要件に対するシマンテックの提案シマンテックのIoTセキュリティソリューション IoTセキュリティ要件に対するシマンテックの提案(左)と対応するソリューション(右)(クリックで拡大) 出典:シマンテック
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.