連載
» 2016年05月17日 10時00分 公開

「不良発生率ほぼゼロ」を実現! 精密板金試作の相互的な意思疎通ママさん設計者の「モノづくり放浪記」(2)(6/7 ページ)

[藤崎 淳子/Material工房・テクノフレキス,MONOist]

曲げ工程

 切断工程の次は「曲げ工程」を見ていきましょう。50トンを筆頭にNCサーボベンダーがずらっと並びまず。プログラム室で作成されたNCプログラムはLANを伝ってここへ届きます。

NCサーボベンダー

 このような長い材料を折り曲げるときには、跳ね上がった材料で誤ってケガをしないよう一層慎重に作業します。

長い材料を曲げる

 こちらのオペレータさんは簡易型を用いた「半抜き」を行っています。

半抜きの作業

 切断、曲げ、溶接は、それぞれ専門部隊が受け持ちます。常に部隊間のコミュニケーションがしっかり取れているらしく、ワークは軽快に工程を移動していきます。

 こちらは湿式バリ取り機です。

湿式バリ取り機

 もちろん手作業でのバリ取りも行います。なお、バリ取りは部隊を超えて全員参加の作業になります。

 冒頭で紹介した加工サンプルの中に、一部彫刻加工を施した部品がありましたね。ああいったモノは治具を作ってマシニングセンタを使って対応します。

マシニングセンタ(DMG森精機)

 その他タッピング盤、カシメ機、ショットブラストマシンなど一通りの設備が並びます。

その他の設備

 写真では紹介しきれませんが、精密成形平面研削盤(黒田精工)、ワイヤーカット(ファナック)も所有しており実に柔軟な試作対応を行っています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.